私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

トンネルビジョン

Posted by 独虚坊 慥調


京都市内は大半がトンネルになるそうですよ。

北陸新幹線の福井県境ー京都市内は大半がトンネル - 京都新聞

トンネルビジョンにならないことを、祈るばかりです。


とか言いながら、
トンネルビジョンが「視野狭窄」であること、今知りました。
「抜けてるザルでトンマな考え方」と、今まで思ってましたよ。
「ほうとくいん」みたいなもんでしょうか。違うか。

ひとりでうろつく京都

かつ丼

Posted by 独虚坊 慥調


かつ丼 玄 太秦店にて、かつ丼を食す。
玄というのは、京都のかつ丼チェーン。なのかな。
よくわかりませんが、とにかく普通の味です。
無論、京都のカツ丼は全部セパレートなわけでもありません。
それにしても、冷えますね。

ひとりでうろつく京都

秋が終わる

Posted by 独虚坊 慥調


急に寒くなりました。
紅葉も、すっかり終了感を漂わせてます。
って、まだ赤くなってない所もあるんですけどね。
でもまあ、秋も終わりであります。

ひとりでうろつく京都

ふと、飾磨

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば、姫路の帰り、飾磨に寄ったんですよ。
城はどうでもいいいんですが、かつての港町は見たくて。
でも、着いた頃にはすっかり日が暮れかけていて、
おまけに街は暗くて、何かよくわかりませんでした。
再訪が宿題になったという感じでしょうか。
宿題には、名物・穴子の爆食も含めたいところです。

ひとりでうろつく京都

魚べい

Posted by 独虚坊 慥調


諸般の事情により、魚べい京都八幡店へ行く。
フルオーダーで、皿がいちいち前へ流れて来る所です。
諸般の事情というのは・・・


コハダ、関西じゃなかなか食えねえからよ。


でも、ほんまに好きなんは、イワシやねん。

ひとりでうろつく京都

笠置山もみじ公園のもみじライトアップの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


笠置山もみじ公園のもみじライトアップの記事、アップしました。

笠置山もみじ公園のもみじライトアップへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

後醍醐天皇が元弘の乱で挙兵した山、笠置山。
笠置寺も建つその笠置山にあるのが、もみじ公園です。
秋には紅葉スポットとなり、夜にはライトアップも実施。
で、そのライトアップに、笠置駅から徒歩で行ってみました。
で、それだけといえばそれだけの内容であります。
今年の紅葉には、ギリギリ間に合わなかった感じでしょうか。
狂ったタイミングのアップで何とも恐縮ですが、
それでも、興味がある方は、是非。

ひとりでうろつく京都

ふと、姫路

Posted by 独虚坊 慥調


用事で、ふと姫路へ行ってきました。
穴子を、食べたかった。おでんも、食べたかった。
駅そばも、もはやどこでも食えるけど、でも食べたかった。
と、食い物だけに未練を残して、すぐ帰りました。
姫路城は、こうして駅前から丸見えなので、充分でしょう。
そして、2018年の紅葉記事は、まだできない・・・。

ひとりでうろつく京都

『法金剛院と鹿王院どちらの紅葉がいいか』

Posted by 独虚坊 慥調


『法金剛院と鹿王院どちらの紅葉がいいか』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
何とも渋いチョイスでのお悩みですね。
うちの記事でも見て、検討してみては如何でしょうか。

法金剛院へ紅葉を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
鹿王院へ紅葉を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

そして、2018年の紅葉記事は、まだできない・・・。

ひとりでうろつく京都

煙と紅葉と『買います』と

Posted by 独虚坊 慥調


今日は、広隆寺の聖徳太子御火焚祭の日。
天気が悪いですが、無事に行われたんでしょうか。
晴天で煙と紅葉が充満する記事なら、うちにもあります。

広隆寺へ紅葉と聖徳太子御火焚祭と宝冠弥勒を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。


というかそれより何より、
『京都買います』が充満してる記事なんですけどね。

ひとりでうろつく京都

2019年11月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


11月の横山由依『京都いろどり日記』は、紅葉でした。
といっても、紅葉前に撮影があったみたいで、
出てきたのは随心院の仏像とか、モンキーパークの猿など。
モンキーパークの猿、全部が野生とは知りませんでした。
あ、ちなみに嵐山を歩いてて、外人から場所を訊かれるのは、
私の場合は十中八九、モンキーパークだったりします。
猿がいない国も多いというので、やはり人気なんでしょうか。
あるいは、私が猿を連想させる顔なんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

絵馬で揉める

Posted by 独虚坊 慥調


日本の絵馬でまで、揉めてるそうです。

デモの香港応援の絵馬、落書きや損壊相次ぐ 京都・清水寺や奈良・春日大社など - 京都新聞

大変ですね。


タイボクシングで勝負を付ければ、どうでしょうか。

ひとりでうろつく京都

酒と校長とタイキックと

Posted by 独虚坊 慥調


塔南高の校長が、生徒引率旅行中に酒を飲んだそうです。

生徒引率旅行中に校長が飲酒 高校のタイ研修で - 京都新聞

知らんがな、という話であります。


ただ、タイ研修がどんな研修かは、少し興味があります。
キックボクシング研修とかだったりするんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

もろろん入る

Posted by 独虚坊 慥調


祇園新橋が、焼き鳥の煙で揉めてるそうです。

「におい」京都の景観に入る? 焼き鳥「煙」巡り、店側と地元対立 - 京都新聞

「におい」が景観に入るかと言えば、もろろん入ると思います。
で、入った上で、それもまた景観のひとつと思ったりします。
が、隣の店の業種によっては、たまったもんではないでしょう。
というか、あそこで焼き鳥、食いたいかな・・・。

ひとりでうろつく京都

今年もやっぱり『ほうとくいん』

Posted by 独虚坊 慥調


今年もぼちぼちと、
『ほうとくいん』の季節になってまいりました。
嵯峨野に建つ、楠木正行ゆかりの寺、宝筐院。
紅葉の美しさでも知られるこの寺の名前の読み方を、
私は「ほうとくいん」だと思ってました。
何故そう思ったのかと、正しい読み方は、うちの記事で。

宝筐院へ紅葉を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。


ひとりでうろつく京都

温かけに見せて、冷かけ

Posted by 独虚坊 慥調


いきいきうどんにて、かけを食す。
しかし、温かいかけに見せて、冷かけです。
いい加減寒くなってきましたが、温かけにはまだ早い。
というか、単にここの冷かけが美味いんですけど。
11月らしい感じの、11月です。

ひとりでうろつく京都

北山の銀杏

Posted by 独虚坊 慥調


北山の辺を歩いてると、
銀杏がすっかり黄色くなってました。
やっぱり早いですね、この辺は。
しっとりと、秋を感じます。
そして、1本しかない2018年の紅葉記事は、
まだまだ全然出来ない・・・。

ひとりでうろつく京都

明日は、法住寺の身代不動尊大祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、法住寺の身代不動尊大祭。
血中パンク濃度が濃そうな後白河法皇ゆかりの寺で、
護摩を燃やして鬼が踊る行事が行われます。
うちにも、記事がありますよ。

法住寺の身代不動尊大祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

やんごとなき行事が多い今年ですが、
鬼の御陵詣りはしっかり行われるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

急落と衝撃、そして歯の間から聞こえる音頭

Posted by 独虚坊 慥調


という感じで、勝手に音楽話ばかりしてると、
とんでもない勢いでランキングが急落し、衝撃ですよ。


こんな時は、ヌビアン音頭で元気になるしかありません。
色々と衝撃的な歯の方がやってる音楽ですが、
音の方が遙かに衝撃的なのが、恐ろしいところです。

ひとりでうろつく京都

止まらない中南米、そして時空を飛ぶ脳

Posted by 独虚坊 慥調


関係ない話が、止まりません。
中南米系では、こちらのミックスも好きだったりします。
Cami Layé Okúnという、名前の読み方さえわからん姉さんが、
面白過ぎる曲ばかりを繋げていく感じが、最高です。
特に後半に登場する曲が、狂ってて、好き。


彼女が回すピッチの方が全然いいけど、でもナイス。
脳が、時空を飛んでいく・・・。

ひとりでうろつく京都

死者、パリ、そしてコスモス

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいいことついでに、
最近は中南米の音楽も何となく聴くようになりました。
何故かパリの街角にてルチャなマスクマンが回してる、
こちらの死者の日ミックスが、わけわからないけど好きです。
聴き始めたのは、亀岡夢コスモス園の記事を作ってた頃。
中南米産のコスモスは、人を中南米の心にするんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

冷え込みと中近東、そして手拍子

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいいことですが、
最近、この中近東系のミックスばかり聴いてます。
冷えてくると、熱い感じが欲しくなるんでしょうか。


ミックスの中盤に出てくる、
この手拍子ものの曲が、凄い好き。

ひとりでうろつく京都

長岡京ガラシャ祭の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


長岡京ガラシャ祭の記事、アップしました。

長岡京ガラシャ祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

キリシタンとして壮絶な最期を遂げた、細川ガラシャ。
そのガラシャの、勝竜寺城・細川家への輿入れを再現するのが、
長岡京市で11月に開かれる、長岡京ガラシャ祭です。
といっても、シビアな歴史云々はなく、基本はコスプレ祭状態。
細川家ゆかりの地のグルメも豊富で、市民祭的に盛り上がってる祭です。
で、そんなガラシャ祭へ何となく行ったという記事であります。
大した期待もなく行き、正直大した感銘も受けなかったんですが、
まとめてみると、何故か妙に楽しい記事となりました。
興味が湧けば、観てもらえると、嬉しいです。
今年のガラシャ祭は、明日。某モンは、今年も来るそうです。

ひとりでうろつく京都

かな~

Posted by 独虚坊 慥調


カナート洛北が、阪急になるそうです。

「カナート」が「洛北阪急スクエア」に 1・6倍増床 - 京都新聞

というか、そもそも阪急のものだったんですね。
今の今まで全く知らなかったので、ちょっと驚きました。

もちろんこの変更は、阪急京都線の洛北延伸への布石です。
四条河原町から祇園を通り、そして東大路を延々北上する、
『阪急東京都線』の開通を見込んだ処置であります。
水道局やら京都バスやらをぶっ潰して土地を新たに作り、
洛北阪急スクエアと一体化した新駅が出来るのであります。

というのは、嘘かな~。本当かな~。

ひとりでうろつく京都

紅葉記事、遅れます

Posted by 独虚坊 慥調


2018年分の紅葉記事、
一本だけなんですが、遅れます。
何せ、まだ取りかかってもいないので、
出来上がるのは多分、今月の末。
今年の紅葉シーズンが完全に終わった頃、
満を持して登場する予定です。
うちは、こんな感じの狂ったサイトであります。
写真は、そんな狂気を嘲笑うように色づく、
本日の川端通りの紅葉した葉。

ひとりでうろつく京都

死んだふりは危険

Posted by 独虚坊 慥調


京都の熊問題、
とうとう市街地での対策マニュアルが出始めたようです。

クマと遭遇、その時どうする? 「死んだふりは危険」 - 京都新聞

穴場を狙う阿呆な観光客が、
食われて騒ぎになるなんてことも、あるかもですね。

ひとりでうろつく京都

寒い

Posted by 独虚坊 慥調


寒くなりました。
ちょっと前までは、「さっさと寒くなれ」と思ってましたが、
今日は「ちょっとは加減しろ」と思ったりしてます。
自分にとって「適温」は、存在しないのかと思ったりします。
根菜食べたい。

ひとりでうろつく京都

植物園での婚礼写真、有料化

Posted by 独虚坊 慥調


植物園での婚礼写真、トラブル増で有料化するとか。

植物園での婚礼写真、トラブル増で有料化 最大5万円超 - 京都新聞

不思議な考え方をする人が増えてるというのは、感じますね。
別の意味で、もっと不思議な考え方をする人間としては、
自分の狂気に自覚を持って生きて欲しいと思うばかりです。

ひとりでうろつく京都

京都マルイ、撤退が決まる

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば京都マルイ、
来年5月で撤退が決まったそうですね。

京都マルイ、来年5月で撤退 四条河原町の商業施設 - 京都新聞

永楽屋本店の栗ぜんざい記事では、
「免税店看板が諸行無常に掲出中」とか言ってましたが、
メインテナントが撤退する諸行無常状態になってしまいました。
次、どこが入るんでしょう。また阪急とかだと、笑いますが。

ひとりでうろつく京都

明日は、東九条マダン

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、東九条マダン。
今年は、凌風学園が会場だそうですよ。
うちにも、以前行った際の記事があります。

東九条マダンへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

ホットック、食べたい・・・。

ひとりでうろつく京都

リプトン三条本店で丹波栗のロイヤルミルクティを飲む記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


本日11月1日は、紅茶の日。
ということで、独虚坊から皆さんへ素敵な記事の贈り物です。
リプトン三条本店で丹波栗のロイヤルミルクティを飲む記事、アップしました。

リプトン三条本店で、丹波栗のロイヤルミルクティを楽しんできました。もちろん、ひとりで。

リプトン本社直轄喫茶部の極東支店として生まれた、リプトン三条本店。
そのリプトンで、秋の季節メニューを楽しむという内容であります。
実際は、文明開化とか東海道とか肉切り刻みとか、
近代建築とか侠客とか祇園祭とかが、入り乱れる出来になってますが。
本当と嘘も混じり合い、書いてる自分でもちょっと区別がつきません。
あと、またしても蟹が登場。色んな意味で、三条通な記事です。

リプトン三条本店、今年の秋は、丹波栗でなく和栗の紅茶を出すんだとか。
でも、多分あんまり変わらないと思うので、興味のある方は是非。

ひとりでうろつく京都