私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

マンモスだそうです

Posted by 独虚坊 慥調

yd7ygfuhyrtsr5urtu854.png
マンモスだそうです。

数年後は1800人のマンモス小 運動場に新学舎「市の見通し甘い」の声も - 京都新聞

増えてるところは、増えてるもんですね。
おかげで、花火大会もえらい勢いなんですけど。

ひとりでうろつく京都

私だけじゃなかったみたい

Posted by 独虚坊 慥調

gdfstfdsuherjdrtjtsrtj.png
私だけじゃなかったみたいですね。

麒麟がくる、極彩色に賛否「明るい」「目チカチカ」 - 日刊スポーツ

で、こうなると、逆に何か肩入れしたくなるというのが、
性根の腐り果てた者の定めであります。
というわけで、『麒麟がくる』、見ることにしようかなと。

ひとりでうろつく京都

色々と、光秀

Posted by 独虚坊 慥調


色々と、光秀であります。

光秀イメージ「家紋」入り自販機 近畿・中部地方で順次設置へ - 京都新聞

『麒麟がくる』、
じっくり見ようかと思ってたんですが、
予告とかの色調の感じが何か苦手と思ったので、
全然見ないままスルーするかもしれません。
あの感じ、今っぽいといえば今っぽいんですが、
私は苦手です。

ひとりでうろつく京都

返上するそうです

Posted by 独虚坊 慥調

fgrdagsdfahfdgfdahfda.jpg
返上するそうです。

電車と車接触など年間十数件「最も危ない交差点」返上へ 京都・広隆寺前 - 京都新聞

『京都買います』のタイトルで、
壊れた京都の象徴として出てくる、広隆寺前ですね。
うちでも、紅葉記事でちょっとネタにしてますよ。

広隆寺へ紅葉と聖徳太子御火焚祭と宝冠弥勒を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。


流石は実相寺、いい場所選ぶという感じでしょうか。
いや、事故が多いから、全然いい場所ではないんですが。

ひとりでうろつく京都

覆水

Posted by 独虚坊 慥調


築500年の伝承が、裏付けられたそうです。

解体の「最古級」京町家、築500年の伝承裏付け 跡地から室町期の柱穴 - 京都新聞

覆水、であります。

ひとりでうろつく京都

おいさば

Posted by 独虚坊 慥調


吉祥院の讃岐製麺にて、
またしても鯖の煮付けを食す。
食べ始めのこの状態でも美味いんですが、
食い終わり頃に身を探して食う感じが、また至福。
完全に、老人の楽しみであります。

ひとりでうろつく京都

明日は小豆粥の日

Posted by 独虚坊 慥調


明日は小豆粥の日。
うちでも、あちこちに食べに行ってますよ。

下鴨神社の御粥祭へ小豆粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。
妙心寺塔頭・東林院の 「小豆粥で初春を祝う会」 へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
清水順正おかべ家へ豆乳おぼろ小豆粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

またもや、冬っぽい寒さになってきました。
出かける方は、風邪の邪気に憑かれないよう、
御注意ください。

ひとりでうろつく京都

明日は、法界寺にて裸踊り

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、法界寺にて裸踊り。
もはや説明不要の、裸踊りです。うちにも記事、ありますよ。

法界寺の裸踊りを見に行ってきました。もちろん、ひとりで。

暖冬と言われる今季ですが、でも当然、外は寒し。
踊りで立ち登る湯気は、どんな感じになるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

前より後から

Posted by 独虚坊 慥調


どうでもいいことですが、
ゲストハウスイン清水三年坂での聖夜記事
何故か後篇の方がアクセス数が微妙に多かったりします。
ほとんど同じとも言えますが、同じであること自体も結構、異常。
普通は、絶対に前篇の方が人が多いんですよ。
人の心はよくわからん、という話であります。

ひとりでうろつく京都

明日は、三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢。
タダで三十三間堂に入れて、通し矢も観れる日であります。
うちにも、記事がありますよ。

三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

「この上に登るな」の張紙は、今も健在なんでしょうか。
あるいは、もっと恐ろしい内容になってたりして。

ひとりでうろつく京都