私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

夜の長岡天神駅

Posted by 独虚坊 慥調


忘れた頃にやってくる夜の駅シリーズ、
今夜は阪急京都線・長岡天神駅です。
阪急に何故か共通する駅回りの狭苦しさが、
この駅でも強烈に発揮されて大好きなんですが、
それ以上に好きなのが、このゾロ目感。
特急も急行も各停も、全部同じ色。全部マルーン。
で、それらが密接して並ぶという。
私が普段乗る京阪やJRでは、あまりない光景なので、
見かけると妙に悦に入ってしまいます。

ひとりでうろつく京都

夜の東山駅

Posted by 独虚坊 慥調


すっかり若鮎に押されてる夜の駅シリーズ、
今夜は盛り返すべく、京都市営地下鉄・東山駅です。
知恩院や花灯路へ行くには便利な東山駅、
現在はひたすら静かな駅であります。
と言いたいところなんですが、
夜というより夕方だったので、制服の子らが多し。
以前なら鬱陶しいと思うばかりだったのが、
休校期間を経て遭遇すると微笑ましく見えるのは、
下らん大人の下らん勝手であります。

ひとりでうろつく京都

夜の西山天王山駅

Posted by 独虚坊 慥調


若鮎に押され気味な夜の駅シリーズ、
久しぶりの今夜は、阪急京都線の西山天王山駅です。
京都縦貫自動車道の真下にある新駅であり、
高速バスのバス停にも直結してる、便利な駅であります。
しかし、ホームに立って感じる雰囲気は、
御覧の通り、高速が天井になってる以外は、割と普通。
駅の外は、高速のインパクトが強烈で、面白いんですけど。
写真撮る場所、間違えた・・・。

ひとりでうろつく京都

夜の清水五条駅

Posted by 独虚坊 慥調


ネタがない時には現れる夜の駅シリーズ、
今夜は清水五条駅です。
清水寺の最寄り駅として賑わった駅ですが、
今では遠方確認用のモニターにさえ人の姿はなし。
諸行無常であります。

ひとりでうろつく京都

夜の石清水八幡宮駅

Posted by 独虚坊 慥調


思い出した頃に現れる夜の駅シリーズ、
今夜は、私の地元の石清水八幡宮駅です。
地元なので、特に何の感慨も湧かないんですが、
人が少ないと、カーブ加減に目が行かなくもありません。
改めて見ると、本当によく曲がってますね。

ひとりでうろつく京都

夜の京都駅

Posted by 独虚坊 慥調


久しぶりの夜の駅シリーズ、
今夜は、連休まっただ中の京都駅です。
いつもは伏見稲荷への客で溢れる奈良線ホーム、
連休まっただ中にも関わらず、閑散としてます。
もちろん、他のホームもガラガラ。
個人的には、観光客が爆増する前の京都を思い出して、
何かちょっといい気分になったりするんですが、
そんな吞気なことを言ってる感じでもないですよね。

ひとりでうろつく京都

昼の東福寺駅

Posted by 独虚坊 慥調


開店休業中である夜の駅シリーズ、
ちょっと番外編で、昼の東福寺駅をやってみます。
いつもなら、稲荷方面の観光客で混み合う狭いホーム、
今日は普通に歩ける感じになってました。
全く観光客がいないわけでもないけど、少ないという。
この感じ、何か昔へ帰ったような気がしないでもありません。
それが嬉しいのかといえば、それもまた微妙ですけど。

ひとりでうろつく京都

夜の福住駅跡

Posted by 独虚坊 慥調


思い出した頃にやってくる夜の駅シリーズ、
今夜は廃線駅にも手を出し、篠山線福住駅跡です。
跡といっても、バス停としては現役であり、
丹波圏の京阪京都交通と兵庫の神姫バスが接続。
交通の要所の匂いは、ある所であります。


何故か『Calling You』が爆音で流れる周辺を歩いてると、
飛び出し婆さんとしか言いようのない何かに出会いました。
飛び出しといえば、普通は滋賀県の飛び出し坊や。
しかしこちらでは、婆さんが活躍してるようです。何か、新しい。

ひとりでうろつく京都

夜の京阪電車・木幡駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜も京阪電車宇治線で、昨夜の隣の木幡駅です。
アニメファンの方々にとっては京アニの聖地として知られ、
また火薬工場引込線で鉄な人にも割と聖地な、木幡。
黄檗とは違い、こっちの京阪駅はちょっとJRと離れてます。
ので、ごく普通の京阪支線の駅の風情であります。

ひとりでうろつく京都

夜の京阪電車・黄檗駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京阪電車・宇治線の黄檗駅です。
黄檗宗大本山・萬福寺の最寄り駅である、黄檗駅。
すぐ隣にJR黄檗駅があり、その駅前の私鉄駅として開業した、
というわけではないことを、私はついさっき知りました
駅の周辺自体は、平凡なようでいて京都にはあまりない、
昭和チックな住宅街という感じ。
私にとっては、実に宇治を感じるところであります。

ひとりでうろつく京都