私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

『細川ガラシャの幽閉路』

Posted by 独虚坊 慥調


『細川ガラシャの幽閉路』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
幽閉地ではなく、幽閉路。趣深いものがあります。
宮津城から三戸野への移動ルートが、相当するんでしょうか。
そのあたりの謎、
うちのガラシャ記事でも読んで、考えてみてください。

長岡京ガラシャ祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

丹後の地醤油焼きそばあたりに、答えがあるはずです。

ひとりでうろつく京都

『八幡市 レンガ通り商店街』

Posted by 独虚坊 慥調

egfdshfhtsjrt.png
『八幡市 レンガ通り商店街』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
そういえばレンガ通り、何故レンガ通りになったんでしょうね。
そして、市外の人があの通りを目にして、
果たして「通り」と認識することが可能だったりするんでしょうか。
地元でも、わからんことは多いという話であります。

ひとりでうろつく京都

『ハイカユミール』

Posted by 独虚坊 慥調


『ハイカユミール』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
わははは。というか、ハイカユミールってそんなに珍しいのかな。
あ、ハイカユミールというのは、単なる痒み止めです。
何故か、祇園・割烹たん義のはも丼記事で、登場してます。
いや、登場はしてません。どないやねん。

ひとりでうろつく京都

『阿含の星まつり 行きたい』

Posted by 独虚坊 慥調


『阿含の星まつり 行きたい』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
行けばいいと思うの・・・。

阿含の星まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。
阿含の星まつり2012へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、また急に寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

『法金剛院と鹿王院どちらの紅葉がいいか』

Posted by 独虚坊 慥調


『法金剛院と鹿王院どちらの紅葉がいいか』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
何とも渋いチョイスでのお悩みですね。
うちの記事でも見て、検討してみては如何でしょうか。

法金剛院へ紅葉を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
鹿王院へ紅葉を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

そして、2018年の紅葉記事は、まだできない・・・。

ひとりでうろつく京都

『時代祭 平安神宮から御所への神幸列 ルート』

Posted by 独虚坊 慥調


『時代祭 平安神宮から御所への神幸列 ルート』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
「平安神宮から御所への神幸列」というのは、
時代祭当日の午前中に行われる神幸列のことであります。
ルートは、基本的には丸太町を西進するばっかりです。
うちにも、一応記事がありますよ。

時代祭の神幸列を見に行ってきました。もちろん、ひとりで。

即位礼のため26日開催となった今年、
神幸だけは22日朝にやるなんてことがあるのかどうかは、
私は全然知りません。

ひとりでうろつく京都


『湯の花温泉 日帰り 牡丹鍋』

Posted by 独虚坊 慥調


『湯の花温泉 日帰り 牡丹鍋』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
狙い通りに流入してくれて、嬉しい限りです。
ない金をはたいて出かけた記事、うちにはありますよ。

湯の花温泉・すみや亀峰菴でぼたん鍋を堪能してきました。もちろん、ひとりで。

急激に冷えてきました。そろそろ本格的に、鍋ですね。

ひとりでうろつく京都

『罪や穢れを神の人形 下鴨神社』

Posted by 独虚坊 慥調


『罪や穢れを神の人形 下鴨神社』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
お祓いのヒトガタのことを、仰ってるんでしょうか。
神社ではありふれたものなんですが、
こうして字面で見ると、不思議とインパクトがありますね。

ひとりでうろつく京都

『八幡市から夜間サイクリング』

Posted by 独虚坊 慥調


『八幡市から夜間サイクリング』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
八幡市から、ですか。こっちから出発、ですか。
八幡市へ向かうなら、夜の旧京阪国道とか、楽しいですが。
一直線で信号も異常に少なく、ぶっ飛ばせるという。
とりあえず、怪我しないことだけ、祈ります。

ひとりでうろつく京都

『祇園 やること』

Posted by 独虚坊 慥調


『祇園 やること』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
祇園でやること、ですか。いったい、何なんでしょうね。
やっぱり、「ギーク・ギオン」なんでしょうか。

ひとりでうろつく京都