私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

2019年もありがとうございました

Posted by 独虚坊 慥調


2019年も、今日で終わりですね。
自分的には、色んなことがあったようで、
同時に、でも何もなかったような気もする1年でした。
2020年は、何もなかったような気がするけど、
思い返すと色々あり過ぎる年、にしたいと思います。

ひとりで年を越すという同志の方は、
当サイトの徘徊を眺めるか、あるいは参考にでもしてみて下さい。

ひとりで京都でゆく年くる年

それでは、よいお年を。

ひとりでうろつく京都

2019年の年越し記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2019年の年越し記事、アップしました。
今回は、妙心寺でひたすら鐘の音に耳を澄ませてます。

2019年への年越しを、妙心寺で除夜の鐘を聴くだけで迎えました。もちろん、ひとりで。

断じて、
深夜の徘徊や、鐘撞き行列に並ぶ心労、
またネタに困って遠出や写経に挑んだりするのが、
しんどくなって日和ったのではありません。
じっと、ひたすらに、鐘の音へ心を向けてます。
あくまでも、禅です。禅の心なのです。
それにしてもへんくつうどん、出汁だけは美味かった・・・。

というわけで、今年も明日で終わりです。
今、今年の年越しネタを必死で考えてます。
どれだけダイナミックに手を抜けるかを、考えてます。

ひとりでうろつく京都

酒より気になる白味噌雑煮

Posted by 独虚坊 慥調


京丹波で仕込みがピークだそうですよ。

日本酒仕込み 香り芳醇 京丹波でピーク - 京都新聞

酒造りと関係があるとかないとか言われる、
丹波の白味噌オンリー雑煮。
酒よりも正直、雑煮の方が気になる年末です。

ひとりでうろつく京都

断られても増えるのが、ホテル

Posted by 独虚坊 慥調


断られても増えるのが、ホテルであります。

二条城北側に高級ホテル進出へ 香港「シャングリ・ラ」、開業は数年後か - 京都新聞

開業した頃には、需要がなくなってたりして。
で、琵琶湖の畔にあった幽霊ビルみたいになったりして。

ひとりでうろつく京都

ホテルは「お断り」だそうです

Posted by 独虚坊 慥調


ホテルは「お断り」だそうです。

増える学校跡地、ホテルは「お断り」も 京都市、地域と調和しなければ - 京都新聞

そういえば、この間アップしたクリスマス記事で、
『「MONEY EXCHANGE」 する人達が目当てっぽい再開発』
と書いてた所も、学校跡の再開発らしいですね。
バブルが弾けた後、京都はどんな光景になるんでしょうか。
正直、ちょっと楽しみだったりします。

ひとりでうろつく京都

順次設置されるそうです

Posted by 独虚坊 慥調


順次設置されるそうです。

可動式ホーム柵、全駅に順次設置へ 京都市営地下鉄 - 京都新聞

確かに烏丸線、恐いですもんね。
といっても、他の鉄道は恐いどころの騒ぎではないんですが。
JR+私鉄駅なら、目の前を特急が爆走通過しても平気なのに、
地下鉄になった途端に恐怖が増すという、この不思議。
単に私が、ホームドア完備の東西線に乗ることが多いから、
そう感じるだけなんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

クリスマス、やってきました

Posted by 独虚坊 慥調


今年もクリスマス、やってきました。
ケーキも、ちゃんと食べましたよ。ファミマのだけど。
されど、ケーキはケーキ。カップスイーツではないのです。
このネタで、カップスイーツ以外を食ったの、何年ぶりでしょう。
出費が辛い以上に、腹が膨れて苦しいんですよね、これ。
で、何処で何をしたのかがわかるのは、
例によって、また来年(狂)。

ひとりでうろつく京都

2019年も奮闘中

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、クリスマスであります。現在、やってます。
雪だるま君の活躍が観たい方は、過去記事でどうぞ。

ひとりで京都でクリスマス

今年は、気楽です。
って、ここ数年はずっと気楽なんですけど。

ひとりでうろつく京都

2018年のクリスマス記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2018年のクリスマス記事、アップしました。
今回泊まったのは、 ゲストハウスイン清水三年坂です。

ゲストハウスイン清水三年坂で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
ゲストハウスイン清水三年坂で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】


このごろ京都で増殖している、ゲストハウスイン。
ゲストハウスの簡便性とホテルの個室性を併せ持つという、宿ブランドです。
そんなゲストハウスインの清水三年坂に、agoda経由で泊まってみました。
産寧坂前+清水寺まで徒歩3分という超絶的なロケーションですが、
実質は単なるマンションのため、雰囲気は限りなく、自宅。
ほとんど家にいるのと変わらん状態で、クリスマスの愚行各種をこなし、
また深夜徘徊や、さらにはサイトの更新作業までやってます。
「衰退を始めた京都のゲストハウスの今」みたいな何かが、
ひょっとしたら感じられるかも知れません。
台湾ラーメンでも食べながら見てくれると、嬉しいです。

ひとりでうろつく京都

相続人が千人

Posted by 独虚坊 慥調


相続人が千人だそうです。

空き家に相続人千人の謎 処分に苦慮 - 京都新聞

『マルサの女2』に出てきた、
「とても調べられたもんじゃない、 完全脱税です」
みたいな話かと思ったら、全然違いましたね。
選挙権はもっと大事にしないと、という話であります。

ひとりでうろつく京都

鉄分とドングリが足りない

Posted by 独虚坊 慥調


鉄分とドングリが足りないそうです。

シカと電車の衝突急増なぜ?「鉄分補給」や「どんぐり不作」説も - 京都新聞

もっともな話ではあります。
猪は、何が足りなくて増えてるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

何となく通り、そして通り過ぎる

Posted by 独虚坊 慥調


何となく東寺の前を通り、そして通り過ぎる。
この辺、そこら中で工事してますね。

ひとりでうろつく京都

2019年12月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


12月の横山由依『京都いろどり日記』は、蟹でした。
いや、正確には京丹後市ですけど。ただ実質的には、蟹、そして鮑。
あまりにも、美味そうでした。卵を入れない雑炊、正し過ぎる。
あと、地元のお母さん達のアクセントが、印象に残りました。
京都府、北へ行くほどアクセントが、標準語的になるんですよね。
「標準語的」という表現が正しいかどうか不明ですが、とにかく不思議。
かつて海運で、京都・大阪よりも他の都市へ早く行けたことが、
何か影響してるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

中国の「宇治」

Posted by 独虚坊 慥調


中国で「宇治」の商標登録が横行してるそうです。

中国で「宇治」商標登録横行 「茶ブランド保護を」京都の訪中団が要請 - 京都新聞

正規品と模倣品を見比べて、
「どう違うねん。似たようなもんやろ」と思う私には、
あれこれいう資格はないのだとと思います。

ひとりでうろつく京都

標的

Posted by 独虚坊 慥調


キナ臭くなっております。

暴力団射殺、次の「標的」2キロ手前で確保 抗争激化で「警戒区域」に - 京都新聞

面白がってません。断じて、面白がってません。

ひとりでうろつく京都

そろそろクリスマス

Posted by 独虚坊 慥調


そろそろクリスマスですね。
うち的には、クリスマス記事の季節であります。
が、正直もう、ひたすら面倒臭いという。
行くのも面倒、作るのも面倒、全てが面倒という。
でも、やめる気が全然起こらないのは、何故なんでしょう。
やっぱり、心の何処かで楽しんでるからでしょうか。

ひとりでうろつく京都

四河

Posted by 独虚坊 慥調


四条河原町が、熱いそうです。

商業施設、激しさ増す集客競争 「個性」勝負や増床…一方で撤退も・京都中心地 - 京都新聞

どれも、諸行無常で終わる気しかしない、という。
ただ、京阪沿線の民としては、一番の「街」は四条河原町。
盛り上がってくれるのは、嬉しいことです。
永楽屋の栗ぜんざい、食べたい・・・。

ひとりでうろつく京都

京都アイスアリーナ、竣工

Posted by 独虚坊 慥調


京都アイスアリーナ、竣工だそうです。

宮原・紀平両選手が「滑り初め」京都アイスアリーナ竣工祝う - 京都新聞

太陽が丘、遠いですね。
醍醐スケートが復活する方が、便利に思えるんですが。
もっとも私は、醍醐でうまく滑れなかった時以来、
スケートに無縁なので関係ないんですけど。

ひとりでうろつく京都

今日は、かくれ念仏が始まる日

Posted by 独虚坊 慥調


今日は、かくれ念仏が始まる日でもあるのです。
六波羅蜜寺のかくれ念仏、今日から月末まで厳修されます。
うちにも、観に行った記事がありますよ。

六波羅蜜寺のかくれ念仏へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

一応言っときますが、
御覧のぶっとんだ顔した方が念仏するわけではありません。
悪しからず。

ひとりでうろつく京都

明日から、嵐山花灯路

Posted by 独虚坊 慥調


明日から嵐山花灯路ですね。
無茶苦茶に寒いですけど。今年は本当に、きつい。
例年日和ってる当サイトですが、今年も余裕で日和ります。
死ぬ気で出かける方は、うちの記事でも御参考に。

京都・嵐山花灯路2010へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
京都・嵐山花灯路2013へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

そういえば「今年の漢字」、「令」でしたね。
意外さがあまりにも無さ過ぎて、却って意外・・・。

ひとりでうろつく京都


明日は、「今年の漢字」発表の日

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、「今年の漢字」発表の日。
2019年は、どの字が選ばれるんでしょうか。
私の1番予想は、「和」。令和とかそういうので。
2番は、「盛」。大穴として、「腐」も予想しときます。

あ、うちには発表を観に行った記事もありますよ。

清水寺で行われた「今年の漢字」発表へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

もし「腐」が当たったら、記念にプレゼントを用意します。
絶対、用意します。絶対、当たらないだろうけど。

ひとりでうろつく京都

光ってるそうです

Posted by 独虚坊 慥調


木津で、光ってるそうです。

光るタケノコ出現?実は「配水塔」 高さ47メートル - 京都新聞

ごらんのウルトラ感溢れる塔は、光ってるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

通常の3倍

Posted by 独虚坊 慥調


通常の3倍だそうです。

京都府の訪日客「人口の3倍」で突出 - 京都新聞

「府」の総計であることが、ポイントですね。
京都市に限定すると、もっと凄い数値になるんじゃないでしょうか。

ひとりでうろつく京都

明日も大根だき日和

Posted by 独虚坊 慥調


明日も大根だき日和。
鳴滝・了徳寺で、大根焚がありますよ。

鳴滝・了徳寺の大根焚へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、本当に寒い。洒落にならない・・・。

ひとりでうろつく京都

大根だき日和

Posted by 独虚坊 慥調


大根だき日和ですね。
千本釈迦堂と妙満寺では、明日、大根だき。
千本釈迦堂は、今日からやってますけど。
何にせよ、きつい寒さに沁みる行事であります。

千本釈迦堂の大根焚きに行ってきました。もちろん、ひとりで。
妙満寺の釈尊成道会・大根だきへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、寒い。余りにも、寒過ぎる・・・。

ひとりでうろつく京都

トップ画像、12月に変えます

Posted by 独虚坊 慥調


八幡の紅葉も、概ね落葉です。
というわけで、こっちのトップ画像、12月に変えます。
京都市内では、まだちょくちょく赤かったりするんですけど。
それにしても、寒い。12月と思えないくらい、寒い。

ひとりでうろつく京都

八幡のメガソーラー

Posted by 独虚坊 慥調


八幡のメガソーラーが、話題のようです。

京都の有名神社の山にメガソーラー計画 市の対応後手 - 京都新聞

男山北西部ということは、御覧のプリン山の辺でしょうか。
既に山を削り倒してる所なので、私的にはどうでもいい話なんですが、
どうでもよくないひとには、どうでもよくないんでしょうね。
男山は民有地が多いという点、
神仏分離で石清水八幡宮がとことん貧乏化したことと、
何か関係があったりするんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

夢の北陸新幹線

Posted by 独虚坊 慥調


北陸新幹線、いろいろ動いてます。

北陸新幹線建設による環境影響、沿線住民らに初の説明会 - 京都新聞

地下は色々、難しいですね。地上も難しいが。
でも私は、前も書きましたが、地上がいいと思います。
山科から地上に出て、現行の新幹線と合流して京都入りし、
あとは油小路を真っ直ぐ南下する青線コース。
あるいは、宇多野あたりで地上に出て、山陰線の上に乗り、
京都駅を通ったら稲荷山を潜って南下する赤線コース。
掘れば何かが出てくる、京都の街。早く作るなら、地上でしょう。
住民の文句が少なさそうなのは、青線コースでしょうか。

みたいなことを夢見ながら、ひとりで過ごす寒い夜。
割と、幸せ・・・。

ひとりでうろつく京都

びお

Posted by 独虚坊 慥調


また何かできるそうですよ。

自然派の野菜・化粧品にこだわり、ホテルも同居 環境・健康意識の商業施設、9日開業 - 京都新聞

場所、ココイチの向かい辺りでしょうか。
何にせよ、びおってますね。
どれくらいの時間でびお志向が折れて日和るか、
賭けてみるのも一興かも知れません。

ひとりでうろつく京都

もう少し紅葉

Posted by 独虚坊 慥調


こっちのトップ画像、もう少し紅葉のままにします。
あと2~3日くらいでしょうか。落葉し切る頃ぐらいまで。
それにしても、11月の画像、我ながら好きです。
昔の自分は天才だったんじゃないか、と思います(狂)。

ひとりでうろつく京都