私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

橋本記事の参考文献 【6】 蘆刈

Posted by 独虚坊 慥調


橋本記事の参考文献、昨日が「蘆刈夢幻」だったので、
今日はその本家というか元ネタである、谷崎潤一郎の『蘆刈』です。
といっても、橋本に触れてる部分はほとんどない話なんですけど。
入手先は、増税前のブックオフ100均棚。何か知らんけど、谷崎、すまん。


「わたし」は、住んでいた「おかもと」から阪急に乗り、
水無瀬神宮へ向かうべく新京阪へ乗り換えて、山崎へ降り立つ。
で、立ち寄った饂飩屋で、対岸・橋本に遊廓があり、渡し舟があると聞く。
で、乗り、途中の中洲で「お遊さん」を巡る不思議な関係を語る「おとこ」に会うわけです。
ゆえに、渡し船の雰囲気以外、橋本的には参考になるとこ、あまりなし。
「おとこ」が「月のひかりに溶け入るようにきえてしまった」後、
谷崎が渡し船で橋本へやってきて、登楼したかどうかも、不明。
あ、ちなみに新京阪は、現・阪急京都線。元々、京阪が作ったんですよ、あれ。


あ、谷崎が立ち寄った饂飩屋、山崎で現在も営業中です。
かぎ卯ってとこ。厳密な住所は大阪府島本町ですけど。

ひとりでうろつく京都