私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

祇園祭終了広告

Posted by 独虚坊 慥調


京都新聞に、恒例の祇園祭終了広告が出てた。
疫神社の夏越祭、茅の輪はまた毟られて、裸の輪になってたのかな。
明日から、8月。この暑さが、もっと酷くなるんだろうか。

ひとりでうろつく京都

八幡駅近観光の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


八幡駅近観光の記事、アップしました。

八幡駅近観光をやってみました。もちろん、ひとりで。

京阪八幡市駅から徒歩10分以内の範囲で、
石清水八幡宮以外のスポットをウロウロしています。
エジソン像の前から出発して、飛行神社へ行き、らくがき寺という流れ。
幼少期をこの辺で過ごした人間としては、全く何の違和感もない文章なんだけど、
客観的にみると、結構異常なワードが並んでますな。
エジソン像。飛行神社。らくがき寺。全てがちょっと、おかしいという。
とはいえ、Bスポだのの面白風味寄りな内容ではなく、
穏やかな町を穏やかに歩く内容にしてます。

ひとりでうろつく京都

トイズかめた

Posted by 独虚坊 慥調


京都新聞の「おもちゃ花火、少子化で下火」という記事を読んでると、
「トイズかめた」という名前が出てきて、何か聞き覚えがあると思った。
で、調べると、大手筋の京阪入口の真横にあるおもちゃ屋のことだった。
あそこ、トイズかめたっていうのか。
子供の時にちょくちょく行ったことがあるけど、全然知らんかった。
写真は、そのトイズかめたの前で踏切待ちする、花傘
花火をやりたかったら、八幡へおいで。木津川の河原とか、いいぞ。
条例も法律も、ここは多分、関係ない(嘘)。

ひとりでうろつく京都

「そうだ 京都、行こう」のCMで、 最初のカットに使われてた安居橋を、同じアングルで撮ってみる

Posted by 独虚坊 慥調


「そうだ 京都、行こう」のCMで、
最初のカットに使われてた安居橋を、同じアングルで撮ってみる。
夜だけど。真っ暗だけど。
CMで見るとまるで伊勢神宮みたいな清清しさが漂ってるが、
実際は、足元を流れる川はかなりのディープ。
私も、子供の頃はカエルをさばいたりした。
今でも、凄い音量でカエルは鳴いている。

ひとりでうろつく京都

石清水八幡宮の夏の夜間特別拝観の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


石清水八幡宮の夏の夜間特別拝観の記事、アップしました。

石清水八幡宮の夏の夜間特別拝観へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

今夏、「そうだ 京都、行こう」 と提携して、
夏の間ぶっ続けでライトアップを行う、石清水八幡宮
その頑張りを、山麓からケーブル、本殿や出店に至るまで、眺めてます。
地元民としては、ネットを見るたびサイドバーとかの広告のところに、
斜めの本殿が現れるのが実に妙な気分だったりするんですが。
京都市内の人たちは、年がら年中、こんな気分を味わってるんでしょうか。

ひとりでうろつく京都

MOVIX京都へ『風立ちぬ』を観に行った

Posted by 独虚坊 慥調


MOVIX京都へ『風立ちぬ』を観に行った。
もちろん、1200円のレイトショーで。そしてもちろん、ひとりで。
いろんな意味で、凄い映画だった。
予告編ほど感動はしなかったけど、別の何かが重く、残る。
宮崎駿の映画を京都で見るのは『もののけ姫』以来だったので、
その間の河原町の映画館の変遷ネタでも無理矢理絡ませて、
記事にしようかなとか思ってたけど、何か、無理。
そういう感じの映画じゃないよな。
庵野声が冴え渡る「君たち、ひもじいんでしょ」に、大爆笑。
そして、針音と共に始まったエンディングの「ひこうき雲」、
爆音だと声が震えてるのがよく分かって、それがちょっと、やばかった。
立てない女性たちの間をすり抜けて、館を出る。
いろんな意味で、凄い。

ひとりでうろつく京都

疫神社・夏越祭の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


疫神社・夏越祭の記事、アップしました。

八坂神社・疫神社の夏越祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

祇園祭のフィナーレを静かに飾る、
八坂神社の摂社である疫神社の、夏越祭。
祇園祭 = 祇園御霊会のルーツを強く感じさせる神事です。
といっても、基本的は茅の輪をくぐるだけなので、
やたら祇園守 = ギオンマモリ = ムクゲの写真がたくさん出てきます。
写真の花も、もちろん、ギオンマモリ。

ひとりでうろつく京都

明日は最後の花傘巡行かも

Posted by 独虚坊 慥調


明日は、花傘巡行。
後祭の復活が来年からになれば、
花傘巡行も現行のスタイルは今年で見納めということになるかも。
私は行けそうにないが、晴れるといいな。
写真は、2011年の巡行。記事にもしてます

ひとりでうろつく京都

蒸し暑い、でも落ち着く

Posted by 独虚坊 慥調


暑い。蒸し暑い。
先週末が爽やかな暑さだっただけに、堪える。
ただ、あんなに爽やかだと、何か別の土地にいるような気分になる。
空気の匂いや、自分の汗の匂いまで違って感じるようになり、
妙に浮き足だって落ち着かない気分になる。
蒸し暑さが戻ると、「うだ~っ」と死にたいような欝さがブリ返すが、
同時に心がどこか落ち着いたりする。
因果な。写真は、土曜日の爽やかな放生川と男山。

ひとりでうろつく京都

きゅうり封じ、開催中

Posted by 独虚坊 慥調


きゅうり封じ、やってますな。
弘法大師が遺した秘法、きゅうり封じ。
のおまくさんまんだ、ばざらだんかんの、きゅうり封じ。
五智山蓮華寺と神光院。蓮華寺は、うちでも記事にしてます
明日まで。具合の悪いところのある人は、どうぞ。

ひとりでうろつく京都

飛行神社へ行ってきた

Posted by 独虚坊 慥調


飛行神社へ行ってきた。
『風立ちぬ』の初日ということで、ゼロ戦の残骸を拝む。
空に憧れて、空をかけてゆく。あの子の命は、ひこうき雲。
映画、どこで観ようか。というか、観に行くのか。
もうシネコンしかない京都で、映画を観る気はしないけど。
音が死ぬほど悪くてセリフが全然聞き取れなかった、
東宝公楽での『もののけ姫』が、今となっては懐かしい。

ひとりでうろつく京都

狸谷山不動院の火渡り祭の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


狸谷山不動院の火渡り祭の記事、アップしました。

狸谷山不動院の火渡り祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

本殿を燃やしかねない勢いで護摩を焚き、
その残り火の中を一般参拝者が裸足で歩き、お清めとする、火渡り。
アクセスの苦労から、現場の混雑、そして「火」は本当に熱いのかなど、
いろいろやってます。思い出しただけでも、疲れる。

ひとりでうろつく京都

宵山の記事に異常な数の人が来た

Posted by 独虚坊 慥調


そういえばここ数日、宵山の記事に異常な数の人が来た。
Googleで「祇園祭宵山楽しみ方」で検索すると、
何故かうちが1ページ目の4番目くらいに表示されたので、本当に人が来まくった。
もちろん来た方の大半は、とんでもない勢いで帰りまくって行った。
何か、申し訳ないですなあ。
というか、宵山の楽しみ方って、一体何なんだろう。私も、知りたい。
写真は、2011年の放下鉾の日和神楽。

ひとりでうろつく京都

山鉾巡行、行ってきた

Posted by 独虚坊 慥調


山鉾巡行、行ってきた。
暑さも人圧も、例年より全然マシだった。
記事になるのは、また来年。

ひとりでうろつく京都

雨のち人

Posted by 独虚坊 慥調


「雨のち人」と、
京都新聞が昨日の宵々々山のことを書いてる。

雨のち人 祇園祭・宵々々山 - 京都新聞

人出は去年より4万人少ないらしいが、
それでも地獄だろうな、混雑も蒸し暑さも。
もう絶対、行きたくない。写真は、2011年の宵々々山

ひとりでうろつく京都

八幡山、玄関幕を家々に張る

Posted by 独虚坊 慥調


八幡山保存会が、玄関幕を家々に張ってるそうな。

かつての風習再現、玄関幕を家々に張る 八幡山保存会 - 京都新聞

今年は、いつ見に行こうか。とか言ってる間に、終わってしまいそうな予感。
そしてそれ以上に、連休+混雑+突然豪雨の組み合わせが、怖過ぎる件。
休み明けの宵山や山鉾巡行の方が、案外空いてたりして。
写真は、去年の八幡山の会所。
「はちまんやま」ではなく「はちまんさん」と読むのは、
ネイティブの人か、山鉾オタクか、八幡市民。

ひとりでうろつく京都

八幡市駅前の特設ステージ

Posted by 独虚坊 慥調


八幡市駅前、というか男山ケーブル駅前に、特設ステージができていた。
八幡さんがライトアップしてる間、ライブコンペをするらしい。
でも今日は、とんでもない豪雨。

ひとりでうろつく京都

2012年の祇園祭・山鉾巡行の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


2012年の祇園祭・山鉾巡行の記事、アップしました。

2012年の祇園祭・山鉾巡行へ行ってきました。もちろん、ひとりで。【前篇】
2012年の祇園祭・山鉾巡行へ行ってきました。もちろん、ひとりで。【後篇】


朝7時頃の飾りつけ中の山鉾町から、14時過ぎの解体まで、
炎天下の中をウロウロと追尾しています。
思いっきり手抜き状態ですが、興奮と疲労がうずまく空気感を感じてください。

ひとりでうろつく京都

高良神社の太鼓まつりの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


高良神社の太鼓まつりの記事、アップしました。

高良神社の太鼓まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

石清水八幡宮の摂社にして地元の氏神であり、
『徒然草』では仁和寺の法師が石清水と間違えたことで知られる、高良神社。
盛夏が始まる頃、その高良神社で行われる例祭が、太鼓まつりです。
「ドンドンドドドン」と太鼓を鳴らしながらの宮入りの興奮とリアリティを、
感じてもらえると嬉しいです。

ひとりでうろつく京都

そういえば今日は、神輿洗

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば今日は、神輿洗。
私は今年は行けませんでしたが、行った方は暑さ、大丈夫だったでしょうか。

ひとりでうろつく京都

舞鶴線にクマが出た

Posted by 独虚坊 慥調


舞鶴線にクマが出た。

電車がクマはね緊急停止 京都・綾部のJR舞鶴線 - 京都新聞

確かに山の中を走って記憶があるけど、クマが出るのは知らんかった。
写真は、何年か前に乗った、西舞鶴発綾部行きの電車。
18きっぷで、また乗りに行きたい。こんな暑いところ、もういやや。

ひとりでうろつく京都

暑いと言ったら余計に暑くなるが、でも暑い

Posted by 独虚坊 慥調


暑いと言ったら余計に暑くなるが、でも暑い。
梅雨明けしたらしい。でも、蒸し暑い方がまだマシと思えるくらい、暑い。
でもここまで暑くなると、みんな平等に暑い感じがして、妙に楽しい気分になってくる。
ちょっと前の頃みたいに、暑さの個人差がなくなるから。誰にとっても、間違いなく、暑いという。
電車のクーラーがちゃんと効いてると、それだけで「やっとわかってくれたか」と、嬉しい気分になる。
死ぬほどどうでもいい話だけど。

ひとりでうろつく京都

特に理由もなく、瀧尾神社へ寄る

Posted by 独虚坊 慥調


特に理由もなく、瀧尾神社へ寄る。
それにしても、今日は暑かった。これからどれだけ、暑くなるんだろう。

ひとりでうろつく京都

そうだ、そうだ京都行こうで八幡がフィーチャーされてるんだった

Posted by 独虚坊 慥調


そうだ、そうだ京都行こうで八幡がフィーチャーされてるんだった。

2013年夏 親子で歩く 「はちまんさんの夏、京都の学び旅」 - そうだ 京都、行こう

祇園祭も放り出して、八幡か。
ええ根性してるやんけ。それとも、とことんネタ切れか。
去年の大雨で崩れた裏参道も、そうだ客を見込んでるのか、大分直ってきた気配。


ライトアップもやるらしいぞ。
でも、名所の太鼓橋は工事中で、完成はライトアップ終盤の8月末予定。

ひとりでうろつく京都

京都会館、「ロームシアター京都」に改名

Posted by 独虚坊 慥調


京都会館、「ロームシアター京都」に改名するって。

京都会館改め「ロームシアター京都」 命名権で再整備後50年 - 京都新聞

何か、存在感が小さくなる気がするのは、私だけでしょうか。

ひとりでうろつく京都

祇園祭・昼の宵々山の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


祇園祭・昼の宵々山の記事、アップしました。

祇園祭の昼の宵々山へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

真昼の、死ぬほど暑い山鉾町をウロウロと歩き、
人間の海の中を泳いで、全山鉾をただただ網羅してます。
かなり手抜き気味ですが、これが限界。本当に、しんどいのよ。
参考になる情報はあんありないでしょうが、
あの独特の空気感、幻想と疲労が入り混じるあの空気感を、
感じ取ってくれると、嬉しいです。

ひとりでうろつく京都

大手筋踏切、アゲイン

Posted by 独虚坊 慥調


大手筋踏切、アゲイン。
今日も 「ブー」 という警報音が、延々と鳴り続ける。
その数秒後に、特急が爆走したりする。怖過ぎ。

ひとりでうろつく京都

祇園祭・山鉾曳初めの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


祇園祭・山鉾曳初めの記事、アップしました。

祇園祭の山鉾曳初めへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

山鉾巡行を控え、試走を行う曳初め。
曳き手で一般人が参加できるため、地元を中心に人気がある行事です。
山鉾と人間の距離、山鉾と車の距離などが、圧倒的に近し。
本番とはまた違う祭りの醍醐味が、溢れてます。

ひとりでうろつく京都

トップの写真、変えました

Posted by 独虚坊 慥調


トップの写真、変えてみました。
7月ということで、祇園祭の写真ばっかりです。
月鉾の人形、いい顔してはります。

ひとりでうろつく京都