私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

よいお年を

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、2018年も大晦日でございます。
今回の年越しは、死ぬほど寒いですが、雨は降らないようです。
私も、今回はちゃんと夜に出かけようと思います。
出かける方は、うちの年越し記事でも御参考に。

2018年への年越しを、東山浄苑にて昼間に済ませました。もちろん、ひとりで。

2017年への年越しを、永観堂で写経だけをして迎えました。もちろん、ひとりで。
2016年への年越しを、京都帝釈天で迎えました。もちろん、ひとりで。
2015年への年越しを、八幡で迎えました。もちろん、ひとりで。
2014年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。

2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】

2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【3】

今年一年、ありがとうございました。では、よいお年を。

ひとりでうろつく京都

2018年の年越し記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2018年の年越し記事、アップしました。
今回は、巨大な霊園・東山浄苑へ昼間に鐘を撞きに行ってます。

2018年への年越しを、東山浄苑にて昼間に済ませました。もちろん、ひとりで。

あの東本願寺とは違う東本願寺が運営する、
六条山の巨大な霊園施設、東山浄苑。
2018年の年越しは、鐘楼が新設されたと言うことで、
一般開放の告知が出てたので、行ってみました。
東本願寺とは違う東本願寺とは、一体どういうことなのか。
そして、果して夜は、どうするのか。何処へ行くのか。
蕎麦は食ったのか。食ったのなら、何処で食ったのか。
と、いろんな意味で、手に汗握る内容となってます。なので、是非。
そして、読んだ後で激怒されても、私は知りません。

東山浄苑、今年はサイトに昼の鐘撞き告知はないんですが、
新聞とかでちょろっと「やる」告知を見た気もします。
興味のある方は、空振り覚悟で出かけてみて下さい。

ひとりでうろつく京都

八幡の年末

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮、正月屋台が並び始めてます。
相槌神社のバブルは意外で不思議な光景ですが、
こっちは子供の頃から実に見慣れた光景です。
で、この並び始める頃の感じこそが、ずっと好きです。
正月、気温が上がるといいですね。

ひとりでうろつく京都

嵐電の年末年始

Posted by 独虚坊 慥調


嵐電の駅を通りかかると、
年末年始の運行お知らせポスターがありました。
嵐電、大晦日の終夜運転をいつもしてないんですね。
何故か、今の今になって、初めて知りました。
何故今まで知らなかったかといえば、乗る用がなかったからで、
乗る用がない人が多いからこそ終夜運転がないのだと、
ひとり合点がいったりしました。
それにしても、寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

刀剣バブルに沸く八幡の相槌神社

Posted by 独虚坊 慥調


刀剣バブルに沸く八幡の相槌神社、
大晦日は終夜開いてるそうですよ。
私は、子供の時によく通った道の社なので、
不思議といえば不思議な話であります。

ひとりでうろつく京都

『鈴 紫野』 記事の参考文献

Posted by 独虚坊 慥調


『鈴 紫野』 、運営会社の社長が本を出してたので、
図書館で読むかと思ったらどこも貸し出し中で、古書もなし。
しょうがないので新品を定価で買い、読んだぞ畜生の図。
内容は、基本的には「投資せい投資せい投資せい」な感じ。
町家宿を一気に増やしたい感じなんでしょうか。
そういえば、こないだ触れた旅館業施設一覧を観ると、
『鈴 紫野』 はレアルでなく個人がオーナーでありました。

ひとりでうろつく京都

残土

Posted by 独虚坊 慥調


クリスマスをやって帰ったら、
ホテルの建設残土がラッシュ状態というニュースが出てました。

ホテルラッシュで建設残土が急増 京都、将来の受け入れに不安も - 京都新聞

「ゴーストホテルが並ぶゴーストタウン」、
という未来が幻視できてしまってしょうがないの・・・

ひとりでうろつく京都

2018年のクリスマス、やってます

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、現在クリスマスネタ、やっております。
気楽に済ませるつもりが、中々しんどいことになっております。
あ、写真は2017年のもの。『鈴』の英語マニュアルを見る、雪だるま君です。
ちなみに雪だるま君は、今回は自宅待機。
独虚坊君だけで頑張ってます。
暇な方は、うちのクリスマス戦記でも御覧下さい。

ひとりで京都でクリスマス

ひとりでうろつく京都

2017年のクリスマス記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2017年のクリスマス記事、アップしました。
今回泊まったのは、 『鈴 紫野』 。一棟貸しの町家宿です。

京町家 『鈴 紫野』 を借り切って聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
京町家 『鈴 紫野』 を借り切って聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】


2012年に泊まった町家は路地長屋だったので、
ガチな一戸建ての町家泊まりとしては、初であります。
昨今の宿不足状況を埋めるかのように、増えまくってる、町家宿。
中でも『鈴』は増えまくってるので、ちょっと行ってきました。
で、まあ、それだけの内容です。飯食って、寝てるだけです。
ただ、町家泊まりということで、2012年以来の雪だるま君が登場。
あと、内容が薄くなるのを危惧して、独虚坊君も登場。
町家宿に興味がある方は、是非。雪だるま君ファンの方も、是非。

ひとりでうろつく京都

京都市バス、キャリーバッグ置きを導入

Posted by 独虚坊 慥調


京都市バス、キャリーバッグ置きを導入するとか。

雑の市バスに大きなキャリーバッグ 苦情受け荷物置き導入 - 京都新聞

置き場の分、混雑は余計に酷くなると思うの・・・。

ひとりでうろつく京都

橋で寝る猫

Posted by 独虚坊 慥調

dffredshrshrshfghtjtrs.jpg
八幡・平谷の八幡橋で、猫が寝てました。
近付くと、「邪魔すんな」とばかり怒られたので、
遠巻きに眺め、でも思い切りメンチ切られるの図。
昼間は暖かかったですからね、今日。
どこか暖かい所で寝てることを、祈ります。

ひとりでうろつく京都

2018年12月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


12月の横山由依『京都いろどり日記』は、冬の色々でした。
ちょんまげタクシー、流れ橋の近所の人なんですね。
といっても、私はこの番組で見るまで知らなかったんですけど。
何故今の今まで知らなかったのかなとふと考えて、
タクシー乗ることが全然ないからだと気付いた冬の夜・・・。

ひとりでうろつく京都

施設と土地の問題、京都でも起こってます

Posted by 独虚坊 慥調


施設と土地の問題、京都でも起こってます。

境界地に救護施設整備、隣接の市民困惑 事前相談なく - 京都新聞

あまりにあまりな陣取りに、笑いました。
いつでもどこでもこんなもん、という感じでしょうか。

ひとりでうろつく京都

冬晴れ

Posted by 独虚坊 慥調


最近では珍しく、天気の良い日でした。
こんな日がもっと多いと、人生楽しいんですけどね。
餅、食いたい・・・。

ひとりでうろつく京都

2018年のクリスマス、行先を決定

Posted by 独虚坊 慥調


2018年のクリスマス、行先を決めました。
2017年はかなり楽をしたので、今回は頑張ります。
でもその前に、2017年の記事を仕上げないといけない・・・。
で、仕上げが全然前に進まない・・・

ひとりでうろつく京都

旅館業施設一覧

Posted by 独虚坊 慥調


昨日の簡易宿所ニュースを見て、
あれこれ調べてると、京都市の一覧表に当たりました。
こういうの、無意味にあれこれ観るのが、楽しいんですよね。

旅館業施設一覧(平成30年5月31日現在) - 京都市

ひとりでうろつく京都

簡易宿所、廃業急増

Posted by 独虚坊 慥調


簡易宿所、廃業するとこが増えてるそうです。

京都の簡易宿所、廃業急増 供給過剰で淘汰の波 - 京都新聞

東京オリンピックまで持つかと思ってましたが、
早くもバブル崩壊の波が来た、という感じでしょうか。
すぐ業態転換できるようにする為の簡易宿所ですから、
廃業は不思議ではないですが、しみじみする話ではあります。

ひとりでうろつく京都

クリスマス、思案中

Posted by 独虚坊 慥調


今年のクリスマスネタ、まだ行先を思案してます。
11月に予約を入れた2017年とは、えらい違いです。
というか、2017年のクリスマス記事も、全然進んでません。
私はいったい何をしているのだろう。

ひとりでうろつく京都

夜の流れ橋を、意味もなく渡る

Posted by 独虚坊 慥調


夜の流れ橋を、意味もなく渡る。
もちろん、一歩間違えると、川へ落ちます。
恐過ぎる。けど、それ以上に、寒過ぎる。

ひとりでうろつく京都

明日から、六波羅蜜寺でかくれ念仏

Posted by 独虚坊 慥調


明日から、六波羅蜜寺でかくれ念仏が始まります。
念仏弾圧を避け、800年も秘儀として続けられてきた、かくれ念仏。
今はもちろん、観れます。うちでも、観に行ってます。

六波羅蜜寺のかくれ念仏へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

風が強く、無茶苦茶に寒い今日この頃です。
出かける方は、防寒をしっかりと。

ひとりでうろつく京都

明日は、「今年の漢字」発表

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、「今年の漢字」発表が清水寺であります。
「今年の漢字」というのは、あの「今年の漢字」であります。
今年は、いったい何の字なんでしょうね。
うちにも、以前に発表を観に行った記事がありますよ。

清水寺で行われた「今年の漢字」発表へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、雨が降った場合、
あの揮毫って何処でどうやるんでしょうね。

ひとりでうろつく京都

流れ橋を、意味もなく渡る

Posted by 独虚坊 慥調


八幡の流れ橋を、意味もなく渡る。
洪水などで水が増えると、敢えて抵抗せずに流れてしまう、
究極のパッシブデザインともいえる橋、流れ橋。
最近は本当にずっと流れてたので、渡るのは久しぶりです。
補強されても、バイクが横を通ると、恐い・・・。

ひとりでうろつく京都

今日は、 妙満寺でも大根だき

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば今日は、
妙満寺でも大根だきがあったんですよね。
一段と大根だきに相応しい気温になってきたので、
出かけた方はさぞ美味しく頂けたことでしょう。
寒過ぎて出かけなかった方は、うちの記事でも御覧下さい。

妙満寺の釈尊成道会・大根だきへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

鳴滝の大根焚は、明日もありますよ。

ひとりでうろつく京都

明日からは、鳴滝の大根焚

Posted by 独虚坊 慥調


明日からは、鳴滝の大根焚です。
親鸞ゆかりの了徳寺にて、明日と明後日、ありますよ。
うちにも、前に行った時の記事があります。

鳴滝・了徳寺の大根焚へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

今日、大根に相応しい気温になってきました。
相応し過ぎて、凄く寒いけど・・・。

ひとりでうろつく京都

明日から、嵐山では嵐山花灯路

Posted by 独虚坊 慥調


明日から、嵐山では嵐山花灯路です。
無茶苦茶に寒い中、電飾で集客を頑張る行事であります。
集客に貢献したい方は、出かけてみて下さい。
うちにも、以前に出かけた記事があったりします。

京都・嵐山花灯路2013へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
京都・嵐山花灯路2010へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

今年はもちろん、全力で回避したいと思います。
今日から特に、凄く寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

明日と明後日は、千本釈迦堂の大根焚き

Posted by 独虚坊 慥調

eg5etrdsyreretdsyru.jpg
明日と明後日は、千本釈迦堂の大根焚き。
冬の始まりを、大根と揚げと共に感じる行事であります。
うちにも、食べに行った記事がありますよ。

千本釈迦堂の大根焚きに行ってきました。もちろん、ひとりで。

とか言ってると、本当に寒くなってきました。
本当に天気が無茶苦茶・・・。

ひとりでうろつく京都

こっちのトップ画像、ようやく12月に変えました

Posted by 独虚坊 慥調


こっちのトップ画像、ようやく12月に変えました。
まだ紅葉が残ってたので11月版のままにしてましたが、
昨日の暴風雨で終了という感じでしょうか。
本格的に、冬であります。

ひとりでうろつく京都

暑い・・・

Posted by 独虚坊 慥調


暑い・・・12月なのに暑い・・・。
思わず鱧が食いたくなるくらい、暑い・・・。

ひとりでうろつく京都

おもちゃのせいで45分待ち

Posted by 独虚坊 慥調


山陰線で、銃を持った男が寝てたそうです。

「拳銃持つ男寝てる」と特急停車、乗客避難 - 京都新聞

おもちゃのせいで、乗客120人はホームへ避難。で、45分待ち。
何故か、大雪の中をスプリングスひよしへ行った時のことを、思い出す・・・。

ひとりでうろつく京都

関西1デイパスの秋【6】播州赤穂

Posted by 独虚坊 慥調


書くことがないので、再びの関西1デイパス旅の続きでも。
丹波篠山を出た後は、尼崎から新快速に乗り、播州赤穂へ行きました。
関西圏の人間は、それこそ新快速の行先で日常的に目にする、播州赤穂。
もちろん、忠臣蔵・赤穂浪士の街です。なので、義士祭も準備中。


ですが、私は特に興味がないので、名産の牡蠣を捕食。
といっても、駅前の蕎麦屋・あこう蕎麦衣笠で、勢いで食ったんですけど。
18きっぱーだった頃、播州赤穂で降りた際に気になってた蕎麦屋です。
蕎麦屋ですが、鱧や牡蠣メニューも多し。この牡蠣は、1つ200円弱。


もちろん、蕎麦も食いますよ。本命として頼んだ、穴子天蕎麦。
穴子も、赤穂の名物。そして、私の大好物。なので、この蕎麦は、至福。
頭付きの巨大穴子天、フカフカであると共に海産の醍醐味もあり、美味し。
あと、蕎麦自体も、美味し。で、牡蠣と合わせて、1500円ちょい。マジか。


忠臣蔵に興味がないとはいえ、一応は城跡にも寄っときました。
で、その後は、また新快速に2時間乗り続けて京都へ帰りましたとさ。

ひとりでうろつく京都