私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

夏越祓、くぐりまくってきました

Posted by 独虚坊 慥調


夏越祓、くぐりまくってきました。
足がしんどいので、数は少なめ&時間も短めですが。
記事にするのは、たぶん来年。
写真は、わら天神横の大力餅で、きつねうどん&水無月。
水無月もいいが、うどん、めちゃ美味い。
丼のサイジングから、出汁のクオリティ、そして舌に絶妙に絡んでくる麺。
こういう種類の美味さ、なかなか人には伝わらんのよね。

ひとりでうろつく京都

明日は夏越祓

Posted by 独虚坊 慥調


明日は夏越祓
私もあちこちウロウロしようかなと。で、記事を書くのは来年と。

ひとりでうろつく京都

伏見桃山のホームから、大手筋踏切を見る

Posted by 独虚坊 慥調


伏見桃山のホームから、大手筋踏切を見る。
見るというより、目の前にあるけど。
「ブーっ」という音が鳴りまくる中、平気で渡る人たちを、毎回、見る。
何回見ても、超怖い。

ひとりでうろつく京都

ゼスト御池で、京都にまつわる曲に限定したのど自慢大会をやってるらしい

Posted by 独虚坊 慥調


ゼスト御池で、京都にまつわる曲に限定したのど自慢大会をやってるらしい。

老若男女、京都を歌え 「ご当地」のど自慢 - 京都新聞

優勝者には、
ゼスト御池で単独ライブを開くことができる権利と、買い物券3万円分が贈られるとか。
「どっちもいらん」という人がほとんどだろうが、飛び込みで阿呆な歌を歌うとかなら、やってみたい。
『京都買います』の『魔笛』を口だけで歌うとか。
写真は、山鉾巡行の時のゼスト御池の土産もの特売会。

ひとりでうろつく京都

藤森神社の紫陽花苑の記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


藤森神社の紫陽花苑の記事、アップしました。

藤森神社の紫陽花苑へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

雨の日に、フラ~っと立ち寄った感じの記録です。
雨というか、台風まで来てたため、人も花も少なめですが。
神社周辺のウロウロし、力餅食堂にも寄ってます。

ひとりでうろつく京都

八幡市文化センターで 『レ・ミゼラブル』 を観た記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


八幡市文化センターで 『レ・ミゼラブル』 を観た記事、アップしました。

八幡市文化センターで映画 『レ・ミゼラブル』 を観てきました。もちろん、ひとりで。

DVD発売一週間前に、1300円払って、観たった・・・。
「最初から最後まで歌いっぱなし」 のミュージカル映画を、
音響の良さが売りのホールでみた結果は、いかに。
加えて、京阪八幡市駅から文化ホールまで、
東高野街道を通って町ブラ的に歩いて行くルートの紹介も、あります。
もちろん、八幡名物のカレー中華も、しっかり登場。

ひとりでうろつく京都

天皇陛下が京都へ来てはる

Posted by 独虚坊 慥調


天皇陛下が京都へ来てはる。

両陛下、冷泉家住宅を訪問 - 京都新聞
両陛下「聴竹居」を視察 大山崎、環境配慮の工夫鑑賞 - 京都新聞

そういえば、京都迎賓館の一般公開へ応募したんだけど、
返事が来るのはまだ先かな。あるいは、来ないのかな。
写真は、いつか行った御所の一般公開。

ひとりでうろつく京都

常盤町架道橋

Posted by 独虚坊 慥調


京阪八幡市駅からちょっと京都よりのところに
「常盤町架道橋」なるものがある。かなり年季のいった感じの煉瓦橋。


子供の時は意識することなく見てたが、
今見ると、結構古い。まさか京阪の開業当時のままとか。


「常盤町架道橋」の名前は、これを見て初めて知った。
でも、作った年は書かれてない。いつごろ出来たんでしょうか。


そんなことを思いながら、無為に散歩した夕方。
この写真は、橋本で見かけた花。奥の三角屋根は、遊郭検番所。

ひとりでうろつく京都

放下鉾、ややこしいことになってる。

Posted by 独虚坊 慥調


放下鉾、ややこしいことになってる。

放下鉾巡行参加へ 人数を確保 囃子方と対立保存会が新組織 - 京都新聞

去年、「放下鉾 喧嘩」で飛んでくる人がたくさんいたので、
何があったのかと思ったら、もめていた。
私には何の関係もないけど、仲良くしてくれ。

ひとりでうろつく京都

天得院のキキョウ、咲いてるらしい

Posted by 独虚坊 慥調


天得院のキキョウ、咲いてるらしい。

夏至の雨 キキョウ輝く 東山・天得院 - 京都新聞

天得院は東福寺の塔頭で、普段は非公開だが、
キキョウが咲く時だけ、朝から夜まで一般公開している。
夜の東福寺が異常に怖いためか、夜間拝観は割と人が少なく、
気のいい和尚さんの雰囲気もあって、ひとりものにも結構、いい感じ。
写真は、何年か前に見た、夜のキキョウ。

ひとりでうろつく京都

天一の社長、元衆院議員を訴えてる

Posted by 独虚坊 慥調


天一の社長、元衆院議員を訴えてる。

「天下一品」社長、投資めぐり元衆院議員を提訴 - 京都新聞

5千万円を送金したら、なしのつぶて、と。
社長は「実現不可能な契約」と主張。
元議員は「来客中」と取材拒否。なんじゃそれは。
どうでもいいが、このニュース、
今日の京都新聞サイトのアクセスランキング、第一位。

ひとりでうろつく京都

夏越祓の茅の輪くぐりまくりの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


夏越祓の茅の輪くぐりまくりの記事、アップしました。

夏越祓の茅の輪をまたくぐりまくりました。もちろん、ひとりで。

暑い中、茅の輪を求めてウロウロと街中を歩き回った記録です。
「どの神社に茅の輪があるか」 ではなく 「どの神社に茅の輪がないか」 という点で、
役に立つかも知れません。いや、そんなことは、ないかも知れません。
意外な水無月情報も、あるといえば、あります。

ひとりでうろつく京都

吉田光邦 『京都往来』

Posted by 独虚坊 慥調


ブックオフくずは店にて、
吉田光邦『京都往来』を105円で保護。
吉田光邦は、科学史家。京大人文科学研究所の人。故人。


内容は、タイトルのまんまというか。
こんなんとか。


こんなんとか。


こんなんとか。

ひとりでうろつく京都

映画村、水芸に走る

Posted by 独虚坊 慥調


映画村、水芸に走るんだって。

太秦映画村クールに変身 水が飛ぶ時代劇ショーなど企画 - 京都新聞

プールに生息していた、あのゴジラによく似た怪獣も、頑張るんでしょうか。
写真は、2011年のナイター営業の際のん。現場で見た以上に、怖過ぎる。

『映画村ひえひえ王国』オフィシャルサイト

ひとりでうろつく京都

佐々木剛三 『清凉寺』

Posted by 独虚坊 慥調


五条のブックオフにて、
佐々木剛三 『清凉寺』を、105円で保護。


版元は、中央公論美術出版。
中央公論の学術本を出してるところ。といって、この本は学術ものという感じではない。


仏の内臓、大開帳。
学術ものでなければなにかというと、寺とかで売ってそうな感じ。


ベタに由緒やらが書いてあるという。


載ってる地図に、新丸太町通が見当たらなかった。
もちろん、JR太秦駅なんかも、ないぞ。

ひとりでうろつく京都

JR奈良線、複線化延長

Posted by 独虚坊 慥調


JR奈良線、複線化延長するって。

複線化延長で合意 JR奈良線、府と沿線市町など - 京都新聞

京阪宇治線がワンマン化される一方、元気ね、JR。
写真は、あがた祭深夜のJR宇治駅前。

ひとりでうろつく京都

そういえば京阪宇治線、開通100周年

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば京阪宇治線、開通100周年。

観光から生活へ歴史刻む 京阪宇治線、開業100年 - 京都新聞

明日明後日と、記念イベントをするそうな。
写真は、宇治駅名物、今頃のシーズンに大量発生する虫の電撃殺傷機。

ひとりでうろつく京都

暑い、暑い、暑い、暑い、暑い。

Posted by 独虚坊 慥調


暑い、暑い、暑い、暑い、暑い。

熱気はや真夏 京都府内で初の猛暑日 - 京都新聞

マジで暑い。暑い以外のことが思いつかんくらい、暑い。
写真は、いつか行った藤森神社の、干からびた紫陽花。

ひとりでうろつく京都

京都料理芽生会編 『京料理便利百科』

Posted by 独虚坊 慥調


ブックオフ樟葉店にて、
京都料理芽生会編 『京料理便利百科』 を、200円で保護。
京都料理芽生会とは、京料理の若旦那の集まり。この本は、昭和62年刊。


内容は、タイトルのまんま。
こんな感じで、季節や月ごとの料理の写真が並んだり。


料理の手順が書いてあったり。
鱧、また料理したろかな。でも、部屋中に猛烈に匂いが籠もるからな。

ひとりでうろつく京都

川床の記事、またアップしました。

Posted by 独虚坊 慥調


川床の記事、またアップしました。

割烹露瑚で、昼床を楽しんできました。もちろん、ひとりで。

5月末、昼床ラス日に訪れた、川床です。週2で、川床。
やはり9月になるまで参考になりませんが、興味がわけば、是非。

ひとりでうろつく京都

深草のゆるキャラ・吉兆くん、着ぐるみが出来たそうな

Posted by 独虚坊 慥調


深草のゆるキャラ・吉兆くん、着ぐるみが出来たそうな。

深草マスコット「吉兆くん」 着ぐるみ完成 - 京都新聞

イラストでは口を閉じてるが、気ぐるみはちょっと半開き気味。
私は気ぐるみの方がアホっぽくて、好きだ。
どうでもいいが、「ゆるキャラ」という言葉が最近、敬遠され始めたのを感じる。
彦根のゆるキャライベントも、名称変更したはずだ。
商標権絡み?それとも、昔から「ゆるい」と言われるのが気にいらなかったとか?

ひとりでうろつく京都

宇治線、ワンマン運転になってた

Posted by 独虚坊 慥調


そういえば、
昨日宇治へ行った際、宇治線、ワンマン運転になってた。
前からだろうか。ちょっと、インパクトあった。

ひとりでうろつく京都

宇治の大幣神事へ行きそびれた

Posted by 独虚坊 慥調


宇治の大幣神事へ行きそびれた。
10時から始まるのに、起きたら10時だった。
宇治に着いたら、当然ながら全てが終わってた。


直帰するのも何なので、しばしうろつく。
やたら混んでる道と、かんばやしでもらったアジビラ。


空いてるように見えて、
中は待ち客がいっぱいの、中村藤吉。


縣神社も、すっかり祭終了モード。


社務所の前では、馬が休んでた。


その近くで、何故か犬も休んでた。

ひとりでうろつく京都

Japaaanに、記事を寄稿

Posted by 独虚坊 慥調


JapaaanなるWEBマガジンに、
ちょこちょこ記事を寄稿させてもらってます。
今日アップされたのは、こんなん。

時に斬新、時に無謀。ロック黎明期の「和」導入音源まとめ テイスト篇

私の力ではさほど実のあるもんは書けませんが、
運営会社は「和」絡みでいろいろ面白いことやってるとこなので、
是非遊びに行ってみて下さい。

ひとりでうろつく京都

ひとり川床の記事、アップしました。

Posted by 独虚坊 慥調


ひとり川床の記事、アップしました。

京料理あと村で昼床を楽しんできました。もちろん、ひとりで。

5月の昼床終了間際に、飛び込みで飛び込んでます。
今アップしても、まともに参考になるのは9月以降ですが、とりあえずご堪能あれ。

ひとりでうろつく京都

縣祭、入口だけ見てきた

Posted by 独虚坊 慥調


縣祭、宇治橋西詰の入口だけ見てきた。
去年の画像を貼ったとしても、多分区別がつかないくらい、いつも通りだった。

ひとりでうろつく京都

鴨川のヌートリア、結局捕獲するらしい

Posted by 独虚坊 慥調


鴨川のヌートリア、結局捕獲するらしい。

鴨川のヌートリア 京都市が捕獲へ - 京都新聞

生態系保全のためやって。
巨大河川の合流地で育った私から見ると、
鴨川なんか人工河川の典型にしか見えんのだけど。
でも、まあ、ヌートリアだらけになっても、それはそれで困るわな。

ひとりでうろつく京都

三幸旅館、閉まったのか?

Posted by 独虚坊 慥調


三幸旅館、閉まったのか?
京都駅至近の安宿でもトップクラスの渋さを誇ってたこの旅館、
今日、久しぶりに前を通ると、表の看板がなくなってた。


かつては、一泊2500円の字が入ってた値段表。
予約不能、当日飛び込みでないと泊まれないという異常なシステムで、
何度かネタで泊まろうとしては、断られた。
逃げ切られた感じだろうか。

ひとりでうろつく京都

信長茶寮

Posted by 独虚坊 慥調


信長茶寮、今日がオープンだった。
いわゆる「本能寺の変」で焼け落ちた元本能寺跡で、
「信長と酒を酌み交わす」という、物凄いコンセプトの店。
行く機会は、果たしてできるんだろうか。
「新パワースポット」とか行ってるが、マジで信長の霊が活性化して、
別の意味でマジのパワースポット化しないことを祈る。
写真は、数日前の新聞に出てた広告。

ひとりでうろつく京都

縣 (あがた) 祭りの記事、アップしました

Posted by 独虚坊 慥調


縣 (あがた) 祭りの記事、アップしました。

縣神社の縣祭りへ行って来ました。もちろん、ひとりで。

「暗闇の奇祭」や「くらやみ祭り」 の名で、
いろんな意味で全国的に知られる宇治・縣神社の縣祭り。
昔の妖しい奇祭ではなくなりましたが、「神」をめぐる対立やら分裂やらで、
別のところで奇祭化が進んでる感もする祭りです。

ひとりでうろつく京都