私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

よいお年を

Posted by 独虚坊 慥調


今年も一年、ありがとうございました。
来年も、より孤独に、より不毛に、より無意味なサイト作りに邁進したいと思います。
というわけで、夜からはまた、除夜の鐘めぐりです。これから、行ってきます。
あと、トップページが元日0時をもって、ちょっと変わるので、見てくれると嬉しいです。
それでは、よいお年を。

2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【3】

2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】

2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

ひとりでうろつく京都

トップ画像、変えました(1月)

Posted by 独虚坊 慥調


トップ画像、変えました。
まだ年が明けてませんが、1月の写真に変えてます。
さて、明日はどこをどう回りましょうか。
私同様、ひとりで除夜の鐘と初詣先をもとめて徘徊される方は、
全然参考にならない気もしますが、以下の記事も是非。

2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【3】

2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】

2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

ひとりでうろつく京都

わははははははははははははは

Posted by 独虚坊 慥調


わははははははははははははは。

DS、600台眠る 英語学習用・八幡の4中学導入 - 京都新聞

わははははははははははははは。
やることも悪いし、やった場所も悪い。悪過ぎたという。
わが街、やわた。母校がこんなことになってると思うと、面白い。いや、嘆かわしい。
ついでに、自分の払った税金がこんなことに使われてるのかと思うと、面白い。いや、嘆かわしい。

ひとりでうろつく京都

男山ケーブルの臨時きっぷうりば

Posted by 独虚坊 慥調


男山ケーブルの臨時きっぷうりば、既に設置済み。
いよいよ、正月です。今回は、どこをどうやって年越ししましょうか。
どこも行かずに、ゆっくりと石清水八幡宮だけお参りしましょうか。
あるいは、とんでもなく遠いところへ行きましょうか。
こんなことを考えてる時だけ、楽しい。

2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】
2011年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【3】

2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【1】
2012年への年越しを、京都で迎えました。もちろん、ひとりで。 【2】

2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【後篇】


ひとりでうろつく京都

2013年の年越し記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2013年の年越し記事、アップしました。

2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【前篇】
2013年への年越しを、嵯峨嵐山で迎えました。もちろん、ひとりで。 【後篇】

タイトル通り、嵯峨嵐山を中心として、
天龍寺→常寂光寺→二尊院→大覚寺と除夜の鐘を求めて彷徨い、
児神社→福王子神社→北野天満宮と初詣しながらひたすら歩き続ける、
不毛な年越しのドキュメントです。
何故か西院春日神社の鳴釜神事と、嵐山での年越し蕎麦も、出てきます。
参考にする人がいるとは思えませんが、参考にされる方はご参考に。

ひとりでうろつく京都

クリスマスネタ、行ってきました

Posted by 独虚坊 慥調


クリスマスネタ、行ってきました。
やはり、生ぬるい感じの上がりとなっております。
写真は、宿のテレビで朝にみた、何とも言えない気持になるニュースの画面。
愛ゆえに、人は悲しまねばならぬ。愛ゆえに、人は苦しまねばならぬ。
そんなことが妙に沁みる場所で見たため、印象的なニュースでありました。

愛とは何か、性とは何か、そして生殖とは何か。
独男を名乗る以上、絶対に逃げることができないこれらの問題を、
真正面から見つめようとして、でも結局は退きまくり、媚びまくり、
でも省みる知恵はやっぱり身につかないクリスマスネタ2013年度版は、
来年12月に公開予定。
忘れずに待ってくれたら、必ず期待に応えます。いや、嘘です。

ひとりでうろつく京都

クリスマスネタ、行ってきます

Posted by 独虚坊 慥調


クリスマスネタ、行ってきます。
実際に行くのは明日の夕方ですが、とりあえず。
今年は闇深きところで、ひとり聖夜を過ごそうと思います。
今までの生ぬるく下らないものとは違う、重く、マジなものにしたいんですが、
それでも多分、例年通りに生ぬるく下らないものになると思います。
記事になるのは来年ですが。それまで、下記の過去記事でお楽しみくださいませ。

【2010年】
PHいずみハウスで聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。
クリスマス・イヴの伏見稲荷へ行きました。もちろん、ひとりで。
クリスマス早朝の清水寺へ行きました。もちろん、ひとりで。


【2011年】
妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【前編】
妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【後編】


【2012年】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】


ひとりでうろつく京都

クリスマスの記事、宣伝です

Posted by 独虚坊 慥調


クリスマスの記事、宣伝です。
宣伝ばっかりしてますが、でも、宣伝です。見て、見て。

【2010年】
PHいずみハウスで聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。
クリスマス・イヴの伏見稲荷へ行きました。もちろん、ひとりで。
クリスマス早朝の清水寺へ行きました。もちろん、ひとりで。



【2011年】
妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【前編】
妙蓮寺宿坊で聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。【後編】



【2012年】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】


並べてみると、アホの洪水で、我ながら嫌になる。
でも、今年ももちろん、やります。で、記事にするのは来年の暮れ。とことん、アホです。

ひとりでうろつく京都

嵐山花灯路の記事、また宣伝です

Posted by 独虚坊 慥調


嵐山花灯路の記事、また宣伝です

京都・嵐山花灯路2010へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

京都・嵐山花灯路2013へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

連休に特攻を考えている同志の方、そうでない方、気が向けばご参考に。
連休の嵯峨は多分、寒いよ。多分、ずっと無茶苦茶寒い。

ひとりでうろつく京都

王将社長、散る

Posted by 独虚坊 慥調


王将社長、散る。

「王将」社長 撃たれ死亡 山科の本社前、胸など3カ所 - 京都新聞

Hard Food From Hard City。
荒れ狂う俺達の胃袋を満たす食い物は、荒れ狂う街でしか生まれない。
やるか、やられるか。食うか、食われるか。あんたは、どっちだ。
俺は、食うぜ。疲れてると、食いもんに食われるような気もするけどな、王将。
写真は、哀悼の意を表して、一号店の伊賀皇帝僧犯井伊。

ひとりでうろつく京都

嵐山花灯路の記事、宣伝です

Posted by 独虚坊 慥調


嵐山花灯路の記事、宣伝です。

京都・嵐山花灯路2010へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

京都・嵐山花灯路2013へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

今週末あたりに行こうと思ってる方は、ご参考に。
それにしても、寒い。寒過ぎる。

ひとりでうろつく京都

クリスマスの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


クリスマスの記事、アップしました。

京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【1】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【2】
京町家一軒貸し宿泊処・懐古庵を一軒借りして、聖夜を過ごしました。もちろん、ひとりで。 【3】

無限に増殖し続けている町家ショップ or 町家宿。
メジャースポットの単独正面突破をうたう以上、行かないわけにはいきません。
というわけで、聖夜に町家宿を一軒借りしてみました。
安価+ひとり宿泊が可能なとこが全然なかったりする町家宿ですが、
東山三条近くの懐古庵は何とか予約が取れ、潜りこんでます。
それでも出費が痛いので、食事は宿の台所を使って、完全自作。
ねぎうどん、聖護院大根のおばんざい、クリスマス白味噌雑煮などを作ってます。
孤独と狂気が爆発する聖夜 in 町家、ぜひ御堪能ください。

ひとりでうろつく京都

嵐山花灯路の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


嵐山花灯路の記事、アップしました。

京都・嵐山花灯路2013へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

9月の台風で被害を蒙った嵐山、
その健在をアピールすべく、今年も気合を入れて花灯路を開催してます。
そんな嵐山を応援すべく、うちとしては異例中の異例、行った翌日の記事アップです。
もともと台風の被害は大したものではなく、客も元気が余ったような連中ばかり。
いろんな意味で、花灯路らしい花灯路がしっかり展開されてる様、
応援になってるどうかわからんような内容ですが、お楽しみください。

ひとりでうろつく京都

メリー・クリスマス、ミスター・大魔神

Posted by 独虚坊 慥調


メリー・クリスマス、ミスター・大魔神。

「大魔神」サンタに変身 右京の商店街、Xマス気分 - 京都新聞

BGMは、もちろんこれで。



ひとりでうろつく京都

ジャスミンティーは、大中誘う薬

Posted by 独虚坊 慥調


宇治駅で十六茶の烏龍ジャスミンブレンドを飲んでたら、
猛烈に伏見の大中のことを思い出して、猛烈に食いたくなった。
我慢したけど。今日は本当に、寒い。

ひとりでうろつく京都

「鴨東電鉄」

Posted by 独虚坊 慥調


明治期の私鉄計画路線「鴨東電鉄」のルートが乗った地図が見つかったそうな。

幻の京の私鉄地図発見 大和大路に明治期計画「鴨東電鉄」か - 京都新聞

京阪も京津も開通する前、
その両者のステーション=五条&三条を、大和大路でつなぐ計画。
路線が短過ぎるし、三条まで延伸するつもりの京阪と競合するので、却下されたと。
あんなとんでもなく狭い道で電車を走らせるのか、と思ってしまうが、
考えてみたら、かつての木屋町通には実際に電車が走ってた。
当時の道はそんなのんびりした感じだったのかも知れない。
上の図は、適当に描いたもの。

ひとりでうろつく京都

石清水八幡宮の紅葉、今頃、盛ん

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮の紅葉、今頃、盛ん。


冬だというのに、こんなに色づいて。
ごらんの裏街道は、まだ工事中。正月には、使えるのかな。

ひとりでうろつく京都

球技スタジアム、亀岡駅の北側に

Posted by 独虚坊 慥調


球技スタジアム、亀岡駅の北側に作るらしい。

球技スタジアム亀岡に 京都府が方針 - 京都新聞

が、アユモドキの保護が問題になってるらしい。

アユモドキ生息地実験必要 亀岡球技場で専門家会議印刷 - 京都新聞

天然記念物も大事だが、洪水になった時の水の処理は、どうなるんだろう。

ひとりでうろつく京都

クリスマスのネタ、決定

Posted by 独虚坊 慥調


今年のクリスマスのネタ、決定。
去年は取れなかった予約が、めでたく押さえられたので、決定。
でも、当日までに去年分の記事ができあがるかは、まだ不明。

ひとりでうろつく京都

トップ画像、変えました(12月)

Posted by 独虚坊 慥調


こちらのトップ画像、変えました。
先月の紅葉とは違い、完全なるモノクロ画像に戻ってます。
色を残してもいいんですが、どの色を残すのか考えるのが、もうめんどくさい。
この写真みたいに、元の写真に色が全然ないののもあるし。

ひとりでうろつく京都

市バス、PiTaPaが使えるようになる

Posted by 独虚坊 慥調


市バス、PiTaPaが使えるようになる。

市バス、来年度ICカード導入へ 京都市交通局 - 京都新聞

おおお、遂に、遂に、導入。
これでやっと、あの面倒くさい両替から解放される。
2014年後半の使用開始に向けて準備中だとか。
16億円かかるって、そりゃ導入も遅れるわな。

ひとりでうろつく京都

宝厳院のライトアップの記事、アップしました。

Posted by 独虚坊 慥調


宝厳院のライトアップの記事、アップしました。

宝厳院の秋の夜間特別拝観へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

今年の紅葉シーズンの最中に、
前年の紅葉が散り去ったあとの枯枝ライトアップ記事をアップする、狂気。
しかも、嵐山花灯路を借景にしたライトアップを見る内容にしてるのに、
今年は花灯路の期間がすれこんで、借景が楽しめないという不条理。
無意味に近い内容になってますが、でも、庭自体はいいとこです。
今度の週末に嵐山へ行く方は、ご参考に。

ひとりでうろつく京都