私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

トップ画像、6月版に変えました

Posted by 独虚坊 慥調


こちらのトップ画像、6月版に変えました。
一日早いですが、一月早く暑さが来てるから、しょうがありません(狂)。
本当に、鬱な暑さです。紫陽花でも見て、涼しくなって下さい。

ひとりでうろつく京都

アニメの縣祭とリアルの縣祭

Posted by 独虚坊 慥調


京アニの『響け!ユーフォニアム』 に、
もうすぐ開催される縣祭が登場したそうですよ。
現実とのあまりの違いが、脳髄に響く・・・。
リアルの縣祭の方はうちでも記事にしてるので、
興味のある方はどうぞ、ってまた宣伝かい。

縣神社の縣祭りへ行って来ました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

入学の日に

Posted by 独虚坊 慥調


京大の新入生が、入学早々逮捕されたそうです。

京大入学の日に盗撮疑い、逮捕 別の新入生が犯行撮影 - 京都新聞

世の中、どうなってるんでしょうか。
あるいは、常にこんなもんだったんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

チャッピー、C-17

Posted by 独虚坊 慥調


昨日、くずはTOHOで『チャッピー』を観ました。
スクリーン1のC-17番席で。堂々の席番晒しであります。
何でこんなことをするかといえば、全然人が入ってなかったから。
3人しかいなかったんじゃないでしょうか。快適過ぎて、もはや異常。
内容の方は、まあまあ。『第9地区』ほどではないという感じ。
深みがもう少しあると、嬉しいというか。とにかくゴーストダビング、雑過ぎ。

それと、一般的には理解不能の話かも知れませんが、
あの「親」と「教育」の感じ、そしてそれらの描き方が持つ妙な距離感、
また「自分の可能性を疑うな」云々といったセリフなどに、
八幡人的には、変なリアリティを感じたりしました。
南アフリカ出身という監督は、私と似た心性を持ってるんでしょうか。



ひとりでうろつく京都

『京都バス停東一口何と読む』

Posted by 独虚坊 慥調


『京都バス停東一口何と読む』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
「京都バス停」は、「きょうとばすてい」と読みます。
「バス」は、半角表記であっても「ばす」と読むので、要注意です。
「東一口」の読み方については、
東一口・双盤念仏の記事でネタにしてるので、そちらでどうぞ。

東一口・安養寺の双盤念仏を見に行ってきました。もちろん、ひとりで。

というか、あそこって京都バスのバス停、あったっけ・・・。

ひとりでうろつく京都

『先斗町一人出歩くとひろい』

Posted by 独虚坊 慥調


『先斗町一人出歩くとひろい』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
何なんでしょうか、このワードの意味は。
「一人で歩くと、広い」という意味だとは思うんですが、
その言葉自体の意味が、ちょっとよくわかりません。
何人で歩こうとあの道は狭いと思いますが、どうでしょう。

ひとりでうろつく京都

何故か、大津。

Posted by 独虚坊 慥調


何故か、大津。
商店街を通ろうとして、路上の電車を待つの図。
ちょっとだけウロウロしましたが、いいですね、大津。
何回か言ってますが、「ひとりでうろつく滋賀」、やってみたい。

ひとりでうろつく京都

今日は、下御霊神社のお祭り

Posted by 独虚坊 慥調


今日は、下御霊神社のお祭り。
ちょくちょくと、検索して飛んで来る方がいらっしゃいました。
無事に斎行されたんでしょうか。


うちでも、2011年に記事にしてます。

下御霊神社の還幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

興味がある方は、どうぞ。って、また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

明日は、嵯峨祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、嵯峨祭。
嵯峨釈迦堂から嵐山一帯を、二基の神輿と、
御覧のような剣鉾が練り歩く祭です。
うちでは、2012年に行って記事にしてます。

嵯峨祭・還幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

明日出かける方は、是非御参考に。って、また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

宇治の縣祭り、また分裂

Posted by 独虚坊 慥調


宇治の縣祭り、また分裂するそうです。

暗夜の奇祭、再び分裂へ 京都・宇治、県祭の梵天渡御 - 京都新聞

奉賛会と神社で、梵天渡御をそれぞれ開催してる、縣祭り。
去年は奉賛会側が正常化を目指し自粛したわけですが、状況は動かず、
今年はやるということになったんだとか。
2004年から2013年までのフォーマットでの開催となるわけです。
というわけで、2012年のうちの記事も、どうぞ。宣伝かい。

縣神社の縣祭りへ行って来ました。もちろん、ひとりで。

あ、上の写真は、奉賛会側の梵天。

ひとりでうろつく京都

2015年5月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


5月の横山由依『京都いろどり日記』
長岡京市でたけのこを掘る様を、ぼ~っと見る。
八幡も、たけのこ料理が増えればいいのにとか思いながら。

ひとりでうろつく京都

『黒い十人の女』

Posted by 独虚坊 慥調


京都文化博物館にて、
市川崑特集上映『黒い十人の女』を観る。
恐い。あまりにも、恐い。
そして、中村玉緒が可愛い。あまりにも、可愛い。
半世紀以上前の作品+館所蔵のボロフィルムなのに、
オープニングに漂うハイビジョン感は、何事かと。

ひとりでうろつく京都

『今すぐSEXしたい 左京区』

Posted by 独虚坊 慥調


『今すぐSEXしたい 左京区』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
そうですか。今すぐしたいですか。大変ですね。
ただ、左京区というくくりは、一体どういうことなんでしょうか。
それ以前にうちは、本当に一体何のサイトなんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

三船祭

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば車折神社の三船祭が、
去年の中止から一転して、今年から復活したのでした。
細かいディティールに、変化はあったのでしょうか。
そのあたりを確認したい方は、うちの2012年の記事でも御覧下さい。

車折神社の三船祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

って、また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

『松尾大社還幸祭赤飯座』

Posted by 独虚坊 慥調


『松尾大社還幸祭赤飯座』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
昨日アップしたばかりの松尾祭・還幸祭のページがヒットして、
ありがたやありがたやでございます。
今日のおかえり、赤飯座の神饌は例年通りでしたでしょうか。
赤飯座という字を見て、「せきはんざ?」と思った方は、
うちの還幸祭の記事でも見てやって下さい。

松尾大社の還幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
松尾大社の還幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

また宣伝かい、という話であります。

ひとりでうろつく京都

松尾大社の還幸祭の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


松尾大社の還幸祭の記事、アップしました。

松尾大社の還幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
松尾大社の還幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

「洛西の総氏神」と呼ばれるほど広大な氏子域を持つ松尾大社
6基の神輿が巡幸しまくる春の大祭・松尾祭の、いわゆる「おかえり」です。
早朝から各神輿が各町を文字通り巡幸しまくる規模デカ過ぎな祭のため、
うちでは西寺跡+本社宮入りをメインにした、日和気味な内容となってますが、
熱気や迫力みたいなのがちょっとでも伝われば、幸いであります。
今年のおかえりは、明日。記事アップ、ぎりぎりで間に合った・・・(狂)。

ひとりでうろつく京都

セッション

Posted by 独虚坊 慥調


映画『セッション』を、昨日やっとこさ見る。
くずはのTOHOが1100円の日だったので、行きましたよ。
毀誉褒貶が激しいので、自分はどっちの目が出るのかなと、
リトマス試験紙にかかる気持ちで行ってきましたよ。
結果は、どっちでもなかったというか。
映画的体力が異常に高いB級馬鹿映画、とでもいうか。
異常なくらい面白いけど、感動はするかなあ、と。



ひとりでうろつく京都

明日は、葵祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、葵祭。
奉仕およびバイトで出る方は、御苦労様です。
交通規制を喰らう方も、御苦労様です。
行列を追尾しようという御苦労かつ物好きな方には、
うちの追尾記事でも参考にしてみてはいかがでしょうか。
また宣伝かい。

葵祭・路頭の儀を追尾してみました。もちろん、ひとりで。 (1)
葵祭・路頭の儀を追尾してみました。もちろん、ひとりで。 (2)

天気、どうなるでしょうか。

ひとりでうろつく京都

『ながめがわ 先斗町 服』

Posted by 独虚坊 慥調


『ながめがわ 先斗町 服』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
「ながめがわ?何?」とか思ったんですが、多分、眺河のことですね。
あの店名、私は今の今まで「ちょうが」と読むと思ってましたよ。
眺河で服ですか。着るべき服ということですか。う~む。
運営会社がC&Dというとこなので、C&C Music factoryにひっかけて、
バブリーな格好で決めていくとか、どうでしょう。



「えびばでだんすなう」ですよ、もちろん、ひとりで。

良い感じで暑いため、床にはちょうど良い季節ですが、
今年は特攻、色んな事情で難しそう・・・。

ひとりでうろつく京都

『京福電気鉄道 由来』

Posted by 独虚坊 慥調


『京福電気鉄道 由来』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
京福電車は、その名前が表している通り、
京都と福井を結ぶ計画の元に建設が始められた鉄道です。
現在の終点である鞍馬から山を越え、
日本海側へ出ようとしましたが、当然、挫折しました。
結局、京都の現・嵐電&現・叡電、福井の現・えちぜん鉄道が、
バラバラで営業するということになってます。

・・・というのは嘘なんですが、どこまでが嘘なのかは、
是非御自分でお調べになってみて下さい。

ひとりでうろつく京都

明日は、下鴨神社の御蔭祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、下鴨神社の御蔭祭。
「神の更新」とでも言いたくなる神事を毎年行う、上賀茂神社と下鴨神社。
上賀茂神社は御阿礼神事、そして下鴨神社はこの御蔭祭。
そもそもは葵祭のコスプレパレードも、この更新された神へ挨拶すべく、
御所が勅使を派遣してるだけのことだったりします。
ある意味、葵祭の各種神事の中で最も重要なものと言えるかも知れません。
実際の感じは、下鴨には珍しくネイティブ感溢れるものだったりしますが。
そんな感じ、うちでも記事にしてます。

下鴨神社の御蔭祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

明日出かける方は、是非。って、また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

『二条城 城らしくない』

Posted by 独虚坊 慥調


『二条城 城らしくない』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
何なんでしょう、この連投ぶり。そんなに城らしくないでしょうか。
チャーミングチャーハンでも食べながら、考えてみましょうか。

ひとりでうろつく京都

明日は、新日吉祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、新日吉祭。
熊野狂いで知られる後白河法皇が、
日吉大社も崇敬しまくり新熊野の近くに立てた、新日吉神宮。
新日吉祭は、その新日吉神宮のお祭りです。
七条一帯の鳳輦巡行や行装列、剣鉾差し、
何故か秀吉の豊国神社前で大展開される御覧の露店など、
見所は多く、うちでも記事にしています。

新日吉神宮の新日吉祭・神幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

明日出かける方は、参考にどうぞ。って、また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

ぼんち

Posted by 独虚坊 慥調


京都文化博物館で、『ぼんち』を観る。
市川崑の特集上映をやってて、その一環。
正直、全然期待せずに観たら、あまりに面白過ぎた・・・。
今、何かよくわかりませんが、呆然としてます。

ひとりでうろつく京都

『本物鉄扇を売ったらいくらになりますか』

Posted by 独虚坊 慥調


『本物鉄扇を売ったらいくらになりますか』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
さあ、いくらになるんでしょうか。良い値が付く事を祈るばかりです。
それにしてもうちは、一体何のサイトなんでしょう。

ひとりでうろつく京都

UUふたたび

Posted by 独虚坊 慥調


来訪者数、
結局昨日までの4日間で、上位2以下を全部更新しました。
ありがとうございます、ありがとうございます。
で、それでも根強くトップを死守した「2014年7月26日」は、
木津川市の花火の特需ゆえの数字。
結局、花火が一番強い・・・。

ひとりでうろつく京都

藤森祭

Posted by 独虚坊 慥調


藤森祭を、ちょっとだけ覗いてきました。
ちょうど最後の神輿の宮入のタイミングでしたが、
「何周してんねん」と思うくらい、何度も何度もと舞殿を延々回り、
そのたびに本殿前ではさしあげを決めてました。
凄い。かき手の間から聞こえてたわけのわからん絶叫も、凄い。

ひとりでうろつく京都

『藤森神社馬走る?』

Posted by 独虚坊 慥調


『藤森神社馬走る?』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
走りますよ、明日。駆馬神事で。昼過ぎから。


うちでも2011年の駆馬を記事にしてます。また宣伝かい。

藤森神社の駆馬神事へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

馬といえば、上賀茂神社の競馬の記事もどうぞ。また宣伝かい。

上賀茂神社の賀茂競馬へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

UU

Posted by 独虚坊 慥調


モバイルゲドンでモバイルの客が全部なくなり、
アクセス数がガクンと落ちるんじゃないかと怯えていたら、
ここ2日でUUのトップ2と3をマークし、かなりほっとしました。
ただ、流鏑馬とウエサクが重なったための特需かも知れないし、
増加率の落ち着き加減も、基本的には変わりません。
天井が見えたって感じなんでしょうか。う~む。


というわけで、明日も頼むぜエブリバディ(狂)。
せっかく慌てて作った斎王代御禊の儀の記事が、全然見てもらえないので、
明日行く人も行かない人も、是非見てほしいぜ。

上賀茂神社へ斎王代御禊の儀を見に行ってきました。もちろん、ひとりで。

明後日は、上賀茂神社の賀茂競馬だぜ。

上賀茂神社の賀茂競馬へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

雨が降ってるけど、頼むぜ(狂)。

ひとりでうろつく京都

斎王代御禊の儀の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


斎王代御禊の儀の記事、アップしました。

上賀茂神社へ斎王代御禊の儀を見に行ってきました。もちろん、ひとりで。

平安期、賀茂社へ奉仕すべく遣わされた女性皇族、斎王。
その斎王を再現し、現在の葵祭の主役を張っているのが、斎王代。
そんな斎王代が、祭の前に潔斎を行うのが、御禊の儀です。
現在は上賀茂神社と下鴨神社にて年毎に交代制で行われてますが、
2014年の上賀茂神社で実施された御禊の儀へ行ってきました。
雅と混雑、不条理と美が入り乱れる内容となっております。
今年は下鴨神社での開催ですが、明後日出かける方は、参考に是非。

ひとりでうろつく京都