私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

猪、全国的に北上中

Posted by 独虚坊 慥調


ちょっと前、
「京都の猪が石川県まで北上」という話を聞きましたが、
この北上現象、全国的に起こってるそうです。

イノシシ、北上中 “絶滅”北東北で増加 農作物被害に危機感 - 毎日新聞

「我々にとってはまったく新しい動物」という言葉に、
インパクトを感じ、猪の脚の短さも再認識した次第です。
マタギ、復活するんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

1月の水

Posted by 独虚坊 慥調


白川で遊ぶ鳥を見ていて、
ふと「寒くないのかな」と思いました。
何か色々、疲れてる・・・。

ひとりでうろつく京都

家具団地の東大

Posted by 独虚坊 慥調


枚方の家具団地には、
何故か徳島ラーメンの東大があったので、食す。
500円ちょいというかなり安価な徳島ラーメン、
味は、徳島というよりは富山ブラックラーメンな感じ。
「本場と違う」と言いたいところですが、
本場の味も長く食ってないので、よく思い出せません。
『両国』とか、美味かった記憶がありますけど。
あと系統が違うけど、小松島『岡本中華』も食いたい・・・。

ひとりでうろつく京都

家具団地の空

Posted by 独虚坊 慥調


諸般の用事で、家具団地へ寄りました。
あるんですよ、そんなのが。八幡の隣の枚方市に。
ふと空を見上げると、どよーんと曇り空が拡がってて、
その感じが実に、この辺の郊外的なものに見えました。
うんざりするけど、でも何かしら気合が入る、
そんな光景であります。

ひとりでうろつく京都

明日は、狸谷山不動院の初不動

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、狸谷山不動院の初不動。
一乗寺奥のタヌキだらけな狸谷山不動院にて、
笹酒がいただけたりしますよ。
うちにも、飲みに出かけた記事があります。

狸谷山不動院の初不動へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

明日は、京田辺・一休寺で一休善哉

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、京田辺・一休寺で一休善哉。
かの一休が無茶苦茶な晩年を過ごした一休寺にて、
一休寺納豆と一緒にぜんざいが頂けますよ。
有料ですけど。うちにも、食べに行った記事があります。

一休寺の一休善哉を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとやすみ、ひとやすみ。

ひとりでうろつく京都

福知山駅前のさとう、今秋にも閉店

Posted by 独虚坊 慥調


福知山駅前のさとうが、今秋にも閉店するそうですよ。

地域のデパート相次ぎ閉店へ 京都府北部、市民から惜しむ声 - 京都新聞

福知山城のお城まつりへ遊びに行った際
あまりの寂れぷりに「SFみたい」と思ったもんでした。
京都市では案外見ないタイプの景観なので、
残ってくれると嬉しかったんですが、やむなしという話です。

ひとりでうろつく京都

2019年1月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


1月の横山由依『京都いろどり日記』は、猪でした。
京都でぼたん鍋といえば、やはり代名詞たる『畑かく』ですね。
盛りが、本当に美しい。白味噌も、見てるだけで美味そう。
ちなみに、当サイトで展開してるぼたん鍋ネタが、
「必ず温泉にも入る」という意味不明なルールを設定してるのは、
この『畑かく』へ行かずに済ませる為の措置でもあります。
ひとりだと、予約も取れないんですよね、あそこ。
ひとりOKになったら、即座にルールを改定し、即座に行きます。

ひとりでうろつく京都

京都市、郊外部ばかりでマンション増加

Posted by 独虚坊 慥調


京都市、郊外部ばっかりでマンションが増えてるそうです。

京都市のマンション発売戸数5年ぶり増 でも中心部は供給なく - 京都新聞

もちろん、中心部はホテル乱立で超高騰。
右京区・山科区・伏見区、そして滋賀県が活況とか。
何となく、バブルな感じというか90年代な感じというか、
不思議な既視感を感じる話ではあります。



ひとりでうろつく京都

織田信長も「京都ぎらい」

Posted by 独虚坊 慥調


織田信長も「京都ぎらい」、という見方が出てきたそうです。

信長は京都嫌い?滞在は必要最低限 研究者が足跡分析、著書出版

というか、「好き」と思える要素が何もないという。
本能寺の変の朝廷黒幕説に、妄想が膨らみます。

ひとりでうろつく京都

Posted by 独虚坊 慥調


毎年、今くらいの季節が、鬱です。
このサイトでネタ集めをやり始めてからは、
節分でかなり気が紛れるようになりましたが、
その節分が終わると、かなりキツかったりします。
雪が降ると、かなり盛り上がるんですが、
それがなければ、ただただしんみり寒いという。
行水でもしてみましょうかね。

ひとりでうろつく京都

市バスで、 大型手荷物の「持ち込み料」案

Posted by 独虚坊 慥調


京都市バスで、
大型手荷物の「持ち込み料」案が出てるそうです。
巨額な赤字の埋め合わせにしようという。

市バス、大型手荷物「持ち込み料」案も バス巨額赤字対策で - 京都新聞

本当にやると、徴収の手間がかかり、
混雑が今よりもっと地獄化しそうな気がするの・・・。

ひとりでうろつく京都

明智かめまる、お礼参り

Posted by 独虚坊 慥調


明智かめまるが、お礼参りに行ったそうです。

明智かめまる、年賀状くれた子どもの家に直接出向いてお礼伝える - 京都新聞

何なんでしょう、この癒やし効果溢れる絵面は・・・。

ひとりでうろつく京都

明日は、石清水八幡宮の厄除大祭・焼納神事

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、石清水八幡宮の厄除大祭・焼納神事。
山上にて、左義長 or どんど焼きをやるという行事です。
運が良ければ、厄除開運餅がもらえますよ。
うちにも、餅はもらってないけど記事があります。

石清水八幡宮の厄除大祭・焼納神事へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

昨日今日の八幡は、少しだけ寒さがマシでしょうか。
餅をもらえるかに賭けてみたい方は、是非。

ひとりでうろつく京都

Posted by 独虚坊 慥調


讃岐製麺吉祥院店にて、
オプションで思わず鰆を取ってしまったの図。
甘辛風味の鰆、260円の割にはしっかりと、美味し。
昔、18きっぷで讃岐うどんを食いに行った帰り、
夜は岡山に寄ってたことを、ふと思い出したりしました。
もっとも当時は、駅前の中華そば浅月か、
「おじいちゃんも食べた」の野村ばっかりでしたが。


もちろん、うどんと、そして穴子天も食いますよ。
穴子天は、ダブルで。うどんは、かけの小ですけど。
食ってると、不思議なくらい、猛烈な幸せを感じます。
日常が不幸過ぎるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

冬と納得とランキング

Posted by 独虚坊 慥調


どうでもいいことですが、こっちのブログ、
ランキング1000位以内に入るのが常態化してきました。
といっても、来訪者数はあまり変化なし。
ということは、ブログを見る人自体が減ってるのだなと、
妙な納得をさせてもらった本日でありました。
それにしても、寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

今日は小豆粥の日

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、本日は小豆粥の日です。
「大事なのは、粥じゃなくて小豆だろ」と屁理屈を立て、
餡餅などの甘党ネタをブチかまそうかと思ってたんですが、
あまりに寒くてあまりに雨なので、日和りました。
私と同様に日和った方は、うちの小豆粥記事でも見て、
小正月の邪気祓いをしっかりお済まし下さい。

下鴨神社の御粥祭へ小豆粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。
妙心寺塔頭・東林院の 「小豆粥で初春を祝う会」 へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
清水順正おかべ家へ豆乳おぼろ小豆粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

余計に邪気に取憑かれそうな気もするけど・・・。

ひとりでうろつく京都

清水順正おかべ家で小豆粥を食べた記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


清水順正おかべ家で小豆粥を食べた記事、アップしました。

清水順正おかべ家へ豆乳おぼろ小豆粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

湯豆腐・南禅寺順正の支店である、清水順正おかべ家。
なので、もちろん湯豆腐の店ではあるんですが、季節メニューも多し。
毎年1月15日には豆乳おぼろ小豆粥なる膳を出してるので、
観光地のど真ん中へ食べに行ったという、それだけの記事であります。
その割に、上の写真が思いっきり湯豆腐ですが、
こちらは、名物も食わねばと追加で頼んだ、単品湯豆腐。
で、こんな感じで、全てが七草粥記事と生き写し状態であります。
1月15日に出かけるという方は、御参考に。

ひとりでうろつく京都

明日は、法界寺の裸踊り

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、法界寺の裸踊り。
国宝にて半裸で踊りまくるという、色んな意味で凄い行事です。
うちにも記事がありますよ。

法界寺の裸踊りを見に行ってきました。もちろん、ひとりで。

ちょーらい、ちょーらい。

ひとりでうろつく京都

ひとりでうろつく滋賀 【番外編】敦賀

Posted by 独虚坊 慥調


余呉湖へ寄った後は、敦賀へ寄りました。
敦賀は、滋賀県でなく、福井県。なので、番外編ですけど。
敦賀へ行くのは、10年振りでしょうか。近い割に出不精です。
大通りに並ぶ、謎な松本零士オブジェ、健在でありました。


駅は凄く変わってて驚きましたが、街はさほど変わらず。
で、当然のようにあまり変わらない気比神宮に参ろうとしたら、
夜なのでもちろん閉ってたので、外から拝むこと、しばし。


何か魚類を食おうと思って寄ったんですが、
鮒寿司茶漬&口直しで未だ腹が空かないので、しばし散歩。
何かおしゃれ気味になってる敦賀港駅周辺をうろついたり。


こちらはあまり変わってない倉庫街周辺もうろついたり。
で、帰りました。次来る時は、焼き鯖食いたい・・・。

ひとりでうろつく京都

ひとりでうろつく滋賀 【4】余呉湖

Posted by 独虚坊 慥調


永原駅の次は、
近江塩津を挟んだ次の次、余呉駅で降りました。
余呉駅は、余呉湖の最寄駅。
滋賀県は、琵琶湖だけではないのですよ。
もっとも、琵琶湖の盲腸みたいな感じの湖ですが。
余呉湖、何にもないところではありますが、それだけに、
夕暮れは何だか神々しいものがありました。

ひとりでうろつく京都

ひとりでうろつく滋賀 【3】永原駅

Posted by 独虚坊 慥調


滋賀県徘徊、
近江塩津の次は、隣の永原駅へ行ってみました。
ここも、18きっぷ旅や大回りで何度も通った駅であり、
一度は降りてみたいと思って、降りてみたわけです。


で、降りた途端に現れる、とんでもない階段。
巨大さと寂れ方のギャップが、凄い。山岳駅かと。


実際は、当然ながら湖の近く。丸子船モニュもあり。
近江塩津の道の駅で売ってた丸子焼、食っとけばよかった・・・。


でも駅舎は、まるっきり山岳駅。
そういえば永原駅、昔はデッドセクションがあったんですよね。
永原デッドセクション。何か、高輪ゲートウェイみたいですけど。

ひとりでうろつく京都

ひとりでうろつく滋賀 【2】近江塩津

Posted by 独虚坊 慥調


書くことないので、正月の滋賀県徘徊、続きです。
大回りをやる時、近江塩津をよく通ったもんなんですが、
一度はガッツリ降りて付近をうろつきたいと思ってました。
ので、下車。「塩津」の名の由来となる津方面へ歩きます。


が、途中でダルくなり、途中にあった道の駅で、飯。
鮒寿司茶漬なるものと鯖寿司のセットを、食しました。
鮒寿司、私は恥ずかしながら初めてです。で、やはり、強烈。
味が良いのは、はっきりわかるんですが。でも・・・でも・・・。


鯖寿司でも口内の残り香が消えてくれないので、
パックで売ってたビワマスの天麩羅なるものを、買い食い。
こちらは実に、マス。私は、ある意味、鮭より好き。


で、帰るのかといえば、滋賀徘徊、まだまだ続きます。

ひとりでうろつく京都

明日は、宵えびす

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、十日えびすイブ aka 宵えびす。
祇園の恵美須神社では露店でまくりの宵えびすが行われ、
八坂神社内の祇園蛭子社は御覧の蛭子船を巡行。
うちにも、ふらついた記事がありますよ。

恵美須神社と祇園蛭子社の宵えびすへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

しょーばいはんじょでささもてこい。

ひとりでうろつく京都

ひとりでうろつく滋賀 【1】竹生島

Posted by 独虚坊 慥調


年末年始の混雑で京都に心底うんざりし、
去年に続いて正月の滋賀県訪問をやってきました。
関西1デイパスを、滋賀県で使い切ってみたわけです。
まず行ったのが、琵琶湖に浮かぶ竹生島。
今回の関西1デイパスは、船にタダで乗れたので。


で、とんでもない坂の石段を登り、湖面を拝んでみたり。


近江牛まんも、口と舌で拝んでみたり。


で、帰りの船では、湖面および富士山の如き山を拝んでみたり。

ひとりでうろつく京都

明日は七草粥の日

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、明日は七草粥の日であります。
うちにも、神社徘徊や大本特攻、そしておかべ家で食う記事がありますよ。

京都市内の神社で七草粥を食べまくりました。もちろん、ひとりで。
大本亀岡本部へ七草粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。
清水順正おかべ家へ豆乳おぼろ七草粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

疲れるほど正月らしい正月をすることが減った、昨今。
でも、それでも色々と正月に疲れた方は、粥で体を癒やして下さい。

ひとりでうろつく京都

清水順正おかべ家で七草粥を食べた記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


清水順正おかべ家で七草粥を食べた記事、アップしました。

清水順正おかべ家へ豆乳おぼろ七草粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

湯豆腐・南禅寺順正の支店である、清水順正おかべ家。
なので、もちろん湯豆腐の店ではあるんですが、季節メニューも多し。
毎年1月7日には豆乳おぼろ七草粥なる膳を出してるので、
観光地のど真ん中へ食べに行ったという、それだけの記事であります。
その割に、上の写真が思いっきり湯豆腐ですが、
こちらは、名物も食わねばと追加で頼んだ、単品湯豆腐。
1月7日に出かけるという方は、御参考に。

ひとりでうろつく京都

恨みと苗字と乱世と

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば年末、
光秀の丹波平定に絡む記事が京都新聞に出てました。

「もう恨みない」が今もご法度 光秀に領地奪われた豪族末裔 - 京都新聞

あと、少し前にこんなのもあったんですって。

「光秀に恨み」と市長 滅ぼされた恩讐、今月「和合の儀」 - 京都新聞

私の家紋は、いわゆる丹波内藤氏のものでして、
仮に嘘や偽作でなければ、私も無関係ではないのかも知れません。
では、光秀に思うところがあるかといえば、無論全くないのであり、
そもそも家が潰れてるので、何もわからんのであります。
あと、うちの内藤は、光秀に落とされた八木城の内藤ではなくて、
その八木内藤に、内輪揉めで丹波平定以前に潰された方らしいし。
乱世、というやつであります。なので、恨みっこなしが作法であります。
が、丹波が盛り上がってくれるのは、嬉しいことです。

あ、私の苗字、内藤じゃないですよ。
むしろ、内藤の敵に多い苗字。乱世、というやつであります。

ひとりでうろつく京都

百済王を詣る

Posted by 独虚坊 慥調


天気が良くて暇なので、
どっかの神社で初詣のやり直しをしようと思い、
石清水八幡宮へ寄ったら混んでたのでパスして、
何となくさまよってるうちに、百済王神社に来たの図。
百済王神社。八幡の隣の大阪府枚方市の社です。
百済寺跡の史跡でもあります。が、社はネイティブ系。
のんびり賑わう中、のんびりお参りさせてもらいました。
こういうのを、いい正月というのだと思います。
で、石清水八幡宮への初詣がいつになるかは、不明・・・。

ひとりでうろつく京都

猪は、北から来るか、南から来るか

Posted by 独虚坊 慥調


石川県・能登半島で、猪が増えてるそうです。
兵庫県や京都府の猪が、雪が減った北陸へ乱入してるとか。
正に、南から来た猪というわけです。

害獣の「猪」を特産品に変えた石川の創意工夫 - 東洋経済オンライン

私は、猪は「北から来るもの」というイメージがあるんですが、
もちろん、あんな足の短い生物が雪国から来たりしません。
とはいえ、「北国へ北上した猪」という話を聞くと、
意外に思えたりします。
それにしても、ぼたん鍋、食いたい・・・。

ひとりでうろつく京都