私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

トップ画像、変えました(9月)

Posted by 独虚坊 慥調


こっちのトップ画像、変えました。
全て、石清水八幡宮の石清水祭となっております。
石清水祭、興味のある方は、今年こそ是非。

ひとりでうろつく京都

先斗町の石畳、一時消失

Posted by 独虚坊 慥調


先斗町の石畳、一時消失。

京都・先斗町の石畳消えた 工事で一時撤去、「風情半減」 - 京都新聞

水道管とガス管の取り換えのため、やむなくこうしてるとか。
2016年には、石畳が復活するそうですよ。まあ、しょうがないですね。
それまで待てないという方は、うちのサイトの鴨川川床カフェめぐりの記事を見て、
工事前の先斗町を眺めて悦に入って欲しいんですが、いやですか、ああそうですか。
写真は、その鴨川川床カフェめぐりの時に撮った、在りし日の石畳。

ひとりでうろつく京都

山ノ内浄水場跡、工事中

Posted by 独虚坊 慥調


山ノ内浄水場跡、工事中。
悪い目で遠くからこの青い物体を見ると、
空のように見えたりします。
跡は、京都学園大学に再生。
近くの安価+大盛のハイライト食堂は、
学生食堂として繁盛するんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

吉祥院天満宮へ何となく寄る

Posted by 独虚坊 慥調


吉祥院天満宮へ何となく寄る。
25日に行われた夏祭に行き損ねたので、
残り香があるかなと思い寄ったんですが、境内は普通。
若干普通じゃない感もあるキャラ像各種が、
普通に本殿を守ってました。

ひとりでうろつく京都

夏が終わっていく

Posted by 独虚坊 慥調


夏が終わっていく。
全然まだまだ暑いけど、日は確実に短くなりました。
特に何も感慨がないはずなのに、この時期、ちょっと鬱になります。
年々程度は軽くなりますが、何か、苦しくなります。
心のどこかで、まだ、夏をまともに楽しみたいと思ってるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

座り込む鳩

Posted by 独虚坊 慥調


座り込む鳩。
妙に目についたり、印象に残ったりするのは、
自分自身も座り込みたいと、切実に思ってるからでしょうか。
何なんでしょう、この無性に気持ちよさげな姿は。
八幡・放生川の公園にて。

ひとりでうろつく京都

大阪鶴橋冷麺

Posted by 独虚坊 慥調


京都と全然関係ないですが、大阪へ行き、冷麺を食す。
ちゃんとした店の冷麺ではなく、鶴橋駅の立ち食いそば店の「大阪鶴橋冷麺」。
なんちゃって冷やし中華みたいなもんが出てくるかと思ってたら、
御覧のような「一応、韓国冷麺」という感じのものが出てきて、驚きました。
さすが、鶴橋。さすが、大阪。


食券の自販機には只事ならぬ文字が並び、こちらも驚き。
「トッピングニシン」「カレーライス」「ユッケジャン」「缶ビールワンカップ」
あげくの果てに「ソフトクリーム」と、立ち食いの概念を超越するメニュー、林立。
さすが、大阪。「ひとりでうろつく大阪」、やってみたい。

ひとりでうろつく京都

雨雨雨雨雨雨雨雨

Posted by 独虚坊 慥調


最近、
土日とかイベントがある日にばかり、雨が降ってますね。
八幡は大川の合流地ゆえ、子供の頃から洪水の怖さは散々聞かされてきたんですが、
何か体感的に雨の降り方&水の溢れ方が変わってきたと感じます。
別のところから、別の恐怖が襲ってくるというか。

ひとりでうろつく京都

鳩が蛇口をひねる日は来るか

Posted by 独虚坊 慥調


8月下旬なのに、特に涼しくなる気配はないようです。
暑さで喉が乾いたのか、鳩までが蛇口で水を飲みたがってます。
このままの暑さが続けば、鳩、そのうち嘴で蛇口をひねり、
水を出すようになるんじゃないでしょうか。
そんなことを考えるくらい、暑い。写真は、八幡・放生川の公園。

ひとりでうろつく京都

レッドスティック、カモン

Posted by 独虚坊 慥調


レッドスティック、カモン。
何となく、言ってみました。写真は、八幡で見かけた何らかの花。

ひとりでうろつく京都

で、どうすんのん。

Posted by 独虚坊 慥調


で、どうすんのん、
ダイエーグルメシティ京極店=ピカデリー跡。


どうすんのん。

ひとりでうろつく京都

石清水八幡宮のライトアップはやっぱりないの

Posted by 独虚坊 慥調


8月後半の現在でもちょこちょこと
「石清水八幡宮 ライトアップ」という検索ワードで、
飛んでくる方がいらっしゃったりします。
前も書きましたが、今年は石清水八幡宮ライトアップ、ありません。
御覧のように、ケーブル駅も静かであります。

ひとりでうろつく京都

すっかり水が引いた鴨川

Posted by 独虚坊 慥調


すっかり水が引いた鴨川。
五山の送り火の時はものすごい濁流が溢れてましたが、
すっかり水が引いて、おまけに普段以上に水がきれいに見えます。
空が異常なくらいに青いからでしょうか。
死ぬほど暑いのに、何故か気持ちのいい日でした。こんな日は、珍しい。

ひとりでうろつく京都

干菜寺での小山郷六斎念仏奉納の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


干菜寺での小山郷六斎念仏奉納の記事、アップしました。

干菜寺へ小山郷六斎念仏奉納を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

干菜寺系の念仏六斎、そして空也堂系の芸能六斎と、
二つの系統に分類される京都の六斎念仏。
その一方の干菜寺系総本寺・その名もずばりな干菜寺において、
芸能六斎が奉納されるという、不思議といえば不思議な奉納であります。
ホームの講が途絶状態なため、近所の小山郷六斎が助っ人で入ってる、と
ゆえに、念仏系の総本寺ながら、御覧の猿が活躍したりと芸能全開。
アップが遅くなりましたが、明後日出かける方は、是非。
また、今晩上御霊神社での小山郷六斎奉納へ行く方も、是非。

ひとりでうろつく京都

「祇園花月と祇園会館は違うのですか」

Posted by 独虚坊 慥調


「祇園花月と祇園会館は違うのですか」
という検索ワードで、二度も飛んできた方がいらっしゃいました。
同じですよ。祇園花月は、会場に祇園会館を使って上演が行われてます。
で、11月だけは本来の用途である祇園をどりが行われるわけです。
気が向きましたら、またお越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

五山の送り火ネタ採取、失敗の歴史

Posted by 独虚坊 慥調


「メジャーどころへの単身特攻」をモットーにしながら、
うちのサイト「ひとりでうろつく京都」には、五山の送り火が登場しません。
なぜか。それは、ネタ採取に毎年失敗し続けてるからです。
大して書くことも無いので、今回はその「失敗の歴史」を、お目にかけてみましょう。
まずは2011年、三条のレンタサイクルで五山コンプを試みました。


大文字は吉田にて余裕で確保。


妙法は北大路大橋で確保。


でもあとは、北大路での左大文字確保以外、無残に失敗。


翌2012年、今度は阪急西院のレンタサイクルで、コンプに挑戦。


大文字は、北大路大橋付近にて余裕で確保。


妙法も、その近くにて余裕で確保。


でもまた北大路での左大文字確保以外、無残に失敗。
車はもちろん、自転車でさえ走りにくいのです。


というわけで、2013年は徒歩移動でコンプに挑みました。
まずは北大路大橋で、大文字を余裕確保。


で、法へ近づいたら、それだけで全てが終わったの図。


で、今年であります。さっき、見てきました。
とんでもない大雨の直後でしたが、大文字は御覧のように余裕で確保。
あとの送り火がどうなったのかは、また失敗に終わったのかは、
来年に記事にするまでのお楽しみ(狂)。

ひとりでうろつく京都

「花火の煙を吸い過ぎた時 対処」

Posted by 独虚坊 慥調


「花火の煙を吸い過ぎた時 対処」
という検索ワードで飛んできた方がいらっしゃいました。
ヒットしたページは、もちろんというか何というか、八木の花火
昨日の花火で、甘く見て前方へ出過ぎて、煙を吸ったんでしょうか。
すんませんが、うちのサイトに対処法は載ってません。誠に、すんません。
気が向いたら、またお越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

烏丸御池のいきいきうどんのとり天が、好きでしょうがない

Posted by 独虚坊 慥調


全くどうでもいいことですが、
烏丸御池でセルフながら本格的な讃岐うどんを出すいきいきうどんの、
オプションで出してるとり天が、好きでしょうがありません。
最初のうちは、ひとつ取って席に着き、食って悦に入り、
思わずカウンターへ戻ってもう1個買うというのを繰り返してましたが、
そのうち最初から2個買うようになり、最近は3個食うようになりました。
そのため、メインのうどんを小で頼み、金銭的には対応してます。
「とり天4つ+うどんなし」というオーダーをやらかす日も、近いんじゃないかと。
全く京都に関係なく、恐らく讃岐にも全く関係ない味ですが、ああ美味い。

ひとりでうろつく京都

流れ橋、流れなくなるかも

Posted by 独虚坊 慥調


流れ橋、流れなくなるかも。

流れ橋、京都府知事「構造見直しを」 台風で4年連続流失 - 京都新聞

「流され過ぎて、もはや橋として機能してない」と、
恒久的な橋への掛け替えも込みの形で、橋の構造を抜本的に見直すとか。
まあ、毎年流されてると、そういうことにもなるんでしょうね。
とはいえ、まともな橋を作るとなると、第二京阪に近過ぎますしね。
となると、沈下橋にでもするんでしょうかね。

ひとりでうろつく京都

「無法地帯 京都」

Posted by 独虚坊 慥調


「無法地帯 京都」という検索ワードで、
うちのサイトへ飛んできた方がいらっしゃいました。
ちなみにページは、県祭の記事
「そんなとこ、あるのか」と思う八幡人の私ですが、
でも昨日の夜は、ほんのちょっとそんな匂いがあったような。
宇治川花火が中止になったためか、
輩な輩が少しだけ元気だったような気がします。

ひとりでうろつく京都

宇治川花火、中止

Posted by 独虚坊 慥調


宇治川花火、中止。残念。
2012年の記事で、気分だけでも味わって下さい。よけい、残念な気分になるか。


下鴨納涼古本まつりは、明日からに順延。
こちらも、今日行くつもりだった方は、2013年の記事で気分だけでも味わって下さい。

ひとりでうろつく京都

流れ橋、今年も流れる

Posted by 独虚坊 慥調


流れ橋、今年も流れる。
毎年恒例となってしまい、「流れ過ぎ」とも言われる流れ橋、
今回の台風でも、きっちり流されてしまったようです。
淀川河川事務所のライブカメラ映像では、完全に流れてます。

映像で見る淀川 - 淀川河川事務所

本当に流れ過ぎとはいえ、市民としては早期復活を願います。

ひとりでうろつく京都

宇治川花火、ぼちぼちと

Posted by 独虚坊 慥調


宇治川花火
ぼちぼちと検索で飛んでくる方が増えてきました。
車で行くのは、無理なんじゃないでしょうか。
京都市内からは、場所にもよるけど、無理なんじゃないでしょうか。
八幡は、八幡山から見れなくもないですけど

ひとりでうろつく京都

やぎの花火大会の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


やぎの花火大会の記事、アップしました。

南丹市やぎの花火大会へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

最近は男前豆腐店で多少有名になったものの、
基本的には地味な存在の南丹市八木町で行われる、超絶花火大会
ほとんど目の前という至近距離で巨大な玉がぶっ放されるため、
寝転ばないと全景が観れないという、無茶苦茶な迫力で名を売る花火です。
近年特にメジャー化し、そのおかげ+去年の福知山の事故の関係か、
今年からは有料スペースが拡大されるなど大幅な変更されるそうで
そのため、情報としての価値はかなり少ない記事になりました。
が、花火の凄みは変わらないと思うので、その辺を感じたい方は、是非。
私にとっては、親の実家ゆえ幼少の頃からよく見た花火で、
そんなどうでもいい個人的話も、かなり記事の実用性を下げてます。
が、それでも花火自体は、とんでもないです。出かける方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都

2014年8月7日の、暑い。

Posted by 独虚坊 慥調


暑い。
同じようなことを何度も書いてる気がするので、
日時を明記して改めて書きますが、2014年8月7日、暑い。
言ってもしょうがないし、言うと余計に暑くなる気もしますが、暑い。
暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。

ひとりでうろつく京都

「棚経に呼ばれた親戚は」

Posted by 独虚坊 慥調


「棚経に呼ばれた親戚は」
という検索ワードで飛んで来た方が、いらっしゃりました。
六斎念仏の記事がヒットしたようですが、お訊ねなのはたぶん、
「棚経に呼ばれた親戚=自分は、どうしたらよいのか」という、
お盆絡みの実際的な事柄なんでしょう。
すいません、わかりません。家ごと、地域ごとにも違うんでしょうし。
気が向きましたら、またお越し下さいませ。

ひとりでうろつく京都

明日は、下鴨神社の矢取神事

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、下鴨神社の矢取神事
御覧の写真のように、何も見えないようにならないよう、
出かける方は場所取りを頑張って下さい。
私は行けません。暑過ぎて、もうどこにも行きたくない・・・。

ひとりでうろつく京都

下鴨納涼古本まつりの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


下鴨納涼古本まつりの記事、アップしました。

下鴨神社・糺の森の納涼古本まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

「納涼」と銘打ちながら、全く涼しくない、
むしろはっきり暑い日中の下鴨神社・糺の森で、
数十万冊に及ぶ古書が並ぶ、下鴨納涼古本まつり。
いつもは適当に寄って適当に本を見るだけなんですが、
2013年はあまりにも、面白いくらいに暑かったので、
ちょっと思いつきで記事にしてみました。
暑さ何のそので本を探しに行こうと思ってる方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都

何故か、坂本。

Posted by 独虚坊 慥調


今日、何故か、坂本をうろうろしてました。
坂本というのは、比叡山坂本。比叡山の滋賀県側の入り口。
何の理由もなく、何の目的もなく行ったため、
このような意味不明の写真しか撮ってません。
呼ばれたんでしょうか、叡山に。呼ばれてるんでしょうか、叡山に。
写真に写ってるのは、京阪石山寺線・坂本駅にある、何か。

ひとりでうろつく京都

「キュウリ 叩く 寺」

Posted by 独虚坊 慥調


昨日の午後から今日の午前にかけて、
「キュウリ 叩く 寺」といったワードで飛んでくる人が、異常にいました。
来たページは、いずれも五智山蓮華寺のきゅうり封じの記事
何かあったんでしょうか、きゅうりに。不思議。

ひとりでうろつく京都