私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

明日から、ゑんま堂大念佛狂言

Posted by 独虚坊 慥調


明日から、ゑんま堂大念佛狂言が始まります。
無言劇が基本である京都の念佛狂言シーンにあって、
恐らく唯一セリフ劇が展開される狂言であります。
コミカルなキャラやストーリーもまた、実に楽しいです。
うちにも、記事がありますよ。

ゑんま堂大念佛狂言を観に行きました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

夜の十条駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は近鉄電車・十条駅です。
この駅は、かの任天堂・本社開発棟の最寄駅。
世界にその名を轟かせている「nintendo」の文字が、
ディープサウスの闇夜の中で光っております。

ひとりでうろつく京都

明日から、壬生寺で壬生狂言

Posted by 独虚坊 慥調


明日から、壬生寺で壬生狂言が始まります。
念仏狂言の中で、最もメジャーともいえる狂言です。
GWいっぱい公演を実施。うちにも、記事がありますよ。

壬生寺へ壬生狂言を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

あと明日は、
城南宮の曲水の宴と大原女時代行列もあり。
両方、やはりうちにも、記事がありますよ。

城南宮の曲水の宴へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
大原女時代行列へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

何だかんだ言って、結局また、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

のんびりのんびり

Posted by 独虚坊 慥調


いろんな花の開花が早い今年、
普通に道を歩いてても、妙に花に目が行きます。
桜終わり+GW前という今くらいの時期は、
いつもこんな風にのんびりしてて、良い感じです。
ご覧の花は、二条通で見た、何らかの花。

ひとりでうろつく京都

讃岐うどんといちごの相性

Posted by 独虚坊 慥調


讃岐製麺・京都吉祥院店にて食事。
食うのはもちろん、うどんです。かけ小、190円。
あとは、あなご天。そして、背後にスタンバる赤い奴。


赤い奴は、いちごのデザート。
季節ものなので、思わずとってしまいました。
味は、いちご。讃岐うどんとの相性は、妙に普通。

ひとりでうろつく京都

唐子

Posted by 独虚坊 慥調


東山二条のらーめん唐子へ寄りました。
東龍伝説・発祥の地」として知られる店です。
といっても、「東龍伝説」なんてもんも、
今となっては知らない方も多いんでしょうけど。
唐子、私は下手すると10何年ぶりかも知れません。
店の中の感じは、10何年前と、多分同じ感じ。
昼飯で食った定食も、10何年前と、多分同じ感じ。


しかし、昔は喜んで食った巨大唐あげ、
今はただただ完食が苦しく、晩飯が全然食えず。
10何年間の己の老いを、しみじみ感じました。

ひとりでうろつく京都

出来上がりつつある梅小路新駅

Posted by 独虚坊 慥調


拳ラーメンへ寄った際、
その真ん前に、JRの梅小路新駅が出来てました。
出来てるというほどでもないですが、かなり出来てます。
新駅、27日まで名前を募集してるそうですよ。

JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅の駅名を募集します! - 京都市

私は、
「梅小路」を引き継ぐのがいいと思うんですが。
あるいは、「西七条」とか「中央市場」とか。
でもどうせ、平仮名混じりで10字くらいの名前、
たとえば「水と緑のふれあい梅小路公園」みたいな、
クソみたいな名前が付くんでしょうね。

ひとりでうろつく京都

Posted by 独虚坊 慥調


昨日、松尾祭の帰り、拳ラーメンに寄りました。
恐ろしく久しぶりと思いつつ入店すると、店内の記憶がなく、
よくよく考えると、前に行ったのは移転前のことでした。
三条御前にあって、確か店名もひらがなだった頃。
色んな方向で衝撃的だったことを、今も覚えています。
新しいメニューが全然わからなかったので、
とりあえず頼んだ4月限定のつけ麺、やはり衝撃的でした。

ひとりでうろつく京都

松尾祭、ちょっとだけ見てきました

Posted by 独虚坊 慥調


松尾祭のおいで、ちょっとだけ見てきました。
例年通り、西七条の御旅所への宮入りだけです。
そして例年通り、怒号が飛び交う盛り上がり振りでした。
あと何より、近所の人たちの祭に対する感じが、
この祭は凄くいいんですよね。

ひとりでうろつく京都

明日は、松尾大社のおいで

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、松尾大社の神幸祭 = おいで。
洛西総氏神の神輿6基が、石段を降りて出御し、
船に乗って川を渡り、夕方の七条通を進みます。
色々と、凄い祭です。うちにも記事、あります。

松尾大社の神幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。(1) 発御祭
松尾大社の神幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。(2) 船渡御
松尾大社の神幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。 (3) 七条通巡幸

明日、天気は良さそうですが、良過ぎて暑いとか。
出かける方は、日射病などに要注意。

ひとりでうろつく京都

2020年の大河、光秀に決定

Posted by 独虚坊 慥調


2020年の大河、光秀だそうですね。
福知山、そして亀岡、大喜びしてるみたいです。

大河に光秀、ゆかりの地で歓喜 京都・滋賀、経済効果も期待 - 京都新聞

福知山は、特に盛り上がってるみたいです。
うちにも、光秀が建てた福知山城のまつり、行ってますよ。

福知山お城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
福知山お城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

って、どさくさ紛れに、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

明日は、八幡・円福寺の春季萬人講

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、八幡・円福寺の春季萬人講。
普段は完全に禅の道場である円福寺にて、
年に2度オープンで開かれる、萬人講。
春季には、八幡名物の筍をフィーチャーしまくった、
精進料理のお弁当も食べられます。
地元のうちにももちろん、記事がありますよ。

円福寺の春季萬人講へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

筍料理、「ホーさん」の謎、そしてぼた餅が入り乱れてます。
興味がある方は、是非。

ひとりでうろつく京都

今夜はミッドナイト念仏

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、今夜はミッドナイト念仏です。
御忌大会の一環として、巨大な知恩院の巨大な山門にて、
朝までオールで念仏三昧を極める、ミッドナイト念仏。
うちにも、20時の冒頭から朝まで参加した記事がありますよ。
もっとも、途中で日和って遊んだり飯食ったりしてますけど。

知恩院のミッドナイト念仏へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

出かける方は、頑張り過ぎて成仏しないよう、御用心。

ひとりでうろつく京都

冷やかけの上の新緑

Posted by 独虚坊 慥調


暑いのか寒いのか不明な天気が続いてますが、
うどんは冷やかけが美味しいです。
というわけで、いきいきうどんの冷やかけうどん。
葱の緑も、何か少し新緑に見えたりして。

満ち溢れる緑化

Posted by 独虚坊 慥調


八幡・放生川の桜、
完全に青葉で満ち溢れてました。
静けさが戻る今ぐらいの季節、好きです。
毎年こんなこと言ってますけど・・・。

ひとりでうろつく京都

隠せない緑化

Posted by 独虚坊 慥調


数日前の段階で既に、
どうでも緑化が隠せなかった、岡崎の桜。
色々と早過ぎて、季節感が何かおかしい・・・。

ひとりでうろつく京都

天気が持った福知山お城まつり

Posted by 独虚坊 慥調


福知山お城まつり、
1日目の今日は天気が持ちこたえたそうです。
2日目である明日も、もってくれるといいですね。
うちには、2日目に出かけた記事があります。
良かったら、見てみて下さい。って、また宣伝かい。

福知山お城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
福知山お城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

ひとりでうろつく京都

福知山お城まつりの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


福知山お城まつりの記事、アップしました。

福知山お城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
福知山お城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

北丹の福知山市は、
京都府の中で、唯一城らしい城と城下町がある街。
そんな福知山で、街のシンボルたる福知山城を軸として、
各種の催しを展開するのが、お城まつりです。
イベントの多くは、城下町・広小路で行われるんですが、
その辺も、そしてもちろん城も、色々うろついてます。
自衛隊、北丹鉄道、ゴム焼きそば、謎の緑の奴などなど、
色んな意味で福知山名物なあれこれも登場。
完全にアウェーの地ゆえ、完全に旅ブラ状態になってますが、
興味のある方は、読んでみて下さい。
今年の福知山お城まつりは、明日と明後日です。

ひとりでうろつく京都

夜の淀駅

Posted by 独虚坊 慥調

>
夜の駅シリーズ、
二日続きの今夜は、京阪電車・淀駅です。
といっても、何かしょっちゅう出してますけど、この駅。
そういえば、5月末にここでやる京都芸術花火
TVでCMもやってたのを見た気がします。
平日開催なので、無事に電車に乗れて、
そして通過できることを、祈るばかりです。

ひとりでうろつく京都

夜の七条駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京阪電車・七条駅です。
「ななじょうえき」ではない、七条駅でございます。
四条駅は「祇園四条」に、五条駅が「清水五条」になったのに、
何故か今なお苗字(?)がないままの七条駅でございます。
七条の前に何か付けるとしたら、何なんでしょうね。
「三十三間七条」とか。でも何か、凄くややこしいですね。
「女坂七条」が、いいかも知れません。

ひとりでうろつく京都

b

Posted by 独虚坊 慥調


そういえばこの間、
四条堀川を歩いてたら、bホテルがかなりできてました。
プレスリリースを見ると、大体こんな感じで完成みたいですよ。
何か、大仏の横に並んでる仏の棚みたいな雰囲気ですね。
オープンは、夏。泊まる人は是非、王将本店で飯を食って下さい。

ひとりでうろつく京都

枝垂れ桜の持ち

Posted by 独虚坊 慥調


この頃、あちこち歩いてると、
枝垂れ桜の持ちが良いことに目が行きます。
寒さがぶり返したので、長く持ってるんでしょうか。
あるいは、枝垂れ桜というのは常にこんなもんであり、
今まで私が気付かなかっただけなんでしょうか。
とにかく、目にするたびに立ち止まっては見入り、
何故か得したような気になってます。

ひとりでうろつく京都

いきなりまた、寒い

Posted by 独虚坊 慥調

<
いきなりまた、寒い・・・。
鳥のように藁の中へ隠れたい、
と思うくらいに、寒い・・・。

彩色

Posted by 独虚坊 慥調


昨日に適当に作った画像が、
妙に気に入ったので、似たのを作ってみました。
今年は、まともに桜が追えそうにないので、
こんな感じで枯れ木でも巡ってみましょうかね。

ひとりでうろつく京都

春の嵐の如く

Posted by 独虚坊 慥調


文字通り春の嵐の如く、
桜はすっかりと逝ってしまいました。
全然まともな桜ネタの仕込みが出来てない・・・。

ひとりでうろつく京都

すっかり葉桜

Posted by 独虚坊 慥調


八幡・放生川の桜、
すっかり葉桜になってました。
何なんだ、この速度感・・・。

ひとりでうろつく京都

いろいろ早過ぎ

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば昨日、
岡崎の疏水の桜を夜に観たんですが、
「観た」とはとてもいえないくらい、既に散ってました。
花も暑さも、いろいろと早過ぎる今年であります。

ひとりでうろつく京都

夜の墨染駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京阪電車・墨染駅です。
墨染桜で知られる墨染寺の最寄り駅、墨染。
しかし、「墨染」の読みはそれぞれで異なっており、
桜は訓読みの「すみぞめ」、寺は音読みの「ぼくせん」、
そして駅は混合型の「ぼくぞめ」となります。
もちろん、嘘です。写ってる駅名称にも書いてるし。
でも、寺が「ぼくせんじ」なのは、本当です。


その墨染寺へ墨染桜を観に寄ると、
夜の闇でほぼ墨のベタ塗り状態になってました。
昼間の染まり具合を観たい方は、うちの記事でもどうぞ。

墨染寺へ墨染桜を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

森本さん

Posted by 独虚坊 慥調


実はおしゃれ極まる私は、
おしゃれ極まるSpotifyのヘビーユーザーでもあったりします。
で、普段と違うプレイリストを聴いてると、
sen morimotoというアーティストに出くわしました。
京都生まれのシカゴ育ちという、面白い人だそうです。
サックスまでこなすマルチ・インストゥルメンタリストで、
実際の音の方はそんなバイオよりも遥かに面白いです。


日本人的には、
「ひろゆきがマジで歌を唄ってる」ように見える辺も、
おしゃれ極まる感じで楽しいです。

ひとりでうろつく京都

今日から4月、今日からをどり

Posted by 独虚坊 慥調


今日から4月、今日からをどり。
都をどりは去年同様に造形大で、
京おどりは例年通り宮川町歌舞練場で、
どちらも今日から始まってます。
以前の公演ですが、うちにも記事はありますよ。

宮川町歌舞練場へ京おどりを観に行きました。もちろん、ひとりで。
祇園へ都をどりを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都