私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

立誠シネマで『サウルの息子』を観る

Posted by 独虚坊 慥調


立誠シネマ『サウルの息子』を観ました。
今更という感じですが、今までタイミングが合わなかったんですよ。
前評判を聞きまくり、いろんな意味でwktkがパンパン状態だったので、
エグさに関しては正直、特にハードなものには感じませんでした。
ただその分、ラストが沁みるというか。


『ルーム』を観た時も思ったんですが、
被写界深度の浅さって最近、ネガティブな表現として使われてますね。
ネガティブというか、極限状況における精神の緊急避難的な。
もうちょっとすると、背景をぼかし倒した最近の日本人の写真とかは、
「とんでもない地獄で撮られたもの」と思われたりするのかも知れません。

ひとりでうろつく京都