私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

隠れる必要のない人生を選んだ鳥

Posted by 独虚坊 慥調


鳥が普通にしてる様を、目撃しました。
隠れ続けるのが馬鹿馬鹿しくなり、
隠れる必要のない人生を選んだように見えました。
以上、八幡・放生川からお届けしました。

ひとりでうろつく京都

お馴染みの「人多過ぎ」ニュース

Posted by 独虚坊 慥調


お馴染みの「人多過ぎ」ニュースが出てるようです。

【特集】もみじをちぎらないで! 京都のお寺が悲鳴 - MBS

秋たけなわ、という感じでしょうか。
ちぎられまくって丸禿げになった紅葉というのも、
それはそれで、何かを学ぶ契機になるものかも知れません。

ひとりでうろつく京都

密会のほとぼりが冷めるのを待つ鳥

Posted by 独虚坊 慥調


密会現場を目撃された鳥の仲間が、
ほとぼりが冷めるのを待とうと、身を潜めてました。
草&水面に反射した草の間に紛れて、
「こんな窮屈な社会では、何も生まれない」
「足を引っ張ってては、クリエイティビティは発揮できない」
みたいな戯言をぶつくさ言ってるように見えました。
鳥たちの今後の動向が注目されます。
以上、八幡・放生川からお届けしました。

ひとりでうろつく京都

よりKAになってたKAレンジャー

Posted by 独虚坊 慥調


久しぶりに朱七小の前を通ったら、
名物のKAレンジャーが、よりKAになってました。
KA = 交通安全。子供向けアピールのアイテム、なわけです。
全身に標語の垂れ幕が付けられ、頭には深々と帽子。
東映からもらったという原型は、かなりありません。
今後、変化がどこまで進むか、動向が注目されます。

ひとりでうろつく京都

外環の羽束師橋

Posted by 独虚坊 慥調


外環の羽束師橋を、何となく渡る。
「外環の羽束師橋」、初見で一発で読めた人には、
独虚坊ポイント100000000点を差し上げます。

御覧のように羽束師橋、車道と歩道の二階建て橋。
歩道と思って、道の真ん中をのんびり歩いてると、
血走った単車や自転車に轢かれそうになったりします。
こんな光景も、京都にはあるというわけですね。

あ、独虚坊ポイント、交換できるものは何もありません。
もらった方は、一生大事に持ってて下さい。

ひとりでうろつく京都

紅葉とファミレス

Posted by 独虚坊 慥調

t5ryre,oig5rsptkeriou55
紅葉巡りをしてると、
何故かファミレスへ寄りたくなります。
観光の賑わいに疲れ、日常へ戻りたくなるからでしょうか。
といっても、私は日常的にはファミレスに行かないので、
結局は何が何だかよくわからないんですけど。
そんなことを思いながら、某ガストの某ドリアを食ったり。
以上、全くどうでもいい話でした。

ひとりでうろつく京都

ロームイルミネーション、早くも始まる

Posted by 独虚坊 慥調


ロームイルミネーションが、今日から始まってます。
京都ベンチャーの代名詞のような企業であるロームが、
クリスマスに合わせて社屋周辺を電飾だらけにするわけです。
うちにも、何故かぱこぱこな記事があったりしますよ。

ロームイルミネーションへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

私が行ったのは、12月のクリスマス直前ですが、
11月でもイルミネーションの内容は、同じ。
ぱこぱこも、多分この感じだと思います。
ゴダイゴのスティーブ・フォックスが、今でも北山で、
「わたしは確信しますっ」と言ってるかは、知りません。

ひとりでうろつく京都

2017年11月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


11月の横山由依『京都いろどり日記』は、茶処・和束でした。
公共交通と徒歩しか移動手段のない私には、
なかなか行きにくい所なので、新鮮に見えました。
昔は、自転車で笠置とかにも行ったんですけどね。
激狭のR163で、沿道の水路へ落ちかけたり。
どうでもいいですが、小さい車で茶畑を進む絵面、
めっちゃ好き・・・。

ひとりでうろつく京都

もうひとつの聖地

Posted by 独虚坊 慥調


昨日アップした広隆寺の記事で、
広隆寺の門を『京都買います』の聖地とか書きましたが、
それで言うなら、EDに出て来る東九条もまた聖地であります。
何度か書いてることですが、あのEDを観る度に、
私は不思議と懐かしくて暖かい気持ちになるんですよね。
幼い頃に見た、一番古い「京都」の記憶に合致するというか。
私の小さい頃、東九条は既にあんな感じではなかったはずですが、
憶えている雰囲気は、確かにあんな感じなんですよね。
それに、全てを踏み潰すように溢れ出す街の喧噪音は、
私の親や知り合いの大人達も出してたものに違いありません。
なのであのEDになると、「帰ってきた」感を感じるんですよ。
綺麗な寺を見た後、家に帰り、のんびりくつろいでる。みたいな。
ひょっとすると私は、本来の意味・意図とは全く違う形で、
『買います』を観てるのかも知れません。

ひとりでうろつく京都

太秦・広隆寺の紅葉+御火焚祭+宝冠弥勒記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


広隆寺の紅葉+御火焚祭+宝冠弥勒記事、アップしました。

広隆寺へ紅葉と聖徳太子御火焚祭と宝冠弥勒を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

国法第1号・宝冠弥勒を持つことで知られる、太秦・広隆寺。
渡来系の秦氏が、聖徳太子から仏像を得たことで創建した寺であり、
毎年11月22日には、聖徳太子をしのぶ御火焚祭も実施。
おまけに、無料で入れるエリアにもナイスな紅葉がいっぱいあるので、
それらを全部まとめて楽しんで来たという記事であります。
その割に、単なる『京都買います』記事になってる気もするんですが。



色々と気の狂った内容の記事ですが、
自分的には気に入ってるので、見てくれると嬉しいです。
2016年の紅葉記事は、これで全部アップがおしまい。
これから、2017年のめぐりを始めます。間に合うかな・・・。

ひとりでうろつく京都

密会現場を目撃しました

Posted by 独虚坊 慥調


密会現場を目撃しました。
種を越えた、禁断の愛。今後の動向が注目されます。
以上、八幡・放生川からお届けしました。

ひとりでうろつく京都

寒天

Posted by 独虚坊 慥調


急に寒いですね。
こんな時は、ぼたん鍋で温まるに限りますよ。

ひとりで食べる京都のぼたん鍋

とか冗談で言ってると、本当に食いたくなってきました。
まだ、紅葉さえ全然観に行ってないのに・・・。
2016年の紅葉記事も、全部は上がってないのに・・・。

ひとりでうろつく京都

曇天

Posted by 独虚坊 慥調


どうでもいいことですが、この頃、
曇天でも写真が撮れるようになりたいと思ってます。
紅葉&桜シーズンは、特にそんなことを思うんですよね。
うちのサイトは基本、ピーカンのアホみたいな絵が多いですが、
それは私の好みがアホみたいであることに依ります。
が、桜や紅葉とかは、曇天の日でもある程度は撮れないと、
そもそも撮れる日が極端に限られてしまうんですよね。
で、上の絵みたいに練習したり。でもやっぱり、好みじゃない・・・。

ひとりでうろつく京都

石清水八幡宮・頓宮前の紅葉

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮・頓宮前の池で、
割と紅葉が良い感じなので、眺める。


池の魚も、眺める。

ひとりでうろつく京都

巨大な物体が出来上がってた九条

Posted by 独虚坊 慥調


東九条へ向かって歩いてたら、
鴨川の手前で巨大な物体が出来上がってました。
なかなか風情のない光景であります。


とか思ってたら、
九条大橋の隙間には、風情あり。

ひとりでうろつく京都

宇治の無免許男、 捕まる

Posted by 独虚坊 慥調


宇治の無免許男が、
八幡でバイク曲乗りをして、捕まったそうです。

バイク曲乗りSNS投稿 無免許運転で男を逮捕 - MBS

R1の、ポンコツ街道の辺でやったみたいですね。
しみじみ、地元でやれ・・・。

ひとりでうろつく京都

梅小路公園の紅葉まつりライトアップ記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


梅小路公園の紅葉まつりライトアップ記事、アップしました。

梅小路公園の紅葉まつりライトアップを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

京都駅近くの貨物駅・梅小路駅の跡地にて、
庭園やビオトープも持つ形でオープンした、梅小路公園。
最近は、京都水族館や交通博物館もできて活況を呈してますが、
庭の方も頑張って集客すべく、紅葉期はライトアップを実施。
で、それに行って来たという記事であります。
何故かとんかつ一番を大々的にフィーチャーしてたりと、
妙な内容になってますが、出かける方は是非。

ひとりでうろつく京都

『清水寺 やること』

Posted by 独虚坊 慥調


『清水寺 やること』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
お寺ですることは、祈ることだと思うの・・・。

ひとりでうろつく京都

牛丼ばかり食ってます

Posted by 独虚坊 慥調


最近、牛丼ばかり食ってます。
予定してるクリスマスネタが、出費がかさみそうなので、
今からコツコツとでも節約しとこうという感じです。
あと、自分の中で牛丼ブームが来てるのもあるんですけど。
「牛丼って、こんなに美味かったか?」とか思うくらい、
人生最大のビッグウェーブみたいなのが、押し寄せてます。
これは、幸せなんでしょうか。あるいは、逆なんでしょうか。
とか思いながら、北大路なか卯の和風牛丼を食す。

ひとりでうろつく京都

鷺森神社の紅葉記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


鷺森神社の紅葉記事、アップしました。

鷺森神社へ紅葉を観に行って来ました。もちろん、ひとりで。

修学院・山端地域の氏神、鷺森神社。
紅葉の名所である曼殊院のすぐ近くにあって、
広大な参道で紅葉を無料で拝めるスポットとなってます。
で、そこへ無料で出かけたという内容の記事です。
記事内では「ほどほどの紅葉だ」的なことをほざいてますが、
紅葉のコンディションが良さげな今年は、混むかも知れませんね。
修学院近辺へ出かける方は、御参考に。

というわけで2016年の紅葉記事、1本は上がりました。あと、2本。
今年の紅葉が終わるまでに、アップできるでしょうか(狂)。

ひとりでうろつく京都

新京極の松竹のビル、再建中

Posted by 独虚坊 慥調


新京極を通ったら、松竹のビルが工事してました。
もともとは松竹の映画館だった所ですが、それが潰れ、
その跡をそのまんま使ったネットカフェがあった所。
そんな思い出話をする記事も、うちにはあったりします。

MOVIX京都へ 『風立ちぬ』 を観に行きました。もちろん、ひとりで。

新ビルは、やはりホテルがメインになるみたいですね。
こんな事態が出来する状況では、それも当然でしょうけど。

ひとりでうろつく京都

2016年の紅葉記事、今年の紅葉には間に合いません

Posted by 独虚坊 慥調


えと、どうでもいいことを予告させてもらいますが、
2016年の紅葉記事、今年の紅葉には多分、間に合いません。
鴨川辺りの色付きでさえ、もう御覧の感じになってるので、
恐らく、ピーク後か、下手すると終了後のアップになると思います。
全く、何をやってるのかよくわからん世界です。恐縮です。
紅葉めぐりの参考にすべく待ってる方がいるのか不明ですが、
そういう方は、以前の記事でも御覧下さいませ。

ひとりで巡る京都の紅葉

結局、物凄く強引に宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

「民泊反対」という張り紙

Posted by 独虚坊 慥調


「民泊反対」という張り紙を見かけました。
今後、どんどん見かける機会が増えるのかも知れません。
もちろん、悪いのは民泊というシステム自体ではなく、
辺り構わず騒ぐ阿呆なわけですが。

ひとりでうろつく京都

どんどん深まっていく秋

Posted by 独虚坊 慥調


秋、どんどん深まっていきますね。
葉の赤化に、紅葉記事が全然追いつきそうにない・・・。
とか思いながら眺めた、八幡・放生川の赤い葉。

ひとりでうろつく京都

シャツ一で眺める秋の鴨川

Posted by 独虚坊 慥調


気温差の激しい今日この頃です。
太陽が出てる昼間は、完全に暑いというか。
街中では、タンクトップの仏人女性さえ見かけました。
私も、シャツ一で北大路から鴨川を眺めたりしてます。
で、夜になった今は、しっかり寒い。

ひとりでうろつく京都

『ひとりフラつく京都』

Posted by 独虚坊 慥調


『ひとりフラつく京都』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
当サイトの名称は、『ひとりでうろつく京都』です。
よろしかったら、またフラっと遊びに来て下さいませ。

ひとりでうろつく京都

我慢できずにモンブラン

Posted by 独虚坊 慥調


伏見桃山のカフェベローチェに寄り、
カウンターのモンブランを見て我慢できず、食うの図。
それにしても、秋の深まり、早いですね。
早々と栗シーズンが終わりそうな勢いです。

ひとりでうろつく京都

ちょっとだけマダン

Posted by 独虚坊 慥調


マダン、夕方前にちょっとだけ行ってきました。
屋台はほぼ終了気味。なので、ひたすら演舞を堪能。
和太鼓+サムルノリのワダサム、やはりバキバキでありました。
あと、朴保、凄かった。というか、サムルノリと合体した時の客が凄かった。
ウッドストックの『ソウル・サクリファイス』みたいな状態になってました。

ひとりでうろつく京都

明日は、東九条マダン

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、東九条マダン。
京都駅近くにあるコリアンタウンのお祭りです。
うちにも記事がありますよ。

東九条マダンへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

焼肉の屋台、また出てるでしょうか。

ひとりでうろつく京都

色づく葉

Posted by 独虚坊 慥調


岡崎で、木々の葉が色づいてました。
えらく寒くなったので、紅葉、早いかも知れませんね。
2016年の紅葉記事が、間に合うか不安になってきた・・・。

ひとりでうろつく京都