私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

京料理・萬長で、鱧づくし御膳を食べる記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


京料理・萬長で、鱧づくし御膳を食べる記事、アップしました。

花園・妙心寺北門前の京料理・萬長で、鱧づくし御膳を楽しんできました。もちろん、ひとりで。

萬長は、大禅刹・妙心寺の北門前にある料理店。
それほど堅苦しい所ではなく、夏の昼は鱧づくし御膳を提供。
で、今回それを頂きに出かけたというわけであります。
鱧のみならず、千鳥式配置駅に世界遺産・仁和寺と『徒然草』、
盆とおしょらいさんに、『進撃』とバルタン星人まで登場。
興味が湧く方は、読んでみて下さい。

本当は、盆が始まるまでにアップしたかったんですが、
諸般の事情により、間に合いませんでした。
そして、さらに間に合わない鱧記事が、あと数本控えてる・・・。

ひとりでうろつく京都

五山送り火の左大文字を拝む記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


五山送り火の左大文字を拝む記事、アップしました。

五山送り火の左大文字を拝みに行って来ました。もちろん、ひとりで。

五山送り火5ヵ年計画、いよいよ4年目です。
左大文字は、金閣寺のすぐそばにある、送り火。
駐車場から「大」の字が見えてる、あれであります。
火が近いため、火自体を熟視する感じで、拝んできました。
で、それだけといえばそれだけの内容であります。

明日、雨が降ろうが台風が残ろうが、送り火は開催です。
せめて、雨だけでも止んでくれるといいですね。

ひとりでうろつく京都

笠置夏まつり花火大会の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


笠置夏まつり花火大会の記事、アップしました。

笠置夏まつり花火大会へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

京都府南部で、人口減が話題になることが多い、笠置町。
笠置夏まつりは、そんな笠置町が毎年やってる祭と花火です。
規模は小さめですが、山からの反響音が爆裂する花火は、大迫力。
で、その花火へ行ってみたのが、今回の記事であります。
東大寺や後醍醐天皇、伊賀や柳生の忍び、席取り猫なども登場。
また、当サイトの名物(?)・他人の体温を感じる肉地獄も登場。
その辺のところも、割と楽しい感じの記事になってます。
作った私も、楽しいです。今年の開催は、明日。

ひとりでうろつく京都

京料理田ごとで鱧を食す記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


山鉾巡行当日に京料理田ごとで鱧を食す記事、アップしました。

後祭・山鉾巡行当日の京料理田ごと本店で、鱧を楽しみました。もちろん、ひとりで。

祇園祭の神輿が安座する四条・御旅所、
その一帯・御旅町にあって、路地の風情を誇る、田ごと。
そんな田ごとへ、後祭・山鉾巡行当日に赴き、
鱧尽くし状態の特別御膳を食べるという、それだけの記事です。
後祭・山鉾巡行当日ながら、山鉾の姿はほとんどなし。
ひたすら、食ってます。興味のある方は、是非。

ひとりでうろつく京都

石清水八幡宮で茅の輪をくぐった夏越記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮で茅の輪をくぐった夏越記事、アップしました。

夏越祓の茅の輪を石清水八幡宮だけでくぐってきました。もちろん、ひとりで。

茅の輪めぐりなどという外道な行為をやめ、
地元の神社にて祓いを一発で決めるという、入魂記事です。
当日死ぬほど暑かったことや、夕方から雨だったことは、
この一発勝負の入魂加減と一切関係ありません。
あ、水無月はもちろん、山麓の走井餅で食べてますよ。
明日出かける方は、御参考に。

ひとりでうろつく京都

当尾・岩船寺のあじさい記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


当尾・岩船寺のあじさい記事、アップしました。

当尾・岩船寺へあじさいを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

「笑い仏」など鎌倉期の貴重な石仏が、
野道にゴロゴロ点在してることで有名な、木津川市・加茂の当尾。
そんな遠野ならぬ当尾で、浄瑠璃寺と共に名高い岩船寺は、
あじさいの名所としても知られています。
で、その岩船寺へあじさいを観に行った、というだけの内容です。
ですが、「笑い仏」なども、しっかり観てるかも知れません。
でもやっぱり、観てないかも知れません。
そんな記事であります。あじさい好きの方は、是非。

ひとりでうろつく京都

まいづる細川幽斎田辺城まつりの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


まいづる細川幽斎田辺城まつりの記事、アップしました。

まいづる細川幽斎田辺城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

「海の京都」こと舞鶴に建つ、田辺城。
細川幽斎が籠城戦を展開し、古今伝授をめぐり勅使が派遣された城です。
で、その古今伝授がテーマの祭りこそ、まいづる細川幽斎田辺城まつり。
それは如何なる祭りなのかと観に行ったのが、今回の記事であります。
城はもちろん、芸屋台やコス大行列、米をかつぐ海自に荒れまくる太鼓、
それに初夏の舞鶴名物である岩牡蠣やトリ貝も刺身で登場。
ざっくりした出来ですが、でも案外、雰囲気は伝わる感じになりました。
自分では結構気に入ってるので、見てくれると嬉しいです。
今年の田辺城まつりは、明日。

ひとりでうろつく京都

京都府立植物園の桜ライトアップ記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


京都府立植物園の桜ライトアップ記事、アップしました。

京都府立植物園の桜ライトアップへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

2018年は桜開花が異常に早かったので、
全然出かけられないうちに花の大半が散ってしまい、
やむなく夜の植物園にてお茶を濁したというわけです。
で、完全にそれだけという記事です。
とはいえ、「お茶を濁した」といっても植物園ですから
桜のボリュームやクオリティは、なかなかのもの。
忙しくて花見ができそうにない方は、是非とも御覧下さい。
で、2018年の桜記事は、これだけ・・・。

ひとりでうろつく京都

京都御所へ梅と桃と桜を観に行った記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


京都御所へ梅と桃と桜を観に行った記事、アップしました。

京都御所へ梅と桃と桜を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

本当の名前は京都御苑なのに、
京都人の大半は断固として御所と呼ぶ、京都御所。
自然が過剰なまでに豊富なことでも知られる御所ですが、
桜はもちろんのこと、梅園や桃園もあり。
タイミングが合えば、3種をいっぺんにみることも可能です。
で、そんなタイミングに、3種を観に行ったという記事であります。
で、それだけであります。本当に、それだけであります。
出来れば、のんびりと御覧下さい。

ひとりでうろつく京都

東山花灯路2018の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


東山花灯路2018の記事、アップしました。

京都・東山花灯路2018へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

毎年恒例となっている、春の花灯路特攻。
恒例となり過ぎて、モチベーションが猛烈に低下しまくってて、
今回は何かもう、魂が抜けきったような出来となってます。
自分では、そこが妙に気に入ってたりするんですけど。
暇な方は、御覧下さい。今年の東山花灯路は、明日から。

ひとりでうろつく京都