私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

橋本記事の参考文献 【5】 太陽 1987年5月号

Posted by 独虚坊 慥調


橋本記事の参考文献、今回は雑誌『太陽』 です。
1987年5月号に、村松友視の「幻の橋本遊廓を行く」という記事が載ってます。
「私の京都案内」なる特集として、谷崎の「蘆刈」絡みで橋本が書かれた記事です。
図書館か何かで読んだことがありましたが、ブックオフで偶然、身柄確保。


記事の最初のページ。
放生川 aka 大谷川の向こうに、今は亡き小金川橋が写ってます。
「鬼龍院花子」の冒頭&ラストシーンが撮られたんじゃないかと思う橋です。
今は、橋脚が残るのみ。この川の土手側が、補強工事してるんですよ。


記事の内容は、「蘆刈夢幻」と副題が付いてる通り、かなり谷崎寄り。
で、『蘆刈』に橋本は直接関係ないので、正直、さほど得られるものはない・・・。
ただ、写真は結構、面白いですよ。この矢尾力のも。ここは今もほとんど同じですが。
この店のカウンター奥に、この『太陽』が置かれてます。著者がお礼に持ってきたとか。


多津見旅館でも、撮ってます。バ━━━━━ンであります。
ステンドグラスの男女の顔に、まだ表情が残ってるのが、時代というか。
どうでもいいけど、取材協力の表記で別の転業旅館の名が出てるのは、何故。
記事、写真抜きなら『日本の名随筆 別巻15 色街』でも読めます。

ひとりでうろつく京都