私はいったい何をしているのだろう

『ひとりでうろつく京都』 管理人・独虚坊の、生存報告とメインサイト更新情報

夜の小野駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京都市営地下鉄東西線・小野駅です。
石田に続く、平凡駅名特集の第二弾でもあります。
といっても、こっちは小野は小野でも、
小野小町とか親鸞の生まれの地とかの小野なので、
全然平凡ではないとも言えるんですが。
さて平凡駅名特集、次はやはり東野なのでしょうか。
それとも、滋賀県へ入って大谷だったりするのでしょうか。
今後に、こう御期待(狂)。

ひとりでうろつく京都

夜の石田駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京都市営地下鉄東西線・石田駅です。
恐らく、京都で最も平凡な駅名ではないでしょうか。
「椥辻」や「御陵」といったそれなりに難読な駅や、
「醍醐」という優雅極まる駅もあったりする、東西線。
そんな中で、石田。何とも、妙味であります。
あと、開業したのは21世紀以降と最近なのに、
ホームに昭和な煤けた感じがあるのも、何か、謎。

ひとりでうろつく京都

夜の京都駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜はJR在来線+新幹線+近鉄の京都駅です。
といっても、駅の東側にある陸橋から見てるだけですけど。
真っ暗で何も見えない、京都駅。京都タワーだけが光ってます。
が、風に吹かれながら見るこの風景、私は好きです。

ひとりでうろつく京都

夜の六地蔵駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京阪・六地蔵駅です。
元々は、この京阪駅しか駅がなかった、六地蔵。
しかし近年、JR駅と地下鉄駅が出来て、開発も進んでます。
で、この3つの駅の連絡が、死ぬほど悪いという。
特に京阪は、雨の日とか、濡れずに移動が出来ません。
どうにかならんのか、という話であります。

ひとりでうろつく京都

夜の中書島駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は、京阪電車・中書島駅です。
宇治へ向かう支線・宇治線が分岐する駅であり、
かつては市電・伏見線の終点でもあった駅であります。
とんでもなくホームがカーブしてるのが、特徴。
開通当時には想像がつかないくらいに乗客が増え、
連結数が増えまくった為に生じたカーブなんでしょうか。
同じようにホームのカーブがエグい八幡市駅、
ホームが伸ばせず特急が止まれない東福寺&伏見桃山と同様、
ある意味で京阪の京阪感が溢れる駅であります。

ひとりでうろつく京都

夜のびわ湖浜大津駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京阪・びわ湖浜大津駅です。
遂に京都を飛び出し、滋賀県へ来てしまいました。
元々は初代・国鉄大津駅という歴史を持つ浜大津駅、
今年3月からはこんな名前になってます。
どうでもいいことですが、この駅から京都行きに乗ると、
路面→山岳→地下と、めまぐるしく沿線の変化が楽しめ、
おまけにシートが一人用なので、いい感じなんですよね。
私はたまに、用もなく乗ったりしてます。

ひとりでうろつく京都

夜の十条駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は近鉄電車・十条駅です。
この駅は、かの任天堂・本社開発棟の最寄駅。
世界にその名を轟かせている「nintendo」の文字が、
ディープサウスの闇夜の中で光っております。

ひとりでうろつく京都

夜の淀駅

Posted by 独虚坊 慥調

>
夜の駅シリーズ、
二日続きの今夜は、京阪電車・淀駅です。
といっても、何かしょっちゅう出してますけど、この駅。
そういえば、5月末にここでやる京都芸術花火
TVでCMもやってたのを見た気がします。
平日開催なので、無事に電車に乗れて、
そして通過できることを、祈るばかりです。

ひとりでうろつく京都

夜の七条駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京阪電車・七条駅です。
「ななじょうえき」ではない、七条駅でございます。
四条駅は「祇園四条」に、五条駅が「清水五条」になったのに、
何故か今なお苗字(?)がないままの七条駅でございます。
七条の前に何か付けるとしたら、何なんでしょうね。
「三十三間七条」とか。でも何か、凄くややこしいですね。
「女坂七条」が、いいかも知れません。

ひとりでうろつく京都

夜の墨染駅

Posted by 独虚坊 慥調


夜の駅シリーズ、
今夜は京阪電車・墨染駅です。
墨染桜で知られる墨染寺の最寄り駅、墨染。
しかし、「墨染」の読みはそれぞれで異なっており、
桜は訓読みの「すみぞめ」、寺は音読みの「ぼくせん」、
そして駅は混合型の「ぼくぞめ」となります。
もちろん、嘘です。写ってる駅名称にも書いてるし。
でも、寺が「ぼくせんじ」なのは、本当です。


その墨染寺へ墨染桜を観に寄ると、
夜の闇でほぼ墨のベタ塗り状態になってました。
昼間の染まり具合を観たい方は、うちの記事でもどうぞ。

墨染寺へ墨染桜を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

ひとりでうろつく京都