私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

桜の咲き加減

Posted by 独虚坊 慥調


桜の咲き加減、ちらっと観た分だけですが、御紹介。
これは電車の窓から見た、八幡の背割堤。満開に近い感じでしょうか。


こちらは、蹴上のインクライン。
やはり満開に近い感じでしょうか。天気、良くなって欲しいですね。

ひとりでうろつく京都

エイプリルフールの準備をして、やめました

Posted by 独虚坊 慥調


エイプリルフールの準備をして、やめました。
「彼女が出来たので、このサイトやめます」みたいな。
指輪を買って、はめてうろつく、みたいな。
あまりに阿呆らしくて、やめました。黄砂で頭が痛い・・・。
写真は、特に関係ない、桜。

ひとりでうろつく京都

八幡も桜が開花

Posted by 独虚坊 慥調


八幡も桜が開花しました。
今日は雨でしたが。今週末あたり、良い感じでしょう。
背割堤の開花加減は、知らん・・・。

ひとりでうろつく京都

2014年の桜記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2014年の桜記事、アップしました。

山科疏水へ桜を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
早朝の嵐山へ桜を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
平野神社の桜花祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
善峯寺へ桜を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

山科疏水は、菜の花&観光船の調査船(?)との競演が楽しめる桜。
嵐山は、2011年に続いての早朝特攻で、亀山の展望台から桜を一望。
平野神社は、桜花祭のんびり追尾+桜湯+花吹雪状態の桜苑。
そして善峯寺は、山岳寺院ならではの青空と響き合う桜。
以上のような内容となってます。で、2014年度は以上の4本のみ。
4本中3本が拝観無料スポットなのも、なかなかに苦境な感じであります。
今年の開花には間に合いませんでしたが、満開には間に合いました。
来週から花めぐりをやる方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都

『京都 寺町 スパゲティーアサヌマ』

Posted by 独虚坊 慥調


『京都 寺町 スパゲティーアサヌマ』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
アサヌマの名前を聞いて、何かちょっと嬉しくなりましたよ。
アサヌマ。ミスターアサヌマ。私もよく行った、セルフの喫茶店です。
セルフですが、スパゲティーは出来てから運んでくれました。
私もよく食べましたよ。寺町通側の、端っこの席でね。
どうでもいいことですが、同じアサヌマでも西院にかつて支店があって、
そこのカレーが薬膳みたいな異常な味で病み付きだったんですが、
あのカレー、もう一度食べることはできないもんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

『大阪八幡 桜』

Posted by 独虚坊 慥調


『大阪八幡 桜』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
私の地元の八幡は、一応、京都府です。
住人の勤務先が5分の4も大阪らしいですが、一応、京都府です。
お間違いなきよう、よろしくお願いします。

ひとりでうろつく京都

桜咲く

Posted by 独虚坊 慥調


鴨川の桜が、チラホラと咲いてました。
さて、2014年度の桜記事は、果たして満開までに間に合うのか。
それとも、全部散った頃にアップするという狂気の所行に及ぶのか。
誰にも展開が読めない、読む気も全く起こらない無意味なスリル、
そんなものを感じる春の日でございます。
それにしても、街中に中国人が多過ぎる・・・。

ひとりでうろつく京都

京都新聞社編・三浦 隆夫『都の花がたみ』

Posted by 独虚坊 慥調


ブックオフ堀川五条店にて、
京都新聞社編・三浦 隆夫 『都の花がたみ』 を、108円で保護。
堀川五条店、108円コーナーが依然頑張っております。


内容は、まあタイトルのまんま。
90年前後の街の様子がちょこちょこ窺えるのが、
この間保護した『京都の大路小路』と同じく、結構、味。


八幡の女郎花も出てきたりして。
地名にもなってる、女郎花。「じょろうばな」と読んでは、いけません。

ひとりでうろつく京都

京都市の若い教員、逮捕が相次ぐ

Posted by 独虚坊 慥調


京都市の若い教員、逮捕が相次いでるとか。

京都市立若手教員、半年で6人逮捕 不祥事対策決め手なく - 京都新聞

容疑の大半が、「性」に関係したものなんだそうです。
真人間のフリをするというのは、なかなかストレスが溜るものなんでしょうか。
私には関係ないような、でもあるような、でもやっぱりないような、そんな話であります。

ひとりでうろつく京都

千宗室・森谷剋久監修『京都の大路小路』

Posted by 独虚坊 慥調


五条のブックオフにて、
千宗室・森谷剋久監修『京都の大路小路』を、108円で保護。
タイトル通りの、通りの本でございます。


実際の紙面も、正に通りの本でございます。
写真で無くペン画がフィーチャアされてるのが、何か、新鮮。

ひとりでうろつく京都

『都をどり 手ぶらでいいですか 皿は』

Posted by 独虚坊 慥調


『都をどり 手ぶらでいいですか 皿は』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
私は都をどりへ行った時、お茶を飲んでないので、よくわかりません。


私の親が去年北野をどりへ行った時は、
手ぶらで行って、皿も普通に持って帰って来ましたよ。

ひとりでうろつく京都

『スパッションさくらのゆ』

Posted by 独虚坊 慥調


『スパッションさくらのゆ』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
5連続で来られるほどの、熱さ加減でございます。
ただし、正確な名前は「スパッションさくらゆ」だそうですよ。
塩小路本町の銭湯、スパッションさくらゆ
是非5連続で入浴してきて下さい。

ひとりでうろつく京都

今月のゆいはん

Posted by 独虚坊 慥調


3月の横山由依『京都いろどり日記』
宇治でお茶やら陶芸やらをやってるのを、ぼ~っと見る。
私的には神回だった前回のかしわ尽しに比べると、
食いもんが少なめな分、若干温度低めという感じでしょうか。
で、そういう反映の仕方が、すごく好き。

ひとりでうろつく京都

春は近いのか、遠いのか

Posted by 独虚坊 慥調


春は近いのか、遠いのか、どっちでしょうか。
暖かいけど、おかげで頭がボーっとして、おまけにダルい。
それでいて、体の芯は冷え続けてる。しんどいなあ。
というわけで、写真は数日前に有栖川で寝込んでた、鳥。

ひとりでうろつく京都

『鴨川二条大橋近くの和食屋さん』

Posted by 独虚坊 慥調


『鴨川二条大橋近くの和食屋さん』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
橋の西詰近くにあった、「和旬料理木むら」のことでしょうか。
ちょっと前に通りかかったら、閉まってましたね。
確かランチが1000円ほどだったので、
食べてみたいなとか思ってる間の出来事でありました。
二条であっても、諸行無常・・・。

ひとりでうろつく京都

工事中の四条通

Posted by 独虚坊 慥調


数日前に見た、工事中の四条通。
歩道を拡張するとか言ってたあれの工事でしょうか。
車道の混雑が、どうにもこうにも激化してるとしか思えませんが。

ひとりでうろつく京都

はねず踊りの記事、Japaaan magazineに寄稿しました

Posted by 独虚坊 慥調

ahtrdjkrte0ujl;mdty
はねず踊りの記事、Japaaan magazineに寄稿しました。

ひな祭りはこれから?本当の春を連れてくるひな祭り。京都・隨心院「はねず踊り」 - Japaaan

今回のタイトルは、半分くらい私がつけた通りでございました。
例によって私の猫かぶり芸、暇な方は見てやって下さい。

ひとりでうろつく京都

北陸新幹線が開通

Posted by 独虚坊 慥調


北陸新幹線が開通し、
北陸圏の旨みが東京へ全部持っていかれるのではないかと、
戦々恐々としている京都および大阪でございます。
私はそんなこととは関係なく、並行在来線の3セク化前に、
鈍行北陸旅のやり収めができなかったのが、何とも心残りです。
立山そばの凶暴な香り。直江津の駅弁・鱈めしの発狂級の美味さ。
そして、駅と関係ないけど糸魚川の鱈汁の沼。ああ、ああ、ああ、ああ。
切符のこんなビジュアルも、もう見られないのでしょうか。
って、富山への高山本線はまだJRですが。

ひとりでうろつく京都

『神社 京都 人肉 儀式』

Posted by 独虚坊 慥調


『神社 京都 人肉 儀式』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
「何じゃそれは」という感じですが、そんな儀式、あるんでしょうか。
というか、こんな物騒なワードでヒットするうちは、一体何なんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

懐古庵の前を通ったら

Posted by 独虚坊 慥調


懐古庵の前を通ったら、
入り口の灯りが提灯からライトに変わってました。
あ、真ん中の棒みたいなのは、カメラのひもでございます。
2012年のクリスマスお泊り企画でお邪魔した、町家宿・懐古庵。
記事の方はこちら。

京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】

結局、宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

311

Posted by 独虚坊 慥調


毎年この日に書いてることですが、
震災のちょうど一年前、あの辺を18きっぷで旅したことがあります。
ひたすら乗りついで仙台まで行き、仙台っ子ラーメン食ってネカフェに泊まり、
早朝にあおば通駅から仙石線に乗って石巻に着いたのが、上の写真。
駅を出て、あちこちに屹立する石森キャラの写真を撮りまくってると、
「記念写真、撮りましょうか」と、地元らしき方が親切に声をかけてくれました。
恥ずかしくて遠慮しましたが、あの方、元気でしょうか。
仙石線、今年5月に完全復旧だそうです。

ひとりでうろつく京都

100%に重大なモバイルユーザビリティ上の問題

Posted by 独虚坊 慥調


Googleから、モバイルユーザビリティに関する通知が気ました。
「417ページ」の「100%に重大な」問題があるんだそうですよ。大変ですね。
今のところ明記してませんが、うちはデスクトップPCの閲覧に特化したサイトです。
それなりの数の方がモバイルで見てくださってますが、
申し訳ないですが正直、対応はしてませんし、今後するつもりもありません。
Googleの検索順位、モバイルユーザビリティに問題あると、下がるそうですよ。
困るなあ。でも、しょうがないなあ。

ひとりでうろつく京都

「移転しました。」

Posted by 独虚坊 慥調


昨日、大津市歴史博物館へ向かう途中、
こんな看板が園城寺の壁に出てるのを見かけました。
「園城寺(三井寺) 移転しました。」と、見えます。まさか、まさか。


実際の看板は、こんな感じ。一発芸、失礼しました。

ひとりでうろつく京都

『江若鉄道の思い出』展

Posted by 独虚坊 慥調


大津市歴史博物館へ、『江若鉄道の思い出』展を見に行ってきました。
江若鉄道は、琵琶湖の西岸=現・湖西線のルートを、今津まで走ってた鉄道。
「京都と関係ないだろ」と思われそうですが、昔の京都の海水浴は即ち、琵琶湖浴。
夏ともなれば、京津線経由で大勢の客がこの鉄道に押しかけたわけです。


ジオラマは、撮影OK。私語も、推奨。思い出話があちこちで咲いてました。
投書も展示され、堀川高女の宿舎が近江木戸駅近くにあるなんて話もありましたよ。
もちろん私は江若鉄道の現役時代など一切知らず、せいぜい親から聞いただけであり、
「で、当時の浜大津駅ってどうなってたん」という鉄寄り興味で行ったんですが。


帰りは、元・三井寺下駅付近の廃線跡=大津絵の道を歩く。
京津線で京阪三条へ戻り、江若運営の喫茶コジャックに寄ろうかと思いましたが、
帰りも地下鉄とのW運賃を喰らうと金が惜しいので、JRで帰った・・・。

ひとりでうろつく京都

パラソフィア

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば昨日、二条城の前を通ったら、
駐車場に御覧のような謎のトレーラーが停まってました。
何かいなと思ってたら、パラソフィアというイベントがあるそうですよ。

現代芸術、京都に花開く 「パラソフィア」7日に開幕

この妙なトレーラーで、ポールダンスとかやるそうですよ。
と思ったら、昨日の夕方にもうやってしまったそうですよ。残念。

ひとりでうろつく京都

知恩院山門、やっぱり工事中

Posted by 独虚坊 慥調


昨日、「知恩院山門が工事中で塞がってる」と書きましたが、
今日、ちらっと前を通ったら、工事中ですが塞がってはいませんでした。
すんません。でも、夜間拝観とプロジェクションマッピングはやってませんけど。
「これはこれで、あり」と思う方は、花灯路、出かけてみて下さい。

ひとりでうろつく京都

2014年の東山花灯路の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2014年の東山花灯路の記事、アップしました。

京都・東山花灯路2014へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

2015年の開催が明日から始まるというタイミングで、
去年の記事を上げるという、またしても狂気の所行であります。
特に変ったことはなく、例年通りという感じの写真羅列型の内容です。
今年の東山花灯路も、知恩院山門が工事中で塞がってるのを除けば、
大体例年通りな感じの内容らしいので、出かける方は参考にどうぞ。

ひとりでうろつく京都

3+4

Posted by 独虚坊 慥調


昨日の「3+3」に続く形で、
「3+4」というタイトルの記事にしようと思いつき、
アイズレーに7人編成の時期がないか探したけど、特になかった・・・。
他に、ボーカル3人・バンド4人というグループも、思いつかなかった・・・。
そして、三十四間堂なる建物も、見つからなかった・・・。
というわけで、どういうわけかは全くわかりませんが、写真は、
昨日寄った三十三間堂の隣の法住寺の梅。

ひとりでうろつく京都

3+3

Posted by 独虚坊 慥調


ここ何年か、三十三間堂の春桃会をアタックしては振られてます。
瀬戸内寂聴先生の講話と、売店で出るちらし寿司を両方押さえようとして、
どちらかがアウト or 両方アウトというのを、繰り返してます。
去年は、ちらし寿司がアウト。今年は、両方がアウト。
御覧のように、看板の講話らしきところが、ふさがれてます。また来年。


特にどうでもいいことではありますが、
三十三間堂が雛祭りをやるのは、「3+3」だからということに、今、気付いた・・・。
というわけで、アイズレー・ブラザーズの名盤『3+3』から、
寂聴先生を思いながら 『That Lady』を聞いときましょう。

ひとりでうろつく京都

明日はひな祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日はひな祭。
独男には全然関係ない催しですが、一応うちでもあちこち行ってます。

下鴨神社の流し雛へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
市比賣神社のひいなまつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都