私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

ドメイン、更新しました

Posted by 独虚坊 慥調


どうでもいいことですが、ドメイン、更新しました。
毎年書いて恐縮ですが、『aloneagainorkyoto.com』というドメインは、
ギルバート・オサリバンの『alone again』からではなく、
ラブの『alone again or』という曲から付けさせてもらってます。
何度も書く割に、理由はこれといってないんですけどね。
でも、いつ聞いてもとても不思議で、でも美しく、
そしてどこか収まりどころがない感じがするのが、好きです。
こんな感じがする記事が作れたら、いいなと思います。

ひとりでうろつく京都

今日も寒い・・・

Posted by 独虚坊 慥調


今日も寒い・・・。
こんな日は、ぼたん鍋ですよ。

くらま温泉へ行ってミニぼたん鍋と入浴セットを堪能してきました。もちろん、ひとりで。
スプリングスひよしへ行って丹波ぼたん鍋を堪能してきました。もちろん、ひとりで。

本当に、寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

節分ネタ、やってきました

Posted by 独虚坊 慥調


節分ネタ、やってきました。
今回もやっぱり、ネクストフェーズ系です。
卑近かつ下俗な日本に言い換えると、手抜き系です。
昼間の数時間に、ちょろっとやった感じとなりました。
が、何かもう色々、うんざりです。場所が、何とも悪かった。
でも、やめる気はないんですよね。まだ、やりたいことはあるんですよね。
しみじみ、私はいったい何をしているのだろう。

ひとりでうろつく京都

明日は、一休寺の一休善哉の日

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、一休寺の一休善哉の日。
「ひとやすみ、ひとやすみ」の頓知くそガキ時代を経て、
権威をおちょくり倒し、最後は愛欲まみれで死んだ人、一休。
そんな一休が、愛欲まみれで死んだその地が、一休寺。
そして、そんな一休寺で善哉がいただけるのが、明日です。
といっても、有料ですけど。けど、絵馬とかも付いてます。
うちでも、出かけてますよ。

一休寺の一休善哉を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

昨日は暑いとか言ってたけど、今日は寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

クリスマス、やってきました

Posted by 独虚坊 慥調


今年もクリスマス、やってきました。
ケーキも、ちゃんと食べましたよ。ファミマのだけど。
されど、ケーキはケーキ。カップスイーツではないのです。
このネタで、カップスイーツ以外を食ったの、何年ぶりでしょう。
出費が辛い以上に、腹が膨れて苦しいんですよね、これ。
で、何処で何をしたのかがわかるのは、
例によって、また来年(狂)。

ひとりでうろつく京都

2019年も奮闘中

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、クリスマスであります。現在、やってます。
雪だるま君の活躍が観たい方は、過去記事でどうぞ。

ひとりで京都でクリスマス

今年は、気楽です。
って、ここ数年はずっと気楽なんですけど。

ひとりでうろつく京都

そろそろクリスマス

Posted by 独虚坊 慥調


そろそろクリスマスですね。
うち的には、クリスマス記事の季節であります。
が、正直もう、ひたすら面倒臭いという。
行くのも面倒、作るのも面倒、全てが面倒という。
でも、やめる気が全然起こらないのは、何故なんでしょう。
やっぱり、心の何処かで楽しんでるからでしょうか。

ひとりでうろつく京都

紅葉記事、遅れます

Posted by 独虚坊 慥調


2018年分の紅葉記事、
一本だけなんですが、遅れます。
何せ、まだ取りかかってもいないので、
出来上がるのは多分、今月の末。
今年の紅葉シーズンが完全に終わった頃、
満を持して登場する予定です。
うちは、こんな感じの狂ったサイトであります。
写真は、そんな狂気を嘲笑うように色づく、
本日の川端通りの紅葉した葉。

ひとりでうろつく京都

そして節分は、ネクストフェーズへ

Posted by 独虚坊 慥調


2019年の節分ネタ、やってきました。
今回から節分、ネクストフェーズに入った感じです。
節分の、その先へ。その奥へ。といったところでしょうか。
こういう物言いは大抵、セコい詐欺師の戯言ですが、
私の「先」や「奥」は、無論そういう類のものではありません。
雨の中、頑張ってきました。巻寿司だって、食ってきました。
果して、ネクストフェーズで私はいったい何を頑張ったのか。
そして、食った巻寿司は、いったい何を巻いた寿司なのか。
明らかになる来年まで、楽しみにお待ちください。
写真は、徘徊を始めて3時間くらいで雨が本降りとなり、
トンズラする際に押えで適当に撮った、梅。

ひとりでうろつく京都

『鈴 紫野』 記事の参考文献

Posted by 独虚坊 慥調


『鈴 紫野』 、運営会社の社長が本を出してたので、
図書館で読むかと思ったらどこも貸し出し中で、古書もなし。
しょうがないので新品を定価で買い、読んだぞ畜生の図。
内容は、基本的には「投資せい投資せい投資せい」な感じ。
町家宿を一気に増やしたい感じなんでしょうか。
そういえば、こないだ触れた旅館業施設一覧を観ると、
『鈴 紫野』 はレアルでなく個人がオーナーでありました。

ひとりでうろつく京都