私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

2014年の節分の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2014年の節分の記事、アップしました。

2014年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【前篇】
2014年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

2013年は東山界隈を手抜き気味に回りましたが、
2014年度はもっともっと手抜きかつ適当なめぐりとなっております。
矢田寺で甘酒誓願寺で日本舞踊観賞護王神社で歌謡ショーと狂乱の豆まき
白峯神宮の豆まき達磨寺でダルマまみれ上御霊神社で色々食いまくり
という、かなりスポット数少なめの日和った流れになっております。
見所は、護王神社と達磨寺でしょうか。めぐりを考えてる方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都

西川幸治『都市の思想―保存修景への指標』

Posted by 独虚坊 慥調


三条京阪のブックオフにて、
西川幸治『都市の思想―保存修景への指標』(NHKブックス)を、200円で保護。
西川幸治はやはりNHKブックスで『歴史の町なみ 京都篇』を書いてて、
私はやはり三条京阪のブックオフにて200円で保護してる・・・。


内容は、まあ、タイトルのまんま。


ただ、タイトルのまんまゆえ、京都のことはよく出てきます。


何故か、八幡の環濠集落も出てきたりして。
垣内ですよ、垣内。「柿木垣内」って読めますか、あなた。

ひとりでうろつく京都

園部のくりやを検索して飛んでくる方が微妙に多くなってきた

Posted by 独虚坊 慥調


最近、園部のくりやを検索して飛んでくる方が、
微妙に多くなってきて、ちょっと嬉しかったりします。
くりや、マスコミか何かに取り上げられたんでしょうか。
うちでは、秋口に栗餅を買いに行ってますよ。

園部のくりや本店とかどや老舗に栗餅を買いに行きました。もちろん、ひとりで。

うちのサイトでもトップクラスに妙な記事ですが、
自分では妙に気に入ってたりします。
興味が湧けば、是非。って、また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

『住宅展示場の呼び込みはしんどいですか』

Posted by 独虚坊 慥調

treojioernks;huiehihiph
『住宅展示場の呼び込みはしんどいですか』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
何故にこのワードでヒットしたのか、全く見当がつきません。
ますますもって、うちはどういうサイトなんでしょうか。
呼び込みですか。しんどく働けば、しんどいと思います、多分。

あ、ラストの『狸』は、狸谷山不動院のことでしょうね。
今日、初不動。うちでも記事があります。また宣伝かい。

狸谷山不動院の初不動へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

今日、狸谷へ行って、笹酒を浴びるほど飲んだり、
大量のタヌキの置物を愛でた方はいらっしゃるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

『懸想文売りの由来を追求して、観光資源としての利用』

Posted by 独虚坊 慥調


『懸想文売りの由来を追求して、観光資源としての利用』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
ゲッスいですなあ。「男女交接写真」と同じくらい、ゲッスいですなあ。
というか、「男女交接写真」は何がどうなってうちがヒットしたんでしょう。
というか、つまりはうちがゲッスいサイトということなんでしょうか。

あ、ちなみに懸想文の購入、ゲッスいうちでもやってます。

2012年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【1】

また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

井上満朗『研究史 平安京』

Posted by 独虚坊 慥調


九条のブックオフにて、
井上満朗『研究史 平安京』を108円で保護。
100均が事実上消滅してから遠ざかってたブックオフ、久しぶりの保護です。
九条店も、108円本はほとんどなし。この本は、書き込みが多いので108円なのかも。
その割に、五条店が100均をキープし、さらに値下げも多いのは、何故だ。


井上満朗は京産の先生。今は名誉教授。
BS朝日の『京都1200年の旅』にも出たりしてるそうだから、
見たことある人もいるかもしれません。
本の内容は、タイトル通り。文字通り、『研究史 平安京』。
近代以後、「平安京」が出来上がっていく様を追っています。

ひとりでうろつく京都

夜の梅小路公園、あるいは京都水族館

Posted by 独虚坊 慥調


ちょっと前、放尿をしに梅小路公園によると、
京都水族館が夜間営業してるのか、こんな電飾がありました。
昔、ここで大いなる用を足してる際、壁の上から覗く同性の方と目があったのが、
まるで嘘のような賑わいであります。
水族館、ぼちぼち特攻するか。でも、行くなら何時がいいんでしょう。
ここが一番混む日って、何時なんでしょうね(狂)。

ひとりでうろつく京都

『京都八幡市土葬』

Posted by 独虚坊 慥調


『京都八幡市土葬』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
八幡で、土葬ですか。そう言われても、全く何も思いつかない・・・。
ひょっとしたら、美濃山とかにある横穴何ちゃら古墳などの話なんでしょうか。
とにかく、八幡には特に土葬の風習はありません。多分。
よろしかったら、またお越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

Black Messiah Death

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいいことですが、
以前「BABYMETALにハマった」と書きました。
しばらくしたら熱が収まるかと思ってたんですが、全くその気配がなく、
とうとう武道館LIVEのDVDを買い、何度も何度もリピートしてます。
ほぼ同時期に買ったD'Angeloの新作と入り交じるように聞き倒してるため、
だんだん両者の印象まで入り交じるようになってきました。
というか、D'Angeloがメタル or ビジュアル系に思えてくるというか。
「Black Messiah」というタイトルも、メタルっぽいし。「Death」が入った曲名もあるし。
そもそも「D'Angelo」という名前も、「L'Arc en Ciel」とか「Janne Da Arc」みたいだし。
ジャケに溢れる中二病感もまた、並べると不思議と違和感がありません。
で、この二つがそれぞれAmazonのベストセラー1位という。
時代は今、中二病なんでしょうか。それとも私が今、中二病なんでしょうか。


BABYMETAL『LIVE AT BUDOKAN』のトレーラー。
本編はこれほどカメラアングル&編集が良くないけど、それでも、沼。


D'Angelo『1000 Deaths』。
全曲丸ごと公式でタダ聴き出来るにも関わらず、音源を買わせる驚異の品質。
誰か、『Babymetal Death』と無理矢理マッシュアップ作ってほしいDeath・・・。

ひとりでうろつく京都

『京都府八幡市エロい人?』

Posted by 独虚坊 慥調


『京都府八幡市エロい人?』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
何を求め、何を訊ねてらっしゃるんでしょうか。
京都府八幡市に、エロい人がいるかってことでしょうか。
京都府八幡市の人は、エロい人が多いかってことでしょうか。
よくわかりませんが、気が向けばまたお越し下さい。

ひとりでうろつく京都

橋本記事の参考文献 【7】 全国遊廓案内

Posted by 独虚坊 慥調


橋本記事の参考文献 、今回は『全国遊廓案内』です。
1930年 = 昭和5年、日本遊覧社から出された、文字通りの遊廓ガイド。
原本は当然絶版というか、日本遊覧社自体が行方不明ですが、
現在は何故か国立国会図書館の近代デジタルライブラリー読むことができます
私は、『コレクション・モダン都市文化 第34巻 遊廓と売春』に再録されてたのを、
図書館で借りて読みましたが。


橋本遊廓、いやここでは「八幡町遊廓」が登場するのは、コマ番号174。
何故「八幡町遊廓」と書かれるのかについては、記事の中でも妄想してますが、
他にも「川岸に絃歌のさんざめく邉りは實に別世界の感じがある」や
「附近に柳谷観世音」「松茸が名物」など、やや怪しい記述が散見できたりします。
現代でいえば、下請けライターのリサーチ不足な仕事っぽい感じというか。
いや、それとも昔は松茸、採れたのかな。柳谷観世音が近かったとは思えんけど。

この時点での橋本、「娼妓470名、芸妓30名」だったようですが、
ちょうどこの頃起こった恐慌の影響で、さらに娼妓は増え、芸妓は減るわけです。

ひとりでうろつく京都

『チャーミングチャーはん 京都』

Posted by 独虚坊 慥調


『チャーミングチャーはん 京都』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
何にでも「はん」を付ける京都ですから、
ギタリスト・Charにも「はん」を付けてしまうという感じでしょうか。


というわけで、Charはんの『Smoky』どす。
チャーミングというには、あまりにも格好良い音ですが。

ひとりでうろつく京都

とんと

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮の厄除大祭、行きましたか。私は行ってませんけど。
どうでもいいことですが、この「どんど」、どういう意味があるんでしょうか。
また、「とんど」とも言う気がするし、「どんと」もありな気がするあたりも、謎。
語源や由来がとんとわからない、「どんど」「とんど」「どんと」であります。


というわけで、どういうわけかわかりませんが、
推奨BGMとして、TONTO's Expanding Head Bandをどうぞ。
70年代前半におけるスティーヴィー・ワンダーの神時代をサポートした、
アナログシンセのプログラマー2人によるユニットです。
スティーヴィーととんと同じ音色のシンセが、鳴り響いてます。


「とんと」より「どんと」がいいという方には、
どんとがいたボガンボスと、時代を変える旅に出て下さい・・・。

ひとりでうろつく京都

明日は、石清水八幡宮の厄除大祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、石清水八幡宮の厄除大祭。
御覧のような火が焚かれ、先着1500人に厄除餅が振舞われます。
平日月曜ゆえ楽に餅がゲットできると思われるかも知れませんが、
平日木曜に私が行った時、餅はあっという間になくなりました・・・。

石清水八幡宮の厄除大祭・焼納神事へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

出かける方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都

20回目の1月17日

Posted by 独虚坊 慥調


20回目の1月17日。
以前にも書きましたが、昔、大阪から神戸まで歩いたことがあります。
国道2号線をメインに、理由もなくダラダラと西へ向かって歩くだけという。
で、神戸へ近づいた途端、急に風景が再開発丸出し状態となり、
「しょーもないな。面白んないな。」とかボヤキながら歩いてたんですが、
しばらくして、震災を完全に忘れてる自分に気がつき、唖然としました。
また、そのうち気づきもしなくなるかも知れないと思い、また唖然としました。
そんなことを、また思い出した、20回目の1月17日。

ひとりでうろつく京都

2015年度の嵐電スイーツラリー、明日から開始

Posted by 独虚坊 慥調


2015年度の嵐電スイーツラリー、明日から開始。

嵐電沿線スイーツ・カフェラリー2015開催について - 嵐電

今回はラリー店にカフェが数軒追加され、
名前も「スイーツ・カフェラリー」と変ってます。
あと、景品も「あらん」の薄手コットンバッグになり、
ルールもスタンプ4個でOKとシンプル化したようです。

私が去年やらかしたバレンタイン・スイーツラリーで回った店のうち、
チョコのDari Kとおしゃれなeenieは、今回不参加。
何の関係もないとは思いますが、何か一応、すんません。
何ですんませんと思うかについては、
ラリー記事でやらかした悪行の数々を御覧下さい。

バレンタイン・スイーツラリーをやらかしてみました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
バレンタイン・スイーツラリーをやらかしてみました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

ひとりでうろつく京都

吉田神社、節分の火炉を断念

Posted by 独虚坊 慥調


吉田神社、節分の火炉を断念するそうです。

伝統の節分神事断念 吉田神社、京都市に灰処分変更求められ - 京都新聞

燃えた後の灰、
飛散防止のため袋詰めするよう市側から要求されるも、
何せあの巨大な火炉ですから灰はトラック3台分にも上るため、
神社側は人手や費用の面から無理と判断、そして火炉断念。
市側は「袋詰めしなくても産業廃棄物として処理できる」と説明したそうですが、
行き違いか何かか神社側は断念方向で準備を既に開始済み。
とりあえず今年は、火炉、ないようです。残念であります。
あの顔が焼ける灼熱をもう一度、という方は、うちの火炉記事でも見て下さい。

2012年の節分をめぐってきました。もちろん、ひとりで。【3】

また宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

小豆粥の記事、Japaaan magazineに寄稿しました

Posted by 独虚坊 慥調


小豆粥の記事、Japaaan magazineに寄稿しました。

「小正月」って知ってる?大きいお正月の次、小さいお正月に小豆粥をいただく - Japaaan

煽りの効いたタイトルは、もちろん編集部がつけたものです。
暇な方は私の猫かぶり芸、見てやって下さい。
と思ったら、何か今、サイトに繋がらない・・・。

ひとりでうろつく京都

橋本記事の参考文献 【6】 蘆刈

Posted by 独虚坊 慥調


橋本記事の参考文献、昨日が「蘆刈夢幻」だったので、
今日はその本家というか元ネタである、谷崎潤一郎の『蘆刈』です。
といっても、橋本に触れてる部分はほとんどない話なんですけど。
入手先は、増税前のブックオフ100均棚。何か知らんけど、谷崎、すまん。


「わたし」は、住んでいた「おかもと」から阪急に乗り、
水無瀬神宮へ向かうべく新京阪へ乗り換えて、山崎へ降り立つ。
で、立ち寄った饂飩屋で、対岸・橋本に遊廓があり、渡し舟があると聞く。
で、乗り、途中の中洲で「お遊さん」を巡る不思議な関係を語る「おとこ」に会うわけです。
ゆえに、渡し船の雰囲気以外、橋本的には参考になるとこ、あまりなし。
「おとこ」が「月のひかりに溶け入るようにきえてしまった」後、
谷崎が渡し船で橋本へやってきて、登楼したかどうかも、不明。
あ、ちなみに新京阪は、現・阪急京都線。元々、京阪が作ったんですよ、あれ。


あ、谷崎が立ち寄った饂飩屋、山崎で現在も営業中です。
かぎ卯ってとこ。厳密な住所は大阪府島本町ですけど。

ひとりでうろつく京都

橋本記事の参考文献 【5】 太陽 1987年5月号

Posted by 独虚坊 慥調


橋本記事の参考文献、今回は雑誌『太陽』 です。
1987年5月号に、村松友視の「幻の橋本遊廓を行く」という記事が載ってます。
「私の京都案内」なる特集として、谷崎の「蘆刈」絡みで橋本が書かれた記事です。
図書館か何かで読んだことがありましたが、ブックオフで偶然、身柄確保。


記事の最初のページ。
放生川 aka 大谷川の向こうに、今は亡き小金川橋が写ってます。
「鬼龍院花子」の冒頭&ラストシーンが撮られたんじゃないかと思う橋です。
今は、橋脚が残るのみ。この川の土手側が、補強工事してるんですよ。


記事の内容は、「蘆刈夢幻」と副題が付いてる通り、かなり谷崎寄り。
で、『蘆刈』に橋本は直接関係ないので、正直、さほど得られるものはない・・・。
ただ、写真は結構、面白いですよ。この矢尾力のも。ここは今もほとんど同じですが。
この店のカウンター奥に、この『太陽』が置かれてます。著者がお礼に持ってきたとか。


多津見旅館でも、撮ってます。バ━━━━━ンであります。
ステンドグラスの男女の顔に、まだ表情が残ってるのが、時代というか。
どうでもいいけど、取材協力の表記で別の転業旅館の名が出てるのは、何故。
記事、写真抜きなら『日本の名随筆 別巻15 色街』でも読めます。

ひとりでうろつく京都

『相生餅相生餅相生餅相生餅』

Posted by 独虚坊 慥調


『相生餅相生餅相生餅相生餅』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
いや、正確には『相生餅』で4回来られてるということなんですけど。
4回でも40回でも、行ってください、相生餅。

ひとりでうろつく京都

新春ひとりキツネ祭り

Posted by 独虚坊 慥調


今日やってるbabymetalの「新春キツネ祭り」に、
何とか行ける方法は無いものかと本気で考えはじめ、
考えてる自分に驚愕した末、伏見稲荷でひとりキツネ祭りをやったの図。
ひとりキツネ祭りといっても、普通に参拝しただけですけど。
伏見稲荷、夜だからか初詣の賑わいはすっかり終わってました。

ひとりでうろつく京都

金札宮の寶恵駕籠巡行の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


金札宮の寶恵駕籠巡行の記事、アップしました。

金札宮の寶恵駕籠巡行を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

伏見で最も古い神社とされる、金札宮。
観阿弥『金札』のモチーフとされ、金がらみのパワスポとしても人気ですが、
その金札宮で新春早々に行われる寶恵駕籠巡行、いわゆる「えべっさん」です。
芸妓さんの乗った寶恵駕籠が、伏見の町を回る様を、のんびり眺めてます。
ラストには、何故か酒粕スープの麺類2連食もあり。
今年は、11日開催。荒めの記事ですが、観に行く方はご参考に。

ひとりでうろつく京都

橋本記事の参考文献 【4】 鬼龍院花子の生涯

Posted by 独虚坊 慥調


宮尾登美子が亡くなりました。
というわけで、というのもちょっと何ですが、
橋本記事の参考文献、今回は『鬼龍院花子の生涯』です。
といっても、原作のこちらには橋本は登場せず、
映画との相違を確認しただけなんですが。


とはいえ、原作でも末路は哀しい花子でありました。
どうでもいいけど、映画版のDVD、うちの近所には全然ないのですよ。
しょうがないから、HULUに入って見ましたよ。
あ、例の夏目雅子の「なめたらいかんぜよ」も、原作にはありませんよ。


というわけで、
ベビメタ『メギツネ』の「なめたらいかんぜよ」も、当然関係ありません。
でも張ってしまうくらい、中毒が止まらない・・・。

ひとりでうろつく京都

『七草粥 まずい』

Posted by 独虚坊 慥調


『七草粥 まずい』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
このワードで来る方、結構いらっしゃいます。
自分の「まずい」という気持ちを、確認したい感じでしょうか。
確かにまずい粥は、まずい。でも、美味い粥は、美味い。
というわけで、何とか美味しい七草粥を食べて下さい。

ひとりでうろつく京都

明日は七草粥

Posted by 独虚坊 慥調


明日は七草粥。
今年は私は食べまくりとか出来ませんが。
出かける方は、うちの記事でも参考にしてやって下さい。

京都市内の神社で七草粥を食べまくりました。もちろん、ひとりで。
大本亀岡本部へ七草粥を食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都

『力うどん あん餅 京都』

Posted by 独虚坊 慥調

gfdh,lkter90iy56eiy53i590w345
『力うどん あん餅 京都』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
あん餅の入ったうどんですか。
確か四条西洞院近くの相生餅本店で、
あんこ入り+多色の餅が入った「花餅うどん」みたいなのがあったと思うんですが。
ただうる覚えなので、全然間違ってたら、すんません。
ちなみに、餅入りあんかけうどんなら、うちにも記事がありますよ。

相生餅・新町店へあん餅うどんを食べに行ってきました。もちろん、ひとりで。

冬場は、これが美味いんですよ。生姜が効いててね。

ひとりでうろつく京都

橋本記事の参考文献 【3】 八幡市誌

Posted by 独虚坊 慥調


橋本記事の参考文献、今回は八幡市誌。
たぶん昭和末期、最も八幡が元気だった頃に出版されたもの。
文字通り市誌なので、遊廓絡みの記述は少なめですが、
それ以外の橋本陣屋&売防法施行後&宅地開発といったあたりは、
概ねこの本を参考にしてます。


記述が少なめとはいえ、ちょこっと写真もあったり。
本文でもちょこっと書きましたが、この建物、好きだったんですよね。

購入するのはオクでも難しい状態だと思いますが、
現市長の娘のイラスト箱でもつけて再版したら、売れるかもね。
京都府立&市立の図書館なら、結構あちこちで置いてます。
私はもちろん、図書館で読んで、コピー。

ひとりでうろつく京都

雪籠りその2

Posted by 独虚坊 慥調


雪籠り、継続中。
家の中で、ひたすらBABYMETALの動画ばかり見てる・・・。
年末のNHK特番で知り、以後、中毒の急性症状のような状態・・・。
後追いもいいところなので、逆に見るものが出そろってしまってて、
中毒の激化が実にはかどるといいうか。
海外のファンカムで驚愕→IDZで衝撃→最初期のPVで卒倒→
紅月で号泣→でまた最初に戻るというサイクルを、短期間で繰り返してます。
今や、他のどんな音楽を聴いても、物足りない。
あらゆる音楽にツーバス+ピッキングハーモニクスを足すソフト、
誰か作って欲しい・・・。

ひとりでうろつく京都

雪籠り

Posted by 独虚坊 慥調


雪が凄いので、部屋に籠ってます。
いや、もう積もった雪はすっかり溶けて屋根から落ちてますし、
そもそも量も大したもんではないですが、僕らには耐性がないので。
歩くこと自体がもう怖いので、籠ってじぃ~っとしてます。

ひとりでうろつく京都