私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

2016年も今日でお終い

Posted by 独虚坊 慥調


2016年も今日でお終いでございます。
今年も一年、真人間でないサイトをどうもありがとうございました。
2017年は、頑張ってもっと真人間でなくなろうと思います。
真人間でない年越しを孤独に送る同志の方は、
是非うちの記事でも読んで、心を癒やして下さいませ。

2016年への年越しを、京都帝釈天で迎えました。もちろん、ひとりで。
2015年への年越しを、八幡で迎えました。もちろん、ひとりで。
2014年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。
2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【後篇】
2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【3】
    
それでは、私もぼちぼち2017年の年越しに行ってきます。
もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

2016年の年越し記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2016年の年越し記事、アップしました。

2016年への年越しを、京都帝釈天で迎えました。もちろん、ひとりで。

京都帝釈天は、南丹市船枝にある帝釈天。
700mの坂道参道に、108つのミニ鐘「願いの鐘」があるとこです。
大晦日から元旦にかけては、夜通し開門されてるので、
文字通り、除夜の鐘を108つ、全部を自分で撞けるのであります。
で、撞いてきました。アクセスが大変ですが、撞いてきました。
園部ビューホテル、映画『羅生門』、勧進聖・文覚、男前豆腐店、
寅さん、聖帝十字陵、猿、善哉、年越し蕎麦、丹波霧、
そして、ゴールデンボンバーが入り乱れる内容となっております。
京都新聞に最近チラホラ入ってる京都帝釈天の広告を見て、
出かけてみようと思ってる方は、是非観て下さい。
ただ、同じ行き方をして瀕死の目にあっても、私は知りません。

ひとりでうろつく京都

初詣の準備が進む石清水八幡宮と、トルコに惑わされる私

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮、初詣の準備が進んでました。
クリスマスが終わったと思ったら、あっという間に正月ですよ。
なのに、2016年の年越し記事が上げられない・・・。
トルコ音楽が悪いんですよ。この響きにやられて、進まないんですよ。


最初に聞いた時は「?」しか頭に浮かばなかったのに、
今ではこのギターの音が、すごく良いものに聞こえる・・・。

ひとりでうろつく京都

寒いですね

Posted by 独虚坊 慥調


寒いですね。こんな日は、温泉でぼたん鍋ですよ。

くらま温泉へ行ってミニぼたん鍋と入浴セットを堪能してきました。もちろん、ひとりで。
京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

いやあ、温かい。見てるだけも、温かい。
雑な宣伝だけど、温かい。

ひとりでうろつく京都

くらま温泉のミニぼたん鍋記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


くらま温泉のミニぼたん鍋記事、アップしました。

くらま温泉へ行ってミニぼたん鍋と入浴セットを堪能してきました。もちろん、ひとりで。

『ひとりで食べる京都のぼたん鍋』、第2弾であります。
鞍馬寺の少し北にある温泉施設、くらま温泉
そのくらま温泉へ、今年1月の大雪の日に出かけて、
ミニぼたん鍋と温泉をダラダラと堪能したという記事です。
で、それだけです。ひたすらに、それだけです。
温泉がどんな感じか、ミニぼたん鍋がどんな感じか、
そして雪の鞍馬がどんな感じか、確認したい方は、是非。


なお、この記事にも、独虚坊くんは登場します。
私の寝転ぶ姿、たっぷりと御堪能下さい。

ひとりでうろつく京都

無意味に忙しい

Posted by 独虚坊 慥調


ぼたん鍋の記事、
明日辺り、もう一本上げられそうなんですよね。
あと、年越しの記事も、ギリギリで間に合うかなと。
年明けには、大型のネタが待ってます。
というわけで、無意味に忙しい最近の私です。
この徒労が報われる日は、来るんでしょうか・・・。

ひとりでうろつく京都

2016年のクリスマス、やってきました

Posted by 独虚坊 慥調


2016年のクリスマス、やってきました。
昨日の夜、ケーキを食いまくって気分が悪くなり、
翌日午後の現在に至るも、まだ何も口にしていません。
さて、今年は何をやったのか。
どっかのクリスマスバイキングにでも潜入したのか。
人気ケーキ店のケーキを片っ端から食いまくったのか。
わかるのは、例によって、来年の今頃です(狂)。
それまでは、以前の記事でも見て下さい。

妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【前編】
妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【後編】

京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】

橋本の多津美旅館で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
橋本の多津美旅館で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
橋本の多津美旅館で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】

ホテル洛西で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
ホテル洛西で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

今は腹が気持ち悪いというより、糖分のせいか、頭が痛い・・・。

ひとりでうろつく京都

というわけで、2016年もクリスマス

Posted by 独虚坊 慥調


というわけで、2016年もクリスマスでございます。
暇でしょうがない方は、うちの記事でも見て心を温めて下さい。

妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【前編】
妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【後編】

京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】

橋本の多津美旅館で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
橋本の多津美旅館で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
橋本の多津美旅館で、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】

ホテル洛西で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
ホテル洛西で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

で、私はただいま、2016年のクリスマスを決行中です。
今年はどんな鍋を食らうのか。遂に、蟹か。あるいは、麻婆鍋か。
結果は、来年のお楽しみ(狂)。

ひとりでうろつく京都

2015年のクリスマス記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2015年のクリスマス記事、アップしました。
今回は、大原温泉+ぼたん鍋で、聖夜を過ごしております。

京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
京の民宿・大原の里にてぼたん鍋を食べて聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

京都の四方の「境界」すなわち「四堺」 を、
時計回りにめぐってきた、当サイトのクリスマス企画。
最後の鬼門たる「艮」は、極めて難易度の高い「境界」となるため、
手前の大原温泉・大原の里にて、温泉&猪肉でしっかり滋養を確保。
万全の体制を整えた上で、攻略することにしました。
というわけで当記事は、クリスマス「四堺」 めぐりの完結篇となります。
「そんなもん、いつから始まってたんだ」と訊かれたら、
私も知らないうちに始まってたんですよね、これが。
断じて、いい加減に楽しようとグルメ&温泉へ逃げたわけではありません。
「温泉&猪肉」での検索流入を狙ってるわけでもありません。


あ、ちょっと前、
「雪だるま君の代わりに何かが登場する」と書きましたが、
登場するのは、浴衣姿にサンタ帽をかぶった独虚坊くんです。
基本、宿で食って寝るだけなので、絵面が単調になるのを危惧して、
サンタ帽持参であれこれと出しゃばり、絵に変化をつけてます。
というわけで、暇な方は読んでみて下さい。

ひとりでうろつく京都

2016年12月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


12月の横山由依『京都いろどり日記』は、忍者でした。
美松会館の忍者レストラン、面白そうですね。
前を通る時はゆいはんと同様、ドン引きになるんですけど・・・。

ひとりでうろつく京都

平安神宮の前に何か出来てた

Posted by 独虚坊 慥調


岡崎へ寄ると、平安神宮の前に何か出来てました。
『京野菜フェスティバル』というのが、23日からあるそうですよ。
聖護院大根、安くで買えたりするのかな・・・。

ひとりでうろつく京都

やはりオバマ

Posted by 独虚坊 慥調


北陸新幹線、「小浜京都」ルートで正式決定だそうです。
正式に決まってなかったのかと思いましたが、とにかく決定だそうです。

「小浜京都」を正式決定 北陸新幹線延伸ルートで与党PT - 産経新聞

北から来る北陸新幹線、京都駅にはどうやって入るんでしょう。
岩倉までトンネルぶち抜きで、そのまま烏丸線の下にでも入るか。
山科あたりでトンネルから出て、東海道線に合流して入るか。
西側から出て、市街地は山陰線の高架の上でも走るか。
とにかく、完成するまでは生きていたい・・・。

ひとりでうろつく京都

何故かトルコ

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいいことですが、
最近、70年代のトルコ音楽にハマってます。
まだ、個々のミュージシャンの名前さえわからん段階ですが、
でも、暇さえあればとりつかれたように聴いてます。
来年は、うちのサイトもトルコ化が進むんでしょうか・・・。
というか、トルコ化とは一体、どういう状態なんでしょうか・・・。
上の曲は、できたら3分半あたりから聴いて下さい。


聴いてると、何かトルコ料理が食いたくなりました。
どっか、食いに行こうかな。というか、店、そんなにあるかな。
写真は、今は亡きカッパドキアの、煮込みランチに付いてた、何か。

ひとりでうろつく京都

雪だるま君の代わりに登場するもの

Posted by 独虚坊 慥調


昨日、
「2015年のクリスマス記事には雪だるま君が登場しない」
と書きましたが、代わりに別の何かが登場します。
別の何かとは、何か。また、100均で仕入れた何かなのか。
あるいは、もうちょっとマシな何かなのか。その辺、お楽しみに。
あと、今回の記事は、完結篇でもあります。
完結篇とは、何の完結篇なのか。クリスマスネタを止めるのか。
あるいはサイト自体を終えるのか。その辺も、お楽しみに。
写真は、2012年のボツ写真。

ひとりでうろつく京都

2015年のクリスマス記事、概ね仕上がる

Posted by 独虚坊 慥調


2015年のクリスマス記事、概ね仕上がりました。
まあ、ひどいもんですよ。色んな意味でひどいもんですよ。
どうひどいかは、アップするまでのお楽しみ。
あ、上のは2012年のもの。雪だるま君は、今回も登場しません。
というか、今は部屋のどこにいるのかも、わからない・・・。

ひとりでうろつく京都

そういえば、嵐山花灯路

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば、嵐山花灯路が行われてるのでした。
寒い中を出かけるという物好きの方は、うちの記事も御参考に。

京都・嵐山花灯路2013へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
京都・嵐山花灯路2010へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

しかし、本当に寒い・・・。

ひとりでうろつく京都

『柿 車 京都 連想する』

Posted by 独虚坊 慥調


『柿 車 京都 連想する』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
「柿 車 京都」で連想するといえば、大枝のラブホ街ではないでしょうか。
R9を走る車がバンバカ入っていく、大枝のラブホ。
そして、その近くの農家の軒先で無人販売されている、柿。
うちにも、クリスマスにひとりでラブホへ泊まった記事がありますよ。

ホテル洛西で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
ホテル洛西で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

そう、この記事では柿が食えなかったんですよね。残念。
代わりに小倉トーストを食ってるので、勘弁して下さい(狂)。

ひとりでうろつく京都

六波羅蜜寺のかくれ念仏が始まってます

Posted by 独虚坊 慥調


六波羅蜜寺のかくれ念仏が始まってます。
鎌倉の念仏弾圧時代、念仏を守るため始まったという、かくれ念仏。
うちにも記事がありますよ。って、結局また、宣伝かい。

六波羅蜜寺のかくれ念仏へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

それにしても、もう12月も折り返しだなんて、
時間が経つのが早過ぎる。

ひとりでうろつく京都

寒いので、駅そば

Posted by 独虚坊 慥調


寒いですね。
なので、思わず駅そばでうどんを食べました。
寒い時に食う駅のうどんは、何故美味いんでしょうね。
いつ食っても美味いといえば美味いですが。
でも、今日は確実に混んでました、丹波橋の駅そば。

ひとりでうろつく京都

Posted by 独虚坊 慥調


今年の漢字は、『金』でございました。
やっぱり世の中、金でっせ。2016年はそういうわけであります。

今年の漢字「金」=五輪など反映-京都・清水寺 - Jiji.com

いや、「かね」というよりは、「きん」という感じでの決定でしょうけど。

ひとりでうろつく京都

明日は「今年の漢字」発表

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、「今年の漢字」の発表。
清水寺にて漢検が行う、例のあれでございます。
今年は、何なんでしょうね。『薬』とかだと、笑いますが。
うちには、発表を見に行った記事がありますよ。
よろしかったら、御覧下さい。って、結局また、宣伝かい。

清水寺で行われた「今年の漢字」発表へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

しょうがなくない大中

Posted by 独虚坊 慥調


大中へ行くと、肉の感じが変わってました。
で、よくよく見ると、メニューも変わってました。
で、よくよく調べると、ずっと前からメニューが変わってました。
以前ここで、
「大中、元味・麺やらかいめ・キムチ入りで俺は頼むぜ」
とか書きましたが、あの時点で元味なんかなかったのでした。
完全に惰性だけで注文し、店の人もそれに応えてくれてたのでした。
そのことに、気付きました。恥ずかしい。そして、すんません。
これからは、「並+麺やらかいめ」で注文します。
ただこれはこれで、大昔に戻るって感じなんですけど・・・。

ひとりでうろつく京都

凄い丹波

Posted by 独虚坊 慥調


用事で丹波へ行ってきました。
何か、景色が凄いですね、丹波。
美山でなくてもそこら中に古民家があったりして。
そのうち、丹波でひとり野外すき焼きとか、してみたい。

ひとりでうろつく京都

明日から鳴滝・了徳寺の大根焚

Posted by 独虚坊 慥調


明日から、鳴滝・了徳寺の大根焚が始まります。
大根だきの代名詞のような大根だきであります。10日まで。
うちにも記事がありますよ。

鳴滝・了徳寺の大根焚へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

って、結局また、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

北陸新幹線、小浜ルートで決まりらしい

Posted by 独虚坊 慥調


北陸新幹線、小浜ルートで決まりらしいですね。

北陸新幹線、小浜京都で大筋合意 与党PT、20日にも決定 - 京都新聞

これで遂に、小鶴線が形を変えて実現するわけですね。
小浜の鯖が、私を呼んでいる・・・。
あと、美山駅 or 周山駅もできてほしい・・・。

ひとりでうろつく京都

明日から千本釈迦堂で大根だき

Posted by 独虚坊 慥調


明日から、千本釈迦堂で大根だきが始まります。
明日と、明後日と。出かける方は、うちの記事も御参考に。

千本釈迦堂の大根焚きに行ってきました。もちろん、ひとりで。

この記事で行った際は、紅葉が残ってましたが、
今年はちょっと無理な感じでしょうか。
でも無論、一番大事なのは、大根です。そして、揚げです。

ひとりでうろつく京都

『京都大根炊き持って帰れるの』

Posted by 独虚坊 慥調


『京都大根炊き持って帰れるの』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
持って帰れるところも、あります。くわしくは、うちの大根炊き記事をどうぞ。

ひとりで温もる京都の大根焚き

って、結局また、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

熊ってる

Posted by 独虚坊 慥調


京都府、かなり熊ってますね。

線路内のクマはねる 京都・JR舞鶴線 - 京都新聞

庭にクマ、男性殴って撃退 京都・南丹の民家で襲われ軽傷 - 京都新聞

トイレ行こうとしたら、クマが! 京都・福知山、男性襲われけが - 京都新聞

人よりクマが大切? 京都府の保護政策に疑問の声 - 京都新聞

ぼちぼち、京都市街地にも出て来る感じでしょうか。

ひとりでうろつく京都

ぼちぼちと、クリスマス

Posted by 独虚坊 慥調


2015年のクリスマス記事、早くも出来上がりつつあります。
ただ、他にもアップするものが多いので、公開はまだ先です。
忙しいんですよ、これから。誰に頼まれてるわけでもないですが。
あと、今年のクリスマスの行先も、もう決めました。
思いっきりしんどいのと、思いっきり楽なのを、天秤にかけ、
もちろん楽な方を選びました。
思いっきりしんどい方、生きてるうちにできるかな・・・。

ひとりでうろつく京都

『低い空中からみた昭和初期の山科』

Posted by 独虚坊 慥調


『低い空中からみた昭和初期の山科』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
何故うちがヒットしたのかは不明ですが、とにかく、渋いですね。
私は、国土地理院の閲覧サービスをよく見るんですが、
「昭和初期」「低い空中」というのは、ちょっと見当たりません。
あっても多分、田んぼばっかりな気もしますが。

ひとりでうろつく京都