私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

こっちのトップ画像、変えました(11月)

Posted by 独虚坊 慥調


こっちのトップ画像、変えました(11月)。
当然のように、紅葉尽しとなっております。
基本モノクロで赤だけ残した画像、ちゃっちゃと作りました。
去年も作りましたが、簡単な割に結構いい感じになりますね。
2013年の紅葉記事は、現在ちびちびと作成中。

ひとりでうろつく京都

『祇園踊り ドレスコード』

Posted by 独虚坊 慥調


『祇園踊り ドレスコード』
という検索ワードで飛んで来た方がいらっしゃいました。
私はジーパンはいて行きましたが、普通に入れましたよ。
黒服とかは、特にいません。浮くことも、さほどないでしょう。
全裸とかで行かない限り、何も問題ないはずです。
よろしかったら、うちの記事もご参考に。

ひとりでうろつく京都

『ぎおんかいかんi』

Posted by 独虚坊 慥調


『ぎおんかいかんi』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
今週末から祇園会館 aka よしもと祇園花月にて「祇園をどり」が始まるので、
恐らくは「祇園会館」と、何らかの誤字で「i」がくっついただけでしょうが、
ひょっとしたら、「祇園」と「快感」と「愛」で何かを探されてたのかも知れません。
まあ、「祇園」に「快感」なら、ないこともないしな。「愛」は知らんけど。
愛って、難しい。「快感愛」だと、もっと難しい。

ひとりでうろつく京都

『秋のライトスポット京都えんとくいんこうだいじどたらがよ愛』

Posted by 独虚坊 慥調


『秋のライトスポット京都えんとくいんこうだいじどたらがよ愛』
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
圓徳院高台寺の紅葉ライトアップに関する記事はありますが、
「どたらがよ愛」に関するものは、ちょっとありません。
そもそも「どたらがよ愛」とは、一体何なんでしょうか。
「どちらがよい」の音声認識間違いではあるんでしょうが、
ひょっとしたら「ドテラで通い愛」のことだったりするんでしょうか。
愛って、難しい。ドテラの着こなしのように、難しい。

ひとりでうろつく京都

祇園の泉門天、自己破産

Posted by 独虚坊 慥調


祇園の泉門天、自己破産。

ギョーザ「泉門天」事業停止 自己破産を申請へ - 京都新聞

公式サイトも閉店の張り紙のみ状態。
スポンサーをやってた『大林幸二ときょうの夜』でも、
「泉門天」の名前はすっかり消えてました。
諸行無常。

ひとりでうろつく京都

ダッチ・ザ・コジャック

Posted by 独虚坊 慥調


わけあって、京阪三条駅の喫茶コジャックに寄る。
店名は、もちろん「刑事コジャック」にインスパイアされたもの、ではなく、
運営元のザ・コジャックが、江若(こうじゃく)交通の子会社だから。
そう、この駅がかつて大津と繋がる京津線の起点だった頃の香りを、
今に伝える貴重な喫茶店なのです。


頼んだのは、もちろん名物のダッチコーヒー。
味は、結構おいしい。言葉で言い表すと、ダッチな感じだっちゅうの・・・。
店内は、競馬の話してる中年でいっぱいなのが、謎だっちゅうの・・・。

ひとりでうろつく京都

本日の八幡の鳥

Posted by 独虚坊 慥調


「風邪引いたんやろか、何か世界が歪んで見えるわ」


「お前、それは水に浸かっとるからや。水に反射した光が歪んで見えるからや。そんなこともわからんのか。そんなこともわからんのか。そんなこともわからんのか。なあ、あいつアホやろ。なあ、あいつアホやろ。なあ、あいつアホやろ。なあ、なあって。返事せえや」


「ワシ、知らん」

八幡の放生側にて。

ひとりでうろつく京都

明日は亀岡祭の山鉾巡行

Posted by 独虚坊 慥調


明日は亀岡祭の山鉾巡行
去年は台風で中止になりましたが、今年は大丈夫でしょう。
うちのサイトでも、2012年の分を記事にしてます。
出かける方は、ご参考に。宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

昨日は時代祭と鞍馬の火祭

Posted by 独虚坊 慥調


昨日は時代祭鞍馬の火祭
時代祭はかなり強行な感じで強行されましたが、
鞍馬の火祭の方は雨上がりの良い感じで行われたようです。

雨上がり、天に舞う炎 京都で「鞍馬の火祭」 - 京都新聞

出た方も、見た方も、お疲れ様です。
写真は、2012年のもの。

ひとりでうろつく京都

今日は時代祭と鞍馬の火祭

Posted by 独虚坊 慥調


今日は時代祭鞍馬の火祭
雨が心配でしたが、時代祭は強行されました。
写真のように平安神宮前でちょっとだけ見ましたが、
正に「強行」としか言いようのない光景が展開されてましたよ。
出た方、お疲れ様です。見た方も、お疲れ様です。
鞍馬の火祭は、雨がちょうど止んで、良い感じでしょうか。
今頃きっと、燃えてるんでしょうね。

ひとりでうろつく京都

明日は時代祭と鞍馬の火祭

Posted by 独虚坊 慥調


明日は時代祭鞍馬の火祭
でも天気が悪いので、「延期」「順延」で飛んでこられる方が結構いらっしゃいます。
時代祭は、当日早朝に決行するか否かを発表するそうですよ。
うちでは、当日開催のケースも、順延したケースも、共に記事化してます。
どちらも、是非ご参考に。宣伝かい。

ひとりでうろつく京都

「時代祭 火祭 効率」

Posted by 独虚坊 慥調


「時代祭 火祭 効率」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
時代祭と鞍馬の火祭を効率よく見る方法、
という感じでしょうか。
時代祭と火祭それぞれの効率という話でしょうか。
不思議であります。
また気が向いたら、お越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

大魔神、また出張

Posted by 独虚坊 慥調


大魔神、また出張。
吉本がやってる京都国際映画祭に行ってるそうです。
秋田へ行ってた時は、代わりにナマハゲが立ってましたが、
今回は代理はいないようであります。
吉本の芸人でも立たせておけばいいのにな。

ひとりでうろつく京都

60年後のSAYONARA

Posted by 独虚坊 慥調


白川の風景、60年前と変わってないのがわかったそうです。

京都・白川の風景、60年ほぼ変わらず 米映画と比較 - 京都新聞

映画というのは、1957年の米映画「SAYONARA」
YOUTUBEにあった・・・。張っていいのかどうか知りませんが。
海外のどっかの奴が上げてて字幕もないので、まあ参照用にどうぞ。
冒頭部こそ、「アチャ━━━」とカンフー声が聞こえてきそうな少林錯乱状態ですが、
途中から確かに、京都の町並みが重要なポイントとして出てきます。
今とさほど変わらん白川沿いで、「GO HOME YANKS」「WE DON'T WANT YANKS」
「DON’T DATE OUR GIRLS」というプラカードが並ぶのは、まあ、奇観。
「YANKS」って表記、当時は街中の人も結構普通に使ってたんでしょうか。
その後のボコボコシーンで、「やれやれ、だから土人は」と思うか、
「いてまえ!!いてまえ!!やってまえ!!!」と熱狂するかは、貴方次第。

ひとりでうろつく京都

2013年の時代祭の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2013年の時代祭の記事、アップしました。

2013年の時代祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

2011年に続き、時代行列を全追尾した記録であります。
一応、2011年の写真がひどいので、そのリテイクとしてやったんですが、
今回もいい加減ひどかったりするのは、ご愛敬です。
内容は、ただ単に追っかけてるだけ。ほぼ、写真の羅列であります。
来週、追尾するという暇な方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都

「カニ角に祇園は恋し寝るときも枕の下を水の流がるる」

Posted by 独虚坊 慥調


「カニ角に祇園は恋し寝るときも枕の下を水の流がるる」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
カニ角に。蟹角煮ではないだけ、吉井勇はほっとしてる感じでしょうか。
よろしかったら、またお越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

「京都 北部 郊外 せ」

Posted by 独虚坊 慥調


「京都 北部 郊外 せ」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
「せ」とは、一体何なんでしょうか。また「セックス」なんでしょうか。
気になりますが、でも「調理場の供養」というのもまた、気になります。
どちらの方も、よろしかったらまたお越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

鼓月 Kのレコンギスタ

Posted by 独虚坊 慥調


もらいもんの鼓月千寿せんべいを、
「うまいうまいうまいうまい」と阿呆のように食ってると、
ふと、袋裏の社名が「鼓月Z」と書かれてるのに目が行きました。
鼓月Z。パワーアップとか、そんな感じのことなんでしょうか。
次は、鼓月ZZとか。あるいは、G鼓月。もしくは、V鼓月か。
鼓月F91も、、いいかも。ターンA鼓月も、鼓月SEEDも、いいかも。
鼓月 Kのレコンギスタとかも、どうでしょう。

ひとりでうろつく京都

「京都の川床は冬座れるのか」

Posted by 独虚坊 慥調


「京都の川床は冬座れるのか」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
川床、冬は座ろうにも川床自体がありません。
あっても多分、すごく寒いと思いますよ。
よろしかったら、またお越し下さい。

ひとりでうろつく京都

クロワッサンたいやき、食べました

Posted by 独虚坊 慥調


クロワッサンたいやき、食べました。
といっても、八幡の駅前スーパーでではないですけど。
一応気になってたので、伏見のお祭りで見つけ、思わず食べました。
これ、美味いかなあ。店によるのかも知れないけど、美味いかなあ。
値段は、400円。高価い。あまりにも、高価い。
300円の店もありましたが、そっちの味はどうなんでしょう。

ひとりでうろつく京都

「京都 町家 セックス」

Posted by 独虚坊 慥調


「京都 町家 セックス」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
一体、何が、どうなんでしょうか。何を、どうしたいんでしょうか。
よろしかったら、またお越し下さい。

ひとりでうろつく京都

「二条城はどういった願いがこめられているのか」

Posted by 独虚坊 慥調


「二条城はどういった願いがこめられているのか」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
願い、ですか。願いをこめて作る城、ですか。
多分、「朝廷が調子に乗らないように」ってとこじゃないでしょうか。
よろしかったら、またお越し下さい。

ひとりでうろつく京都

京都市の「スタバ空白区」、なくなる日が近づく

Posted by 独虚坊 慥調


京都市の「スタバ空白区」、なくなる日が近づいてるそうです。

スタバ、京都で攻勢 老舗と競争激化へ - 京都新聞

残るは、上京区と西京区のみ。さあ、どうなるか。
といっても、私はネタでしか入らないので何も関係ないんですが。
従来の老舗との競争が問題視されてますが、
むしろスタバが防衛線となって、ややこしい客が流れてくることが減り、
案外きれいな棲み分けができたりするかもしれません。
といっても、老舗喫茶も私は滅多に入らないので何も関係ないんですが。

写真は、ネタの極致である鴨川川床カフェめぐりの時のもの。
スタバ三条店の川床で、抹茶なんたらかんたらを飲み干したの図。

ひとりでうろつく京都

八幡ブラック

Posted by 独虚坊 慥調


八幡市駅前の米粉パン屋跡に、
「おみやげハウス タケちゃん ノコちゃん」なる店が出来てました。
八幡のお土産を扱う店。「ムネオハウス」とかの類ではありません(古過ぎ)。
「ごぶごぶ」で食われてた八幡黒カレー350円を買ってみました。


名前の通り、真っ黒なカレーです。
「ごぶごぶ」ではロンブー淳が悶絶してましたが、
確かに以前より香辛料が増してるというか、薬膳感が増してるというか。
黒いのは、竹炭が入っているから。竹の子本体も入ってますよ。

四条河原町でノーベル賞の号外、もろた

Posted by 独虚坊 慥調


四条河原町でノーベル賞の号外、もろた。
おめでとうございます。

ひとりでうろつく京都

八瀬の赦免地踊りの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


八瀬の赦免地踊りの記事、アップしました。

八瀬の赦免地踊りを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

「天皇の輿丁」として知られる洛北・八瀬の、八瀬童子。
江戸中期に赦免地特権を獲得した彼等が、その喜びを後世に伝えるべく、
裁決に貢献した秋元但馬守喬知を讃えて踊るのが、赦免地踊り。
江戸期より古い室町期の風流灯籠の系譜を引く汎洛北的な切子燈籠と、
八瀬にしかない由緒が、交錯する祭であります。
記事が面白いかどうかは知りませんが、祭は面白いですよ。
今年は12日の日曜開催。興味のある方は、是非。

ひとりでうろつく京都

「石清水八幡宮は初詣は混みますか」

Posted by 独虚坊 慥調


「石清水八幡宮は初詣は混みますか」
という検索ワード3連発で飛んできた方がいらっしゃいました。
石清水八幡宮は初詣は、混みます。
ただ、壮絶に混むのは三が日の昼間くらいでしょう。
元日の夜中や、三が日開けの5日とかなら、余裕です。
よろしかったら、またお越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

「叡山鉄道の鞍馬もみじのトンネル行きたい」

Posted by 独虚坊 慥調


「叡山鉄道の鞍馬もみじのトンネル行きたい」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
「好きなだけ、行ってらっしゃい」としか言いようのない希望ですが、
文頭の「叡山鉄道」という言葉が、何か格好良くて、響きました。
叡山電車のこういう呼び方って、昔あったんでしょうか。
とにかく、もみじのトンネルに関してうちでも記事にしてるので、ご参考に。
フリー切符を使って、6回もくぐってます。きっと参考になるはずです。
ただし、真似をして叡電や紅葉が嫌いになっても、知りません。

ひとりでうろつく京都

何となく知恩院、何となく工事車両

Posted by 独虚坊 慥調


何となく知恩院へ行ったら、
山門の前に何となく工事車両らしき車が止まってました。
いやまあ、ただそれだけなんですけど。工事してるんでしょうか。
そういえば、おとついに観た『舞妓はレディ』では、
随心院の書院と知恩院の男坂を繋いで見せてました。

ひとりでうろつく京都

『舞妓はレディ』、 見てきました

Posted by 独虚坊 慥調


昨日、映画の日だったので、
『舞妓はレディ』を1100円で見てきました。
世評通りというか、非常に丁寧に作られた映画でありました。
安易な名所ロケにさほど頼らず、セット主体で自前のビジュアルを立て、
なおかつ「俺なりの京都」的に全然なってないところが、いいんじゃなかと。
主人公の言葉が少しずつ京都化するプロセスが精密に描かれてますが、
その精密な段階描写が精密すぎて、気味悪いくらいです。
惜しむらくはラスト直前、世を拗ねたネイティブ院生から溢れ出す、京言葉。
私はああいう奴が大好きなので、一応焦らしてから溢れ出すなら、
もうちょっとだけアクセントの完成度を上げといて欲しかったなと。

ひとりでうろつく京都