私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

八幡のメガソーラー

Posted by 独虚坊 慥調


八幡のメガソーラーが、話題のようです。

京都の有名神社の山にメガソーラー計画 市の対応後手 - 京都新聞

男山北西部ということは、御覧のプリン山の辺でしょうか。
既に山を削り倒してる所なので、私的にはどうでもいい話なんですが、
どうでもよくないひとには、どうでもよくないんでしょうね。
男山は民有地が多いという点、
神仏分離で石清水八幡宮がとことん貧乏化したことと、
何か関係があったりするんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

魚べい

Posted by 独虚坊 慥調


諸般の事情により、魚べい京都八幡店へ行く。
フルオーダーで、皿がいちいち前へ流れて来る所です。
諸般の事情というのは・・・


コハダ、関西じゃなかなか食えねえからよ。


でも、ほんまに好きなんは、イワシやねん。

ひとりでうろつく京都

流れた流れ橋

Posted by 独虚坊 慥調


流れた流れ橋を、隣の木津川大橋から眺める。
本当に、流れてます。以上です。

ひとりでうろつく京都

流れ橋、また流れる

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば、流れ橋、また流れたんですよね。
昨日見たライブカメラでも、こんな感じで流れてました。
橋板は、ワイヤーでつなぎ止められたそうです。

【台風19号】木津川「流れ橋」また流出 - 京都新聞

いかがなものかと、という話であります。

ひとりでうろつく京都

石清水八幡宮駅

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮駅、爆誕であります。
「いわしみずはちまんぐうえき」というアナウンスを聞く度、
正月の時みたいなゾワっとした気分になります。
そのうち、慣れるんでしょうか。あるいは、ずっとこうなんでしょうか。
何にせよ、わかりやすくなるのは、いいことです。


ケーブル駅は、八幡宮口駅。
前面が、立派な看板建築になってました。

ひとりでうろつく京都

石清水祭でした

Posted by 独虚坊 慥調


天気に恵まれた、石清水祭でありました。
というか、恵まれ過ぎて、はっきり暑かったですね。
私も、今年はちょっと多めに寄らせてもらいました。
そして、疲れた・・・。傍観してるだけなのに、疲れた・・・。
しみじみ、石清水祭は不思議な祭です。

ひとりでうろつく京都

明日は、石清水祭

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、明日は石清水祭。
2019年のケーブル夜間運転は、こんな感じです。

今年は、天候・気温・曜日のタイミングなどあらゆる点で、
例年にない良好なコンディションになると思います。
出かける方は、うちのサイトでも御参考に。

勅祭・石清水祭

ひとりでうろつく京都

逆はちまん

Posted by 独虚坊 慥調


八幡・放生川に、「逆はちまん」な鳩がいました。
八幡神のトレードマークといえば、
神使である鳩が向き合った形の「八」の字。
なので、互いがそっぽを向いてれば、「逆はちまん」。
どうでもいいけど、でもほっこりする姿であります。
八幡、ぼちぼちと石清水祭です。

ひとりでうろつく京都

石の声を聞く

Posted by 独虚坊 慥調


昼間、所用で八幡・流れ橋を渡ってると、
河原に御覧のような石の声が響いていました。
結構大きくて、10メートル四方という感じでしょうか。
ミステリーサークルか何かを、見つけた気分です。
どこもかしこも、色々と、夏ですね。

ひとりでうろつく京都

夜のカエルから人類絶滅へ

Posted by 独虚坊 慥調


夜、八幡・放生川の近くを歩いてると、
道路上へ大きなカエルが現れ、しばらくじっとしてました。
川にはカエルがうじゃうじゃいて、鳴きまくってるので、
出てくることに何の不思議はないんですが、でも、驚きです。
子供の時から考えても、わざわざ道へ出て来るカエルは、
今まで一度も見たことがなかったかも知れません。
見た瞬間、嵐山から保津峡を徒歩で越えてみた時に、
横から鹿がドサドサっと出てきたことを、少し思い出しました。
そして、そのうちこのカエルが陸に上がりまくってきて、
人間が食われるんじゃないかという恐怖も、少し感じました。

ひとりでうろつく京都