私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

暑い

Posted by 独虚坊 慥調


暑いですね。
空の色も、妙。PM2.5でしょうか。
頭が猛烈に痛いです。そんな四条堀川。
どんな四条堀川だって話ですが。

ひとりでうろつく京都

『京をどり 都をどり どちらがいい』

Posted by 独虚坊 慥調


『京をどり 都をどり どちらがいい』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
どっちもいいと思いますよ。両方、2000円台の席があるし。
うちにも両方の記事があるので、参考にしてください。

祇園へ都をどりを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
宮川町歌舞練場へ京おどりを観に行きました。もちろん、ひとりで。

って、結局また、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

『京都の町は学生天国』

Posted by 独虚坊 慥調


『京都の町は学生天国』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
京都が学生天国、ですか。どうなんでしょうね。
私は学生の時、そんな風に思ったことはないですけど。
そう思える人はそう思える、そんな感じではないでしょうか。

ひとりでうろつく京都

ゆいはん、 「私服センスなし女」で優勝

Posted by 独虚坊 慥調


我らがゆいはんが、
「私服センスなし女」で優勝し、波乱を呼んでるそうです。

AKB横山由依「私服センスなし女」優勝 - デイリースポーツ

そういえば昔、入江敦彦が『京都人だけが知っている』で、
京女の服のセンスの無さについて考察してたのを、思い出しました。
確か、京都の女にとって服装を意識するということは、
常に立場や目的、つまりパブリックを意識するということであり、
パブリックを想定しない「私服」となると、見当がつかなくなる、
みたいな話だったと思いますが、間違ってたらすんません。

KISSものを着るかどうかの判断は、
パブリック云々とも見当云々とも別の所にある気がするけど・・・。

ひとりでうろつく京都

明日は、北野天満宮の梅花祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、北野天満宮の梅花祭。
当サイトでも、野点を拝服しに行った記事がありますよ。

北野天満宮の梅花祭へ行って、野点を拝服してきました。もちろん、ひとりで。

あと、野点以外をいろいろうろついた記事もあったりして。

北野天満宮の梅花祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

拝服券がゲット出来た方は前者を、
出来なかった方は後者を、それぞれ是非ご覧下さい。

ひとりでうろつく京都

京都駅の奈良線ホーム、拡がる

Posted by 独虚坊 慥調


久しぶりに京都駅からJR奈良線に乗ると、
御覧のように、線路を埋めてホームの幅が拡がってました。
近年は、伏見稲荷行きか東福寺乗り換えなのか、
とにかく中国人が大量に滞留し、落ちそうになってましたが、
混雑、これで多少はマシになるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

明日は、醍醐寺の五大力

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、醍醐寺の五大力ですね。
御覧のような巨大な餅を持ち上げる餅上げ大会も、開催。
うちでも、雨の中を出かけてますよ。雨でも、大盛況でしたが。

醍醐寺の五大力へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

明日は、天気はまあまあみたい。どれほど、人が来るんでしょうか。
そして、ゆず・北川悠仁による餅奉納は、今年も行われるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

『石ころだらけの土地 利用法 田舎』

Posted by 独虚坊 慥調


『石ころだらけの土地 利用法 田舎』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
本当にうちは、一体何のサイトなんでしょう。

ひとりでうろつく京都

『ひとりでさまよう京都』

Posted by 独虚坊 慥調


『ひとりでさまよう京都』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
そんな阿呆なサイトが、どこかにあるんでしょうか。
因みに、うちのサイトの名前は、『ひとりでさまよう京都』です。
清涼寺に北野をどりと、ぼちぼち春ですね。

ひとりでうろつく京都

通りかかった京都水族館の前

Posted by 独虚坊 慥調


京都水族館の前を通りかかると、
ライトが面白かったので、ちょっと眺めました。
水族館、ぼちぼち特攻してみましょうか。
とか言うようになってから、もう何年経つんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

2016年2月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


2月の横山由依『京都いろどり日記』は、
リノベ系やら老舗の新展開店とかをめぐってました。
nikiniki aka 聖護院八ッ橋の雪だるま、かいらしですね。
全くどうでもいいことですが、
木屋町通のエロゾーンへ入る手前にあるnikiniki、
白めの外観ゆえか、いつも無料案内所に見えてしまうのは、
私に外道の民だからに決まってます。

ひとりでうろつく京都

『生ゴムスーツ』

Posted by 独虚坊 慥調


『生ゴムスーツ』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
本当に、本当に、うちは一体何のサイトなんでしょう。

ひとりでうろつく京都

『でき た 京都 で ババア一人 で 遊べるところ』

Posted by 独虚坊 慥調


『でき た 京都 で ババア一人 で 遊べるところ』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
そんなところが、京都にできたんでしょうか。
そして、そんなところとは、一体どんなところなんでしょうか。
世の中とは、実に不思議なものでございます。

ひとりでうろつく京都

寒い

Posted by 独虚坊 慥調


また急に寒いですね。
たまたま北山通を歩いてると、
歩いてる人の冬格好と、物理的な気温で、
標高が高い分、やはり八幡より寒いと思いました。
って、帰って来たら、こっちも全然寒かったんですけど。
写真は、北山大橋から見た、冬の加茂川。

ひとりでうろつく京都

例年通り、ブルー・バレンタイン

Posted by 独虚坊 慥調


バレンタイン・デーでございます。
といっても、別に何もないですけどね、例年通り。
例年通り、トム・ウェイツの『ブルー・バレンタイン』を聞いて、
ブルーなバレンタインをお過ごし下さい。
もっとブルーになりたい方は、うちのバレンタインネタ記事もどうぞ。

バレンタイン・スイーツラリーをやらかしてみました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
バレンタイン・スイーツラリーをやらかしてみました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

あ、それとエジソン生誕祭の記事、ちょっと修正しました。
エジソン記念碑について、何の前振りも説明もなく話を始めてて、
「石清水八幡宮とエジソンの関係、知ってて当然」的な、
地元民の思い込みが丸出しになってたので、ちょっとだけ直してます。
といっても、基本的なふざけ度は全然変わらないんですけど。

石清水八幡宮のエジソン生誕祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

『誰も知らない京都の春』

Posted by 独虚坊 慥調


『誰も知らない京都の春』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
「誰も知らない」ことが、検索するとわかるなんて、
インターネットというのは実に便利で不思議なものであります。

ひとりでうろつく京都

三千院、現在、初午大根焚き中

Posted by 独虚坊 慥調


大原・三千院では現在、初午大根焚きが行なわれてます。
拝観で中へ入ると、別料金なしで頂けるという、ありがたい行事です。
私が行った時はおかわりし放題でしたが、今年はどうなんでしょう。
おかわりの詳細については、うちの記事をどうぞ。って、また宣伝かい。

大原・三千院の幸せを呼ぶ初午大根焚きへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

ゲスの極み事務所

Posted by 独虚坊 慥調


昨日は、ゲス商人の眼を持つエジソンの生誕祭記事をアップしましたが、
今日は、ゲス●●の●を持つ議員・宮崎謙介の事務所を見に行ってきました。
といっても、伏見にあるので、実際は通りかかっただけですけど。
ガソリンスタンドを転用した謎の事務所、人の気配はなく、マスコミの姿もなし。
あ、私は倫理感が欠落した人間なので、不倫を責める気はないですよ。


こういう揉め事は、やっぱり両成敗で、いいじゃない。
誰と誰をどうするのが両成敗なのか、さっぱり見当が付きませんけど。
ゲスの極み乙女、いいコードを使いますね。

ひとりでうろつく京都

石清水八幡宮のエジソン生誕祭の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮のエジソン生誕祭の記事、アップしました。

石清水八幡宮のエジソン生誕祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

かの発明王エジソンが、電球の実用化に際して、
フィラメントの材料に石清水八幡宮の竹を採用したという、縁。
その縁に基づき、境内にはエジソン記念碑なるものが建ってるんですが、
エジソン生誕祭は、その記念碑の前で行なわれる祭典であります。
エジソンの秘められし霊界研究と、神々のシンクロニシティとの交錯が、
極東の神仏習合神の前にて、和洋も習合する形で人類の「未来」を見せる様、
そしてその「未来」を、妖しき絵馬越しに垣間見る様、とくと御覧下さい。
発明王と蒲鉾を結ぶ密かなリンクや、硬化型クラリオン星人、
アストラル通信塔にGHQまで登場するので、その筋の方はお楽しみに。

・・・いや、えと、あの、冗談ですからね。冗談で言ってるんですからね。
乏しいネタを無茶な冗談で無理矢理盛り上げてる、そんな記事です。
2日連続のアップですが、自分ではまた、結構気に入ってます。
興味がわけば、是非。

ひとりでうろつく京都

城南宮の七草粥の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


城南宮の七草粥の記事、アップしました。

城南宮へ七草粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

その名の通り、平安京王城の南を守護した、城南宮。
平安末期には院政の舞台・鳥羽離宮の中心ともなった社です。
それゆえか、正月の七草粥は旧暦タイムである2月11日に、斎行。
そんなロイヤルな社のロイヤルな七草粥を食べに行ってます。
周辺の離宮跡公園、その近くの南インター・ラブホ街もうろつき、
さらには謎のひとり餅祭まで勃発させてる、妙な記事です。
適当に流して作った割には、何か自分では気に入ってます。
明後日の七草粥に行かれる方もそうでない方も、是非。

ひとりでうろつく京都

今日は初庚申

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば、今日は初庚申でしたね。
八坂庚申堂の初庚申、行かれた方はどうだったでしょうか。
よろしかったら、うちの記事も御覧下さい。って、また宣伝かい。

文の助茶屋へ寄ってから、八坂庚申堂の初庚申へ行きました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

『亀岡 鍬山神社の鳩と兎は出雲氏と天皇家ですか?』

Posted by 独虚坊 慥調


『亀岡 鍬山神社の鳩と兎は出雲氏と天皇家ですか?』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
さあ、どうなんでしょうね。私には、ちょっとよくわかりません。
出来れば、鳩か兎に訊いてみて下さい。

ひとりでうろつく京都

初午

Posted by 独虚坊 慥調


初午ですね。
全くどうでもいいことですが、
「お姉さん、初午どすえ」みたいな伏見稲荷のCM、
最近見ない気がするのは、放送がなくなったからでしょうか。
あるいは、私が全然TVを見なくなったからでしょうか。

ひとりでうろつく京都

ひと粒綾部店の山くじら鍋

Posted by 独虚坊 慥調


用事で綾部へ行き、
ひと粒綾部店にて山くじら鍋を食いました。
京都府中丹エリアである綾部・福知山・舞鶴では現在、
『京都中丹ジビエフェア』なるものをやってて、こちらの鍋もその一環。
山くじらとは、イノシシ。つまり、ボタン鍋ですね。
これだけの内容で、1480円。綾部の物価、どうなってるんでしょう。


肉と野菜は、別盛り。綾部の物価、どうなってるんでしょう。
肉は、薄めかつ冷凍されたまんまでサーブされましたが、
値段を考えれば、むしろ誠実な姿勢と言えるのではないでしょうか。
火が通ってすぐでも、煮込んでも、美味し。あと、野菜もまた実に美味し。


付属の卵を大将の言いつけ通りに鍋へ入れ、
御飯にかけると、イノシシ風味の温玉丼が出来上がりました。
これまた狂おしく、美味し。卵も、明らかにいいものを使ってて、美味し。
親子丼が評判の店だそうですが、それがよくわかる味です。
メインサイトの記事にできるよう、準備していけばよかった・・・。

ひとりでうろつく京都

『浴槽内の入浴中セックスは問題ないか』

Posted by 独虚坊 慥調


『浴槽内の入浴中セックスは問題ないか』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
節分で疲れて帰って来ると、これがバーンと来ました。
本当にうちは一体、何のサイトなんでしょう。
そして私は一体、何をしてるんでしょう。

ひとりでうろつく京都

『一人豆まき』

Posted by 独虚坊 慥調


『一人豆まき』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
やりますね。今頃、内なる鬼との精神戦を展開されてるんでしょうか。
私も、一人豆まきはしてませんが、節分、やってきました。
というか、現時点でもまだ、やってます。しんどい・・・。

ひとりでうろつく京都

節分でございます

Posted by 独虚坊 慥調


節分でございます。
というわけで、うちの記事を列挙しときます。って、また宣伝かい。

吉田神社の節分祭・追儺式へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

2011年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【1】
2011年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【2】

2012年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【1】
2012年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【2】
2012年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【3】

2013年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【前篇】
2013年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【後篇】

2014年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【前篇】
2014年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

2015年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。

明日は私も出撃します。
今年はちょっと、気合い入れてやってきますよ。

ひとりでうろつく京都

2015年の節分記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2015年の節分記事、アップしました。

2015年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。

いつもは前後篇とかにする節分めぐりですが、今回は1本だけ。
年々手抜きが進行し、遂に1本となりました。その分、妙に長いですが。
松尾大社では、御覧の怖過ぎる鬼 from 石見神楽の舞と、豆撒きを見て
立ち寄った神泉苑では、神泉苑狂言で割られるほうらくを奉納
壬生寺でも狂言で割るほうらくを奉納してから、節分狂言を再観賞し、
帰りには因幡薬師に寄ったという、ゆる過ぎる内容であります。
見所は、松尾の豆撒きと、やはり壬生寺でしょうか。
めぐりをやらかすという方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都