私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

茅の輪めぐり2017、やってきました

Posted by 独虚坊 慥調


茅の輪めぐり2017、やってきました。
2016年のめぐりでは、水無月さえないほど食が欠落してたため、
今回は大胆にも鍋や座敷まで導入、かなり食事をがんばってます。
断じて、ハードな行脚がしんどくなったわけではありません。
ある種の聖域への特攻も、しっかりやってきました。
果して、どこへ特攻したのか、そして何の鍋を食ったのか。
それは来年のお楽しみです(狂)。

今日めぐった方も、そんな阿呆なことをしてない方も、
よければうちの夏越記事、御覧ください。

夏越祓の茅の輪をくぐりまくりました。もちろん、ひとりで。 (2011 前編)
夏越祓の茅の輪をくぐりまくりました。もちろん、ひとりで。 (2011 後編)
夏越祓の茅の輪をまたくぐりまくりました。もちろん、ひとりで。 (2012)
夏越祓の茅の輪をまたまたくぐりまくりました。もちろん、ひとりで。 (2013)
夏越祓の茅の輪をまたまたまたくぐりまくりました。もちろん、ひとりで。 (2014)
夏越祓の茅の輪をまたまたまたまたくぐりまくりました。もちろん、ひとりで。 (2015)
夏越祓の茅の輪を求めて乙訓をうろつきました。もちろん、ひとりで。 (2016)

ひとりでうろつく京都

2016年の夏越祓の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2016年の夏越祓の記事、アップしました。

夏越祓の茅の輪を求めて乙訓をうろつきました。もちろん、ひとりで。

今回は記事タイトルにある通り、乙訓をめぐってます。
乙訓。京都府の南西部にあるエリアです。読みは、「おとくに」。
JR山崎駅から出発し、いきなり天王山の山越えを決行、
長岡京市の街中を抜け、西京区の大原野エリアまでめぐりました。
めぐった神社は、離宮八幡宮→酒解神社→小倉神社→
長岡天満宮→赤根天神社→角宮神社→社乃神神社→
入野神社→大歳神社→長峰八幡宮→樫本神社→大原野神社。
これらの社のうち、茅の輪があったのは、どことどこなのか。
あるいは、どこなのか。もしくは、どこもなかったのか。
色んな意味で、大変な内容です。はっきり言って、死闘です。
めぐりを超えた、一大冒険スペクタクルと言えるかも知れません。
興味のあって、体力にも余裕のある方は、御覧ください。

jrtesr4e5e745uhytfu.jpg
去年、このめぐりを終えた日の夜に、
「終えた後に食った王将」とか書きましたが、
ここは、阪急電車・桂駅の東口にある大阪王将の店。
いわゆる王将とは、ちょっとだけ違うんですよ。
本当に「五臓六腑にしみわたる」という感じで、美味かった・・。

ひとりでうろつく京都

こんな夢を見た

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいい話ですが、昨日、
ヌートリアが人を襲う映画を観るという夢を見ました。
途中まで、人間は何とかヌートリアと闘い続けてたんですが、
終盤になってヌートリアが巨大化し、登場人物のほとんどを捕食。
街はヌートリアで埋め尽くされ、食われた人間はヌー人となり、
『進撃』のサシャみたいな女の子だけが生き残る、という映画でした。
で、その映画を私は、団体観光客だらけの激安ホテルで観てる、という。
何か、色々、疲れてる・・・。

ひとりでうろつく京都

『夏越しの払え茅の輪くグリ』

Posted by 独虚坊 慥調


『夏越しの払え茅の輪くグリ』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
もし、単なる変換ミスというのでなければ、
J-POPとかでベタなタイトルを無理矢理変換し、
何とか新味を効かせるような、あの感じなんでしょうか。
あるいは、グリっという感じでくぐる夏越祓の茅の輪が、
本当にあったりするんでしょうか。
では、「グリっとくぐる」というのは、どんな感じなんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

水無月でなくなった水無月に水無月を食う

Posted by 独虚坊 慥調


何となく三条通の米満老舗で、水無月を買って食す。
水無月でなくなった水無月に、水無月を食うという感じでしょうか。
米満の水無月、表面はプルプル寄りですが、中は割とういろう寄り。
私的には、絶妙に美味いです。小豆が甘すぎないのも、ナイス。

ひとりでうろつく京都

2016夏越の記事、まだまだ作成中

Posted by 独虚坊 慥調


2016夏越の記事、まだまだちょこちょこ作成中です。
こんな風景がいっぱい出てきて結構なことなんですが、
でも何かこういうのって、続けて見てると、疲れてきます。
夏越当日までに仕上げることができるのかどうか、
何も期待するものがなくて困ってる方は、御期待下さい。

ひとりでうろつく京都

夜の堀川通を眺める

Posted by 独虚坊 慥調


ぼーっと、夜の堀川通を眺める。
あと一ヶ月もしないうちに、祇園祭の交通規制となり、
ここにもバスが溢れるのかと思ったら、何か目まいがしました。
時間が流れるのは、早い。そしてあまりにも、暑い。

ひとりでうろつく京都

水無月な水無月に水無月を食う

Posted by 独虚坊 慥調


何となく、鳴海餅四条大宮店の水無月を食す。
「本当に水無月な水無月に、水無月を食う」という感じでしょうか。
こちらの水無月は、もっさり感よりプリプリ感が前に出たタイプ。
というか、そもそも水無月のあのもっさり感って、何なんでしょうか。
氷の硬い感じを、それとなく表現してるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

2017年6月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


6月の横山由依『京都いろどり日記』は、中華でした。
ゆいはんが、マルシンで流石に引き気味だったのが、面白かったです。


番組終盤には、サカイの冷麺も登場。
冷やし中華と韓国冷麺とも、冷やしラーメンとも全く違う、サカイの冷麺。
ただ私、みその橋の方はまだ食ったことがない・・・。

ひとりでうろつく京都

2016夏越の記事、作成中

Posted by 独虚坊 慥調


2016夏越の記事、チマチマと作り続けてます。
尺が長くて、かつ無内容なので、無意味に大変です。
無意味の極みのような内容に、御期待下さい。
写真は、巡りを終わった後に食った、餃子。
美味かった。でも、尺の関係で記事には入らない・・・。

ひとりでうろつく京都

竹伐り会の日の雨

Posted by 独虚坊 慥調


竹伐り会へ行かれた方は、どうでしたでしょうか。
朝は曇りでしたが、昼からは雨、降りそうな感じになりましたね。
水神との由縁もあるらしい、竹伐り会。やはり、雨を呼ぶのかも。
出かけた方は、帰りに雨を食らったりされてないでしょうか。
私が行った時は、帰りだけ思いっきり降りました。
時期を考えれば、降って当然ですけど。それにしても、暑い。

ひとりでうろつく京都

明日は鞍馬寺の竹伐り会式

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、鞍馬寺の竹伐り会式。
近年はすっかり金星とか宇宙エネルギーとかの鞍馬寺ですが、
人間主体時代の伝統も当然長く、竹伐り会式はそっち系の行事。
今にも土鬼文字で叫びだしそうなルックスの僧兵集団が、
ヘビに見立てた青竹をぶった斬りまくり、その速さを競います。
うちにも、記事がありますよ。

鞍馬寺の竹伐り会式へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

明日も暑くなりそうです。徒歩で山を登る人は、体調注意。
私が行った時は、帰りに大雨が降りました。天候も、一応注意。
あと狭い所なので、血走ったカメ親父の粗暴と汗臭にも注意。

ひとりでうろつく京都

大津のきつねうどん

Posted by 独虚坊 慥調


ふらっと大津へ行き、
以前から気になってたら移転してたお食事処にしおにて、
きつねうどんといなり寿司を食す。
大津のきつねうどんも、きざみなんですね。
全部合わせて、610円。安過ぎる。


大津、ふらっと歩くと、凄く和みます。
学生の頃、滋賀在住の担当教授から何度も何度も、
「君も滋賀県だろ」と間違われたのを、ふと思い出しました。
馴染む何かが、あるのかも知れません。

ひとりでうろつく京都

2017年6月17日の暑い

Posted by 独虚坊 慥調


暑い・・・。
「暑い」以外の言葉が思い浮かばないほど、暑い・・・。

ひとりでうろつく京都

2017年6月16日の暑い

Posted by 独虚坊 慥調


暑い・・・。
あじさいも干からびそうなくらい、暑い・・・。

ひとりでうろつく京都

2017年6月15日の暑い

Posted by 独虚坊 慥調


暑い・・・あまりにも暑い・・・。
街中でも、心が南国へ飛んでいく・・・。


なので、南国ではないけど洛南の伏見桃山へ行き、
カフェ・ベローチェで、コーヒーフロート飲んだった・・・。

ひとりでうろつく京都

定番の苦悩

Posted by 独虚坊 慥調


定番とも言える京都観光客迷惑じゃ記事が、出てました。

超満員のバス、消えゆく情緒…急増する訪日客に京都苦悩 - 朝日新聞

最近は、調子に乗った中国人の若者がやや減り、
古典的な中高年観光団体っぽい中国人のグループが増え、
あと欧米系のやや程度の低い団体が増えてきた感じでしょうか。
少し、安くなってきたという。私の印象に過ぎませんけど。
「もはや限界」「観光公害」というようなグチャグチャの状態を、
積極的に面白がるべく、私は自分のサイトをやってます。
もっとも、体力が無いとバカ負けする状況は確実に増えており、
最近はかなりネタ採取も日和気味なんですけどね。

ひとりでうろつく京都

大原・三千院のあじさい苑の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


大原・三千院のあじさい苑の記事、アップしました。

大原・三千院へあじさいを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

「京都・大原・三千院」の三段活用で知られる、三千院。
境内にはあじさい苑もあり、結構な人気。で、それに行ってきました。
それだけの記事ですが、梅雨時の大原は「侘」感が増して、いいですよ。
全然「侘」ではないエッセンスも、過剰に闖入してたりもしますが。
何がどう「侘」ではないのか気になる方は、記事の方を是非。

ひとりでうろつく京都

双京

Posted by 独虚坊 慥調


京都市長が、上皇関係で色々と色々なことになってます。

「上皇」京都滞在、国に要望へ 市長、特例法成立で - 京都新聞

「双京」ですか。
明治初頭みたいに、「京都」の名前がまた「西京」になったりして。
「西京区」は、「西西京区」になるんでしょうか。「西東京市」みたいに。

ひとりでうろつく京都

小川珈琲の京都駅中央口店が改装されてた

Posted by 独虚坊 慥調


久しぶりに小川珈琲の京都駅中央口店へ寄ると、
私の足腰を痛めつけ続けたカウンター席が改装されてました。
異常に高めな配置だった席が、人間並みになってましたよ。
あの高さと狭さが、妙に居心地良かったりもしたんですけどね。
とはいえ、座りやすくなったのは、ありがたいです。
カップもちょっと、変わりましたね。でも、珈琲の味は変わらず。

ひとりでうろつく京都

『嵯峨祭読み方』

Posted by 独虚坊 慥調


『嵯峨祭読み方』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
読み方はもちろん、「嵯峨祭」です。
うちの記事に、何かヒントがあるかも知れませんよ。

嵯峨祭・還幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

って、結局また、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

明日は、田植祭と蛍火の茶会

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、伏見稲荷で田植祭がありますよ。
稲を植える早乙女と、カメラマンの大群を、拝めます。
出かける方は、うちの記事も御覧下さい。

伏見稲荷の田植祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。


夜には、下鴨神社で蛍火の茶会もありますよ。
放流された蛍を人民がつかみ取りする様が、拝めます。
出かける方は、うちの記事も御覧下さい。

下鴨神社の蛍火の茶会へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

って、結局また、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

あじさい盛り

Posted by 独虚坊 慥調


今日、路傍であじさいが咲きまくってました。
昨日までの雨が、効いたんでしょうか。
今、昨年のあじさい記事を一本作ってるんですが、
シーズン中に間に合うかさえ、不安・・・。

ひとりでうろつく京都

『山吹や蛙飛んでる』

Posted by 独虚坊 慥調


『山吹や蛙飛んでる』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
何かの俳句と何かの短歌を混同されてるんでしょうか。
山吹と蛙は共に、井手の玉川の名物。当然、歌ネタにもなってます。
玉川、桜を観に行った記事がうちにもありますよ。

井手町・玉川堤へ桜を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

この記事で、短歌の腕も披露してるんですよね、私。
どうせなので、さっきのワードの続き、私が歌にしてみましょう。

山吹や 蛙飛んでる 水の上 井手の玉川 うどんも美味い

意味わからん・・・。

ひとりでうろつく京都

大阪・淀川貨物線の跡地をふらつく

Posted by 独虚坊 慥調


何故か、また大阪をふらつく。
そして何故か、淀川貨物線の跡地もふらつく。
梅田の貨物駅はかなり劇的な再開発が進んでますが、
この辺は、あんまり変わりませんね。
でもないのかな。


真上では、
やはりあんまり変わらず、飛行機が飛んでました。

ひとりでうろつく京都

縣祭り、ちょっとだけ寄ってきました

Posted by 独虚坊 慥調


縣祭り、ちょっとだけ寄ってきました。
平日、それも月曜ですが、凄い人出であります。
天気がいいからでしょうか。子供軍団、大量出動。


混雑をかわして、グリーンティーを飲んだりしましたよ。
「グリーンティーはしご」などもやってる当サイトの縣祭り記事、
よろしかったら、また読んでみて下さい。

縣神社の縣祭りへ行って来ました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

明日は宇治で縣祭り

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、明日は宇治で縣祭りです。
縣神社の「奇祭」として世に知られる、あの祭であります。
といっても、現在は夜店メインの健康優良な地元祭なんですが、
名物の梵天渡御では「神」をめぐって揉め事が起こり、分裂開催化。
うちにも、その辺の「奇」な感じを見てきた記事がありますよ。

縣神社の縣祭りへ行って来ました。もちろん、ひとりで。

あ、梵天渡御、今年も分裂開催のままだそうです。

京都・宇治の奇祭、県祭5日から 今年も渡御分裂 - 京都新聞

出かける方は、御参考に。

ひとりでうろつく京都

あじさいも戸惑う涼しさ

Posted by 独虚坊 慥調


一昨日までの暑さが嘘のように、涼しくなりました。
というより、場合によっては明らかにもう、寒い。
京都駅近くで咲いてた路傍のあじさいは、
このタイミングで咲いていいのか戸惑ってるようにも見えました。

oytdytrsyera.jpg
そういえば、明日は祇園放生会ですよ。
出かける方は、うちの記事でも御参考に。

祇園放生会へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

フランチが止まらない

Posted by 独虚坊 慥調


おとつい、フレンチのランチを食ったばっかりですが、
食うと、懐事情も関係なく、食欲の勢いが止まらなくなりました。
で、仏光寺通のビストロオルカで2180円の昼飯を食す。
狂った様な勢いで、塩の利いたステーキを食い切りました。


でも、一番美味しかったのは、前菜のソイのカルパッチョ。
すぐもう一回行って、たらふく食いたい。でも食うと、破産する・・・。

ひとりでうろつく京都

八幡市駅、 消滅した1番線の工事が始まってた

Posted by 独虚坊 慥調


京阪八幡市駅、
消滅した1番線の工事が始まってました。
また駐輪場でもできるんでしょうか。
何とも、しみじみとする光景でございます。

ひとりでうろつく京都