私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

京・四季の旅情

Posted by 独虚坊 慥調


樟葉のブックオフで
北條秀司『京・四季の旅情』を105円で保護。
著者は、明治生まれの劇作家。すでに故人。本が出たのは、昭和56年。


表紙の絵は、千本えんま堂の念仏狂言の様を描いたもの。
一度断絶して復活したえんま堂狂言だが、その断絶の頃の話も出てたりする。


吉井勇がらみで、八幡もちょっと出てきたりする。


刺激的なところも、あったりする。


もっと刺激的なところも、あったりする。


もっともっと刺激的なところも、あったりする。

ひとりでうろつく京都