私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

立ち食い松茸ごはん

Posted by 独虚坊 慥調


丹波橋の立ち食いにて、松茸ごはんを食す。
うどんとセットの松茸ごはんは、ほぼ単なる醤油めし。
でも何か、不思議と食ってて幸せなんですよね。
まだまだ暑いけど、気分はとても、秋。

ひとりでうろつく京都

『なつぞら』を見終わる

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいいことですが、
何となく見続けてた『なつぞら』を見終わりました。
朝ドラの最終回を放送で見たの、初めてかも知れません。
最近のドラマって、ああいう、ふわっとした感じなんでしょうか。
盛り上がるのか盛り上がらないのか、よくわからんという。
あと、世間の人がやたら騒いでるのも、ちょっと驚きでした。
みなさん、本当にドラマが好きなんですね。
まるで、利害関係が交錯してる他所の祭へ紛れ込んだような、
不思議な経験ができた半年でありました。

ひとりでうろつく京都

明日は、瀧尾神社の神幸祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、瀧尾神社の神幸祭。
大丸創業者に篤く信奉された社、瀧尾神社。
東福寺&泉涌寺というメジャー寺の近くにありながら、
濃厚にネイティブなテイストがある社であります。
祭もまた、同様。泉涌寺での読経、あるんでしょうか。
うちにも、記事があります。

瀧尾神社の神幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

天気、持つといいですね。

ひとりでうろつく京都

食べ放題

Posted by 独虚坊 慥調


昨日アップした直會撰の記事
松茸御飯食べ放題のことに触れときながら、
写真がうまく入らなかったんですよね。
じゃあ、日蓮さんや蟹なんか入れるなという話ですが。
とにかく、こんな感じで食べ放題、メニューに入ってました。
今年もこの内容&値段やってるかは、不明。
興味のある方は、自分で確認して下さい。
秋、京都新聞へ食べ放題の広告が出たりするんですけどね。

ひとりでうろつく京都

直會撰で松茸のすき焼き膳を食べる記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


直會撰で松茸のすき焼き膳を食べる記事、アップしました。

京・旬野菜料理 直會撰で、松茸と地鶏のすき焼き膳を楽しんで来ました。もちろん、ひとりで。

直會撰は、寺町三条の物産店・とり市老舗の直営店。
とり市は、京都の四季それぞれの旬野菜などを扱う店であり、
京都新聞の初松茸ニュースなんかでも、よく出てきます。
その直営店である直會撰も、当然、秋には松茸メニューを展開。
私の懐では、大した松茸は食べられませんが、
とりあえずミニすき焼きみたいなのは、楽しんで来ました。
それだけといえば、それだけの内容ですが、
興味がある方は、是非。

ひとりでうろつく京都

天下一品の日、今年もあるそう

Posted by 独虚坊 慥調


天下一品の日、今年もあるそうですよ。

10月1日は「天下一品の日」 ラーメン1杯ごとに無料券 - 京都新聞

昔、天下一品の日をネタにしようとして、
2杯目で「もうええわ」と匙を投げたことがあります。
興味と胃袋がある方は、食いまくり、挑戦して見て下さい。

ひとりでうろつく京都

軽減税率に困る錦

Posted by 独虚坊 慥調


錦市場も、軽減税率には困ってるそうです。

複雑な軽減税率、対応に「京の台所」苦慮 京都・錦市場 - 京都新聞

境界のど真ん中、みたいなもんですからね。
「全部内税にして、ついでにそれとなく値上げ」あたりが、
買い食い客にとっては、利便性も高いと思うんですが。
外で食べるか中で食べるかで、突っ立って迷う輩が増え、
混雑がよけい悪化したりしたら、さらに地獄・・・。

ひとりでうろつく京都

夜の若鮎シリーズ、番外編

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいいことですが、
ついこの間、「さんまもち」なるものを見かけました。
どう見ても若鮎にしか見えない和菓子なんですが、
さんまを名乗り、それ風の顔も書いてあるという。
普通なら、速攻で購入して実地検証をやるところですが、
何か、わけのわからん恐怖を感じ、スルーしてしまいました。
後で調べると、神戸のメーカーが作ってるそうです。
若鮎は、深い。そして、さんまは、美味い。

ひとりでうろつく京都

明日は、晴明神社の晴明祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、晴明神社の晴明祭。
もちろん、陰陽師・安倍晴明の霊を言祝ぐ祭であり、
式神もあちこちに出没して大騒ぎというのは当然、嘘です。
でも、五芒星をかたどった神輿は、街中を巡行します。
うちにも、記事がありますよ。

晴明神社の晴明祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

うどんどんどんうどんどん

Posted by 独虚坊 慥調


ここ何日か、
丸亀製麺のことで麺通団の団長が炎上してたので、
「おっさん、耄碌して暴発したか」と思って麺通団のサイト見たら、
全然そんなことなくて、安心すると共に、何か色々思いました。
騒いでる人は、しみじみ、うどんなんかどうでもいいのね。
もっとも、自分でうどんを打ったりする人はほとんどいないので、
どうでもよかったり、わからなかったりして、当然なんですが。
14日の日記のラストに書かれた三ヶ条の宣言は、
私も京都について、遵守したいところです。
そして、香川、行きたい。

ひとりでうろつく京都

芸術か、スーパーか

Posted by 独虚坊 慥調


東九条が、揉めてるそうです。

「芸術の前にスーパーを」京都市の都市計画見直し案、住民は憤り - 京都新聞

こうなれば、スーパーを芸術化するしかないですね。
あるいは、芸術をスーパー化するか。
スーパーの芸術化も、芸術のスーパー化も、
具体的な方法は全然わかりませんけど。

ひとりでうろつく京都

『八幡市から夜間サイクリング』

Posted by 独虚坊 慥調


『八幡市から夜間サイクリング』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
八幡市から、ですか。こっちから出発、ですか。
八幡市へ向かうなら、夜の旧京阪国道とか、楽しいですが。
一直線で信号も異常に少なく、ぶっ飛ばせるという。
とりあえず、怪我しないことだけ、祈ります。

ひとりでうろつく京都

大嘗祭の米、氷所から出るそうですよ

Posted by 独虚坊 慥調


大嘗祭の米、氷所から出るそうですよ。

大嘗祭に使うコメ、京都・南丹の「主基田」に - 京都新聞

氷に続いて、米を献上。という感じでしょうか。

ひとりでうろつく京都

『祇園 やること』

Posted by 独虚坊 慥調


『祇園 やること』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
祇園でやること、ですか。いったい、何なんでしょうね。
やっぱり、「ギーク・ギオン」なんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

あらし山 遊月の鱧しゃぶ記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


あらし山 遊月の鱧しゃぶ記事、アップしました。

あらし山 遊月で鱧しゃぶコースと冷奴を楽しんで来ました。もちろん、ひとりで。

嵐山の中之島にある、日本料理店・遊月。
その遊月にて、鱧しゃぶのコースと冷奴を食べるという内容です。
コースの中では、鮎の塩焼きと、茄子の田楽も登場。
3000円という予算枠をとうとう無視したのかと言われたら、
無視はしてないけど、結果的に無視する形となりました。
もはや夏も終わりですが、9月中は提供されてるようなので、
出かけてみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

というわけで夏企画『ひとりで食べる鱧』、
この記事のアップをもって、しばらく休みます。
今後の夏は、『ひとりでひんやりかき氷』の展開に、
全精力を傾けようと思います(嘘)。

ひとりでうろつく京都

石清水祭でした

Posted by 独虚坊 慥調


天気に恵まれた、石清水祭でありました。
というか、恵まれ過ぎて、はっきり暑かったですね。
私も、今年はちょっと多めに寄らせてもらいました。
そして、疲れた・・・。傍観してるだけなのに、疲れた・・・。
しみじみ、石清水祭は不思議な祭です。

ひとりでうろつく京都

明日は、石清水祭

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、明日は石清水祭。
2019年のケーブル夜間運転は、こんな感じです。

今年は、天候・気温・曜日のタイミングなどあらゆる点で、
例年にない良好なコンディションになると思います。
出かける方は、うちのサイトでも御参考に。

勅祭・石清水祭

ひとりでうろつく京都

月見

Posted by 独虚坊 慥調


名月、雲で全然見えませんね。
しょうがないので、月見そばで月見をしました。
何故か、長岡天神駅前の立ち食いにて。いい月です。
そういえばこの立ち食い、
阪急そばから若菜そばに名前が変わってた・・・。

ひとりでうろつく京都

明日は、仲秋の名月

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、仲秋の名月。
下鴨神社では、名月管絃祭が開かれます。
大覚寺では、日曜まで観月の夕べが行われます。
大覚寺、去年は台風で中止でしたが、復活のようです。
というか、復活し過ぎて、観月タピオカとかも出るそうです。
黒き月、という感じでしょうか。どんな感じだ。

下鴨神社の名月管絃祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
大覚寺の観月の夕べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

明日、夜は晴れるそうです。
いい月が観れると、いいですね。

王将、レスに

Posted by 独虚坊 慥調


王将が、レスになるそうです。

王将、直営全店にキャッシュレス導入 税上げで餃子242円に - 京都新聞

それでも私は、珉珉派です。

ひとりでうろつく京都

『東寺 どこから入る』

Posted by 独虚坊 慥調


『東寺 どこから入る』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
何故か、東寺の入口を探す人が、割と来る当サイトであります。
うまく入れると、いいですね。

ひとりでうろつく京都

『石清水債』

Posted by 独虚坊 慥調


『石清水債』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。


石清水祭なら、もうすぐです。

ひとりでうろつく京都

明日は、重陽

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、9がゾロ目の重陽。
菊の節句を祝い、上賀茂神社では、鳥相撲あり。
御覧の菊花酒も、頂けるかも知れませんよ。

上賀茂神社へ鳥相撲を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、暑い。
寿命が縮みそうなくらい、暑い。

ひとりでうろつく京都

明智光秀の埋蔵金クッキー

Posted by 独虚坊 慥調


明智光秀の埋蔵金クッキー、
なんてのが周山で売り出されたそうです。

明智光秀の埋蔵金と石垣イメージしたクッキー 京都で発売 - 京都新聞

そんな伝説が、周山にあったんですね。
ぼちぼちと、光秀であります。

ひとりでうろつく京都

『大覚寺 観月 9月 混雑具合』

Posted by 独虚坊 慥調


『大覚寺 観月 9月 混雑具合』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
観月も、ぼちぼちという感じですね。
うちにも、行った記事があります。御参考まで。

大覚寺の観月の夕べに行ってきました。もちろん、ひとりで

ひとりでうろつく京都

逆はちまん

Posted by 独虚坊 慥調


八幡・放生川に、「逆はちまん」な鳩がいました。
八幡神のトレードマークといえば、
神使である鳩が向き合った形の「八」の字。
なので、互いがそっぽを向いてれば、「逆はちまん」。
どうでもいいけど、でもほっこりする姿であります。
八幡、ぼちぼちと石清水祭です。

ひとりでうろつく京都

大久保利通の茶室、岩倉具視旧宅へ移築

Posted by 独虚坊 慥調


大久保利通の茶室、岩倉具視旧宅へ移築されるそうです。

大久保利通茶室、岩倉具視旧宅へ移築 明治維新の縁、京都市方針 - 京都新聞

維新が取り持つ縁、ですか。よかったですね。

ひとりでうろつく京都

『八坂通 女の助茶屋』

Posted by 独虚坊 慥調


『八坂通 女の助茶屋』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
ヒットしたのは、文の助茶屋へ寄ってから八坂庚申堂へ行った記事
古典的なようで、斬新にも思える、そんな誤字ですね。
「女の助茶屋」なるものの姿に、やたらと連想が走ってしまう・・・。

ひとりでうろつく京都

都そばにて、天ぷらそばを食す

Posted by 独虚坊 慥調


都そば伏見桃山店にて、天ぷらそばを食す。
昨日のにしんそばの、約4分の1の値段であります。
「こっちの方が、安くて早くて全然美味い」
と言いたいところなんですが、食べ比べてみると、
にしんそばの出汁の風味に、案外と気がつくんですよね。
無論この天そばも、安くて早くて美味し。


バッテラも、勢いで食ってしまいました。
こちらは、鮭ごはんのセット価格と大体同じくらい。
なので合計額では、1600円強 vs 500円強。
どっちがいいか決めるのは、貴方です。

ひとりでうろつく京都

松葉にて、にしんそばを食す

Posted by 独虚坊 慥調


昨日アップした松葉の記事では、
にしんそばの店なのににしんそばを食ってないので、
罪滅ぼしとばかりに、にしんそば、食ってきました。
頼んだのは、鮭ごはんとのセットで、1600円オーバー。
味はやはり、京都の蕎麦。伝統芸能の世界。
鮭ごはんと一緒に食うと、案外美味いんですけどね。
1600円払わないと食えない美味さかどうかは、
是非自分の舌で検証してみて下さい。

ひとりでうろつく京都