私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

明日から、嵐山花灯路

Posted by 独虚坊 慥調


明日から嵐山花灯路ですね。
無茶苦茶に寒いですけど。今年は本当に、きつい。
例年日和ってる当サイトですが、今年も余裕で日和ります。
死ぬ気で出かける方は、うちの記事でも御参考に。

京都・嵐山花灯路2010へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
京都・嵐山花灯路2013へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

そういえば「今年の漢字」、「令」でしたね。
意外さがあまりにも無さ過ぎて、却って意外・・・。

ひとりでうろつく京都


明日は、「今年の漢字」発表の日

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、「今年の漢字」発表の日。
2019年は、どの字が選ばれるんでしょうか。
私の1番予想は、「和」。令和とかそういうので。
2番は、「盛」。大穴として、「腐」も予想しときます。

あ、うちには発表を観に行った記事もありますよ。

清水寺で行われた「今年の漢字」発表へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

もし「腐」が当たったら、記念にプレゼントを用意します。
絶対、用意します。絶対、当たらないだろうけど。

ひとりでうろつく京都

光ってるそうです

Posted by 独虚坊 慥調


木津で、光ってるそうです。

光るタケノコ出現?実は「配水塔」 高さ47メートル - 京都新聞

ごらんのウルトラ感溢れる塔は、光ってるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

通常の3倍

Posted by 独虚坊 慥調


通常の3倍だそうです。

京都府の訪日客「人口の3倍」で突出 - 京都新聞

「府」の総計であることが、ポイントですね。
京都市に限定すると、もっと凄い数値になるんじゃないでしょうか。

ひとりでうろつく京都

明日も大根だき日和

Posted by 独虚坊 慥調


明日も大根だき日和。
鳴滝・了徳寺で、大根焚がありますよ。

鳴滝・了徳寺の大根焚へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、本当に寒い。洒落にならない・・・。

ひとりでうろつく京都

大根だき日和

Posted by 独虚坊 慥調


大根だき日和ですね。
千本釈迦堂と妙満寺では、明日、大根だき。
千本釈迦堂は、今日からやってますけど。
何にせよ、きつい寒さに沁みる行事であります。

千本釈迦堂の大根焚きに行ってきました。もちろん、ひとりで。
妙満寺の釈尊成道会・大根だきへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、寒い。余りにも、寒過ぎる・・・。

ひとりでうろつく京都

トップ画像、12月に変えます

Posted by 独虚坊 慥調


八幡の紅葉も、概ね落葉です。
というわけで、こっちのトップ画像、12月に変えます。
京都市内では、まだちょくちょく赤かったりするんですけど。
それにしても、寒い。12月と思えないくらい、寒い。

ひとりでうろつく京都

八幡のメガソーラー

Posted by 独虚坊 慥調


八幡のメガソーラーが、話題のようです。

京都の有名神社の山にメガソーラー計画 市の対応後手 - 京都新聞

男山北西部ということは、御覧のプリン山の辺でしょうか。
既に山を削り倒してる所なので、私的にはどうでもいい話なんですが、
どうでもよくないひとには、どうでもよくないんでしょうね。
男山は民有地が多いという点、
神仏分離で石清水八幡宮がとことん貧乏化したことと、
何か関係があったりするんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

夢の北陸新幹線

Posted by 独虚坊 慥調


北陸新幹線、いろいろ動いてます。

北陸新幹線建設による環境影響、沿線住民らに初の説明会 - 京都新聞

地下は色々、難しいですね。地上も難しいが。
でも私は、前も書きましたが、地上がいいと思います。
山科から地上に出て、現行の新幹線と合流して京都入りし、
あとは油小路を真っ直ぐ南下する青線コース。
あるいは、宇多野あたりで地上に出て、山陰線の上に乗り、
京都駅を通ったら稲荷山を潜って南下する赤線コース。
掘れば何かが出てくる、京都の街。早く作るなら、地上でしょう。
住民の文句が少なさそうなのは、青線コースでしょうか。

みたいなことを夢見ながら、ひとりで過ごす寒い夜。
割と、幸せ・・・。

ひとりでうろつく京都

びお

Posted by 独虚坊 慥調


また何かできるそうですよ。

自然派の野菜・化粧品にこだわり、ホテルも同居 環境・健康意識の商業施設、9日開業 - 京都新聞

場所、ココイチの向かい辺りでしょうか。
何にせよ、びおってますね。
どれくらいの時間でびお志向が折れて日和るか、
賭けてみるのも一興かも知れません。

ひとりでうろつく京都