私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

ふと、松永

Posted by 独虚坊 慥調


尾道が何となくつまらないので、
何となくその隣の隣の松永へ行ってみました。
で、駅を降りたら、いきなりこんな感じ。渋い。


その少し北側には、
ちょっと変わった形の八幡神社・鳥居もあり。


南側に歩くと、海もありました。
少し移動しただけで、海の表情が全然違うという。
この辺は、実に面白いですね。


で、駅からまた電車に乗って、帰りましたとさ。
どうでもいいけど、海や街の表情は全然違うけど、
駅の感じは尾道と近いというか、
何らかの山陽本線感を感じるのは、何故でしょう。

ひとりでうろつく京都

ふと、尾道

Posted by 独虚坊 慥調


どうしても旅に出たくなり、
我慢しきれず18切符1回分をヤフオクで買い、
ちょっと尾道まで行って来ました。
といっても、半分以上は用事というか、調べ物なんですが。
18切符を使うの、10年ぶりぐらいでしょうか。
その割に、何の違和感もストレスもなく、乗れてしまいました。
車窓から見えた尾道の街も、昔のまんま。


しかし駅を出ると、尾道、何か凄くつまらなくなってました。
特に、駅の周辺。何だこのしょうもない観光地は、という感じ。
もっとも、観光用の客寄せ以外の何物でもない尾道城と同様に、
此処はそもそもそんなもんだ、とも言えるでしょうけど。


しかし、渡船から見える風景は、やはり昔のまんま。


で、飯は、向島のオンリーワンで買った、あなごめし。
味は、あなごとタレと飯を混ぜたような味でした。

ひとりでうろつく京都

ふと、飾磨

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば、姫路の帰り、飾磨に寄ったんですよ。
城はどうでもいいいんですが、かつての港町は見たくて。
でも、着いた頃にはすっかり日が暮れかけていて、
おまけに街は暗くて、何かよくわかりませんでした。
再訪が宿題になったという感じでしょうか。
宿題には、名物・穴子の爆食も含めたいところです。

ひとりでうろつく京都

ふと、姫路

Posted by 独虚坊 慥調


用事で、ふと姫路へ行ってきました。
穴子を、食べたかった。おでんも、食べたかった。
駅そばも、もはやどこでも食えるけど、でも食べたかった。
と、食い物だけに未練を残して、すぐ帰りました。
姫路城は、こうして駅前から丸見えなので、充分でしょう。
そして、2018年の紅葉記事は、まだできない・・・。

ひとりでうろつく京都

ふと、園部

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば、
少し前にふと、園部を歩いたんですよ。
日暮れ頃で、中々に味わいがありました。
こんな感じで、夜の駅シリーズに続くものとして、
「ふと」シリーズ、始めたいと思います。
が、本当にシリーズになるかは、一切不明です。

ひとりでうろつく京都